人生がつまらないと感じてる30代の楽しく生きる考え方

更新日:

人生つまらない、こんなはずじゃ…

子供の頃、学生の頃に思い描いてた大人の人生って、もっと楽しそうでしたよね?

毎日同じ職場に行って、同じ顔見て同じ仕事して、疲れて帰って飯食って寝るだけ。そんな一日が延々と続く人生って、冷静に考えると「人生がつまらない」と感じるのも無理はありません。

特に30代は仕事やプライベートでの責任・やることが増えて、自分の時間が減ってストレスが溜まってそんな風に考える人が増える年代です。

ただ、私もそうですが、日本に住んで働いている30代の多くが似たり寄ったりの生活してるはずです。

それでも「人生がつまらない」と考える30代とそう考えない30代がいます。

なぜなんでしょうね?

同じ人生送るなら、つまらないより楽しい方がいいに決まってます。百歩譲って楽しくなくてもいい、「つまらない人生だ」と思わずに生きられる考え方を紹介しています。

これを読むだけで何かが変わるかもしれません、少し時間を下さい。

人生がつまらないと感じている原因について

まず、人生がつまらないと30代が感じてしまう原因を見てみましょう。

「そうそうソレ!」と思う項目ばかりだと思います。

他でもない、これを書いている私もズバリ30代半ばの37歳の男だからよく分かります。

ひとつだけじゃなく、ここに挙げた原因の合わせ技で一本取られているかもしれません。まずは自分が「人生がつまらない」と考えてしまっている原因を把握しましょう。

人生がつまらない 30代の原因

人生つまらない

  1. 同じ毎日の繰り返し
  2. 将来・未来が見えない
  3. 仕事がおもしろくない
  4. 趣味がない、プライベートが楽しくない
  5. 友達・彼女(彼氏)がいない・うまくいってない
  6. 奥さん(旦那)やに不満がある
  7. 周りの人が輝いて見える
  8. コンプレックスがある
  9. 病気や体・心の具合が悪い

などなど挙げだしたらまだまだ書けますが、これくらいにしときます。

本当は手書きでノートに書き出すのが一番なんですが、こうやって文字にして書き出すと具体的に自分が何に不満を持っているのかがハッキリします。

頭の中を書き出す効果

アウトプット

頭の中で「感じてる」「考えてる」状態って、自分的にはハッキリしてるように感じますが、実はもやのように捉えどころがなくフワフワしています。

大きくなったり小さくなったり、知らんぷりしたり嘘ついたり、実に不確かな状態です。それを視覚化することが大切です。

漠然とした不安・不満・イライラが「人生つまらない」という思いを助長しています。

頭の中の考えを文字にして書き出すには、その問題を「直視して考えて再構築する」というサイクルが必要です。

これをすることで頭の中のモヤモヤした状態が少しずつ晴れる効果もあります。

まずは自分が人生つまらないと感じてる原因を探しましょう。

人生がつまらない 30代が楽しくなる方法

ここからは、人生がつまらないと感じてしまっている30代が楽しくなる方法を解説します。

自分が「人生がつまらない」と感じている原因を書き出して認識したわけですから、書き出した項目をひとつずつ消していけば、人生が楽しい方向へ振れるはずです。

ここで最初に分かってほしいのは、「そんなの無理だ」と最初からあきらめることをしないということです。

無理だと思って行動を起こさなかったり、行動を止めてしまうと人生は何も変わりません。「人生がつまらない」と思い続ける人生になってしまいます。

大事なのは行動です。

もし、ここまで読んでいるのに「人生がつまらない」と感じている原因を書き出していないという方は要注意です。これもひとつの行動ですから、まずはペンと紙を手に取って書き出してみましょう。

そこが楽しいと思える人生へのスタートです。

行動だけが人生を変えると知る

自分の人生を変えるのは、悩んでる頭じゃなくて「行動だけ」なんだと理解しましょう。

どんなに頭で考えて悩んでいても、指1本動かさなかったら、現実は何も変わりません。

「人生がつまらない」と考えているだけではその人生はなにひとつ変わらないわけです。

悩んだり考えることが無駄とは言ってません。

その結果を行動として現さない限り「現実は何も変わらない」という当たり前のことを認知することが大切です。

  • 「お金が欲しい」と思ったら仕事をする
  • 「美味しいものを食べたい」と思ったら美味い店へ行く
  • 「髪を切りたい」と思ったら美容院へ行く
  • 「旅行に行きたい」と思ったら旅行プランを計画する

↑これは当たり前のことですよね?それが「人生の悩み」や「男女関係」だと行動を起こさずに悩むだけで止まってしまう人が少なくありません。

これは、意外と知ってるようで知らないことで、悩んでる人に言うと怒らせてしまう事実でもあります。

「人生がつまらないと考える毎日が嫌だ」と思うなら、何か行動を始めないと毎日は変わりません。実際に何をすればいいのかは↓ここで紹介しています。

病気を治す・運動する

体の不調や病気がある人ははまずこれが最優先です。

病気や不調を自覚していたら、病院にかかって治すのが第一です。

肥満やメタボ、血液検査での異常があれば指導に従って運動や食生活を改善しましょう。

「そんなことで人生楽しくなるの?」と思うかもしれませんが、自己管理や生活習慣の乱れが気持ちに与える影響はとても大きいです。

タバコやお酒が増えて、どんどんお腹周りに脂肪がついてきて、少しの階段の上り下りで息が切れて心臓バクバク、、、。

こんな状態で健全なメンタルが維持できるわけがありません。

運動が気持ち・心にもたらす効果

運動は体だけでなく精神的にもとても良い効果があります。

ランニング イメージ

これは「運動好きな人の勘違い」とか「運動させるための誘い文句」じゃなく科学的にも照明されている効果で、運動することで交感神経が優位になったり、分泌される脳内物質で幸福感や達成感を感じられることが分かっています。

運動後に気分が変化するのは決して気のせいではなく、科学的に説明ができることなのです。運動すると交感神経が活性化され、心拍数が上昇し、興奮状態になります。この交感神経優位の時間が増えると意欲的になり、ポジティブな思考になるようです。出典:検証!運動には若返り効果がある?! : タニタ運営[からだカルテ]

運動が嫌い・苦手な人は「運動する」というだけで気持ちが重くなるでしょうが、そこを乗り越えて行動することが大切です。

運動は「考え方」「思考法」と違って、「やるんだ!」と決めて行動するだけなので非常にシンプルです。そして行動すれば、人間の体のシステムに従って神経や脳内物質の変化が現れます。

だから軽いジョギングでもウォーキングでも、少しの筋トレでもなんでもいいです、騙されたと思ってまずは始めて少し継続することが大切です。そして効果を感じましょう。

自己啓発本はほどほどに

人生つまらない

本屋に行くと、自己啓発本が山ほどあります。

「人生がつまらない」と感じてる人にとって魅力的なタイトルの自己啓発本がいっぱいです。

自己啓発本が「全く意味がない」とは言いません。でも「読むだけでは何も変わらない」のが自己啓発本です。読むのは自由ですが、ほどほどにしましょう。

コレだ!と思う1、2冊を読んでみて実践する方向に行動した方が良いです。沢山読んでインプットしているだけでは人生にアウトプットされません。

次の項にも繋がる話ですが、自己啓発本を読むことが目的ではなく、読んだ内容を実践して行動することが目的です。読むことが目的になってはいけません。

自己啓発本
自己啓発本が嫌いな人の考え 自分の人生と読書での成功体験の罪

いつからでしょうね? 自己啓発本が 本屋で大きい顔しだしたのって? 本屋は売れるから目立つところに 並べてるんでしょうが、 入れ替わり立ち替わり、 どんどん新しいのが出て買っては読み、 買っては読みし ...

続きを見る

新しい事を始めてみる

何でもいいです、本当に何でもいいんです。新しい事を始めてみましょう。

今の「人生がつまらない」と感じている状況は生活習慣がマンネリ化して、気持ちや感情の抑揚が少ない状態になっていて、しかも低い方で停滞しているのが現状です。

それを打破するには、新しい事を始めて気持ち・感情を刺激するのが近道です。

ジョギング・ウォーキングや水泳・自転車で身体を動かすのも良いし、ディアゴスティーニとかアシェットの週刊●●を買ってみたり定期購入するのもおすすめです。

私はアシェットの戦艦大和ダイキャストモデルがとても気になってます。ディアゴスティーニだと週刊 ロビ2ですね。

アシェット・コレクションズ・ジャパンEショップ
全シリーズ一覧 | DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

意外と色んなジャンルがあるので、ピンとくるものがひとつくらいあるんじゃないかと思います。

昔楽しかったことを再開してみる

昔楽しかったこと・好きだったことを
再開するのもおすすめです。

・野球・サッカーなど頑張ってた部活
・映画ばっかり観に行ってた
・好きなアーティストのライブが楽しみだった
・新刊の小説・エッセイを読み漁ってた
・FMラジオを聴くのが好きだった
・ギターを極めようと思ってやってた

など、他にも色々あると思います。

昔ハマってた事を掘り返してみると
意外と今でも趣味として続けられる
こともあります。

忙しいとかライフスタイルの変化で
いつの間にか忘れてた楽しかった記憶を
呼び戻すのは、新しい趣味を見つけるより近道です。

自分の価値観で生きる

これが一番重要かもしれません。

自分の価値観を第一にして生きることです。
人の価値観に左右されるのは不幸なことです。

誰しも一人で生きているわけじゃ
ありませんから、周りにどう見られているかが
大なり小なり気になるのは当然です。

でも、その評価に自分を
委ねてしまうのはいけません。

「他人にどう思われても自分は自分」
思えると、他人と比較することがなくなります。

自分が自分の好きなことをして、
その結果に責任を持つのも自分。
成果を認めて評価するのも自分。

これが一番楽です。

他人の価値観で生きてしまうと、
ついつい背伸びしてしまうし、
羨ましいとか悔しいとか、
マイナスの思考に傾きがちです。

自分の価値観を大切にすれば、
自分の好きなことを始められます。
周りの目なんて本当にどうだっていいんです。

それに、意外と誰も自分のことなんて
目に留めていませんから、安心してください。

まとめ

30代は「人生がつまらない」と感じやすい
年頃だと思います。

ただ、この先男性だと厄年が控えてるし、
40代・50代・60代と世代を重ねる度に
どんどん自殺する人が増えているのが現状です。

30代で「人生がつまらない」と悩んでいても
きっとこの先には、もっといろんなストレスが
降りかかってくるんだと思います。

私も現役の30代ですから、40代以上の
気持ちはサッパリわかりません。

30代の悩みは30代のうちに解決しておきましょう。
「人生がつまらない」と思って生きるよりも、

「人生おもしろい」とまで思わなくても、
「つまらなくはない」と思えるようになれば勝ちですよ。

-人生
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.