脇腹の脂肪の落とし方【男性編】落ちない理由と筋トレの効果も

更新日:

脇腹の脂肪を落とすのはすごく難しいですよね。

ダイエットや筋トレを頑張っても最後まで残るのが脇腹の脂肪で、「落ちねーよ!」と悩んでる男性がとても多いです。

脇腹脂肪

男の場合、お腹の前面の脂肪は有酸素運動や腹筋運動を続けて、食生活に気を付けると脂肪が落ちるのを割とスグに実感できるんですが、脇腹の脂肪はいつまでも落ちません。

勝負に勝つ(=脇腹の脂肪を落とす)ためにはまず敵を知ることです!

というわけで、まず脇腹の脂肪の特性を知りましょう。ポイントを押さえれば努力次第で脇腹の脂肪を落とすことができます!



スポンサーリンク


脇腹の脂肪ってどんなもの?

脇腹・横腹のプニュっとつかめる脂肪は皮下脂肪です。

脂肪には皮下脂肪の他に内臓脂肪があって、「一度ついてしまうと落ちにくい」のが皮下脂肪で、「付きやすいけど落ちるのも早い」のが内臓脂肪です。

脇腹脂肪

↑この写真のお腹は、内側にたっぷり内臓脂肪が付いた上に、皮下脂肪もガッツリ付いてしまっている状態で、「THE 肥満」というお腹ですね。

実はこんなお腹になるのにも順序があって、内臓脂肪が先行して付いて、皮下脂肪は徐々に蓄積されるように付いて、最終的にこんなお腹になったはずです。

では、続いて付いてしまった脂肪が落ちる順番を解説します。

脇腹の脂肪が落ちない理由

実は脂肪は落ちるのにも順番があります。先に内臓脂肪が落ちて皮下脂肪はその後です。

食事制限や運動でダイエットを始めると、内臓脂肪は比較的簡単に落ちますが、皮下脂肪はいつまでも残ってしまいます。

この最後まで残る皮下脂肪が脇腹の脂肪で、内臓脂肪が多くて張りのあったお腹がしぼむと、余計に脇腹の贅肉が目立ってしまいます。

一番落としたい脂肪が一番落としにくいというのは皮肉な話ですが、それが現実なんです。

脇腹の脂肪の落とし方

まず耳の痛い話ですが「ダイエットに部分痩せはあり得ない」という基本を理解しましょう。

好き好んで太る人はいませんが、「●●なら太ってもいい」と考えたところで、自分のイメージした場所だけに脂肪が付くことなんてあり得ませんよね?

ダイエットも同じで部分痩せというのはあり得ません。

全身の脂肪が徐々に落ちていきます。

細かく言えば、お腹周りの皮下脂肪は「内臓を守るため」「体温を維持するため」という目的があるので、落ちるのは最後と言われています。

というわけで、残念ながら「脇腹の脂肪だけピンポイントに落とそう」とは考えるのは無駄です。

極端な話ですが、ピンポイントに脇腹の脂肪だけ取りたかったら脂肪吸引以外ありません。

脂肪吸引はさすがに現実的じゃないので、脇腹の脂肪を意識するメニュー+全身のダイエットを実践しましょう。参考にしてください。

有酸素運動より筋トレがおすすめ

有酸素運動 筋トレ どっち?

ダイエットとというとウォーキング・ジョギング・水泳・エアロバイクなどの有酸素運動をイメージする人が多いです。

もちろん有酸素運動は脂肪を燃焼するという意味で有効だしとても大切です。

ただ最近は、筋トレで筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが重視されています。

筋トレ自体は無酸素運動なので脂肪は燃焼されませんが、筋肉が増えると基礎代謝が増えて「運動していない時に消費されるエネルギー」が大きくなります。

一方で有酸素運動は、筋肉に与える負荷が弱いので筋肉量は増えません。有酸素運動をしている間はエネルギーを消費しますが、基礎代謝が増えることはありません。

有酸素運動は時給制のアルバイトで、筋トレは積み立て投資するようなイメージです。両方するのがベストですが「筋トレも大事だ」ということも分かって下さい。

筋トレをすると脂肪が燃えやすくなる

筋トレをすると筋肉量が増えて基礎代謝が増えるという長期的なメリットの他に、筋トレ直後から脂肪が燃焼されやすくなるという短期的なメリットもあります。

それは筋トレによって分泌が促される成長ホルモンアドレナリンの効果です。

このうち成長ホルモンの脂肪分解作用は筋トレ後6時間続くと言われています。

 


スポンサーリンク


 

成長ホルモンが脂肪を分解するという作用は、成長ホルモンの分泌そのものが終わったあとも続きます。最低六時間は続きます。先ほど筋肉運動後に六時間は代謝の高い状態が続く、といった理由はここにもあります。
出典:一生太らない体のつくり方 東京大学教授 理学博士 石井直方

有酸素運動をするなら筋トレの後が良いし、筋トレを1日の早いうちにやっておけば、その後6時間は日常生活の中でも脂肪が燃えやすくなるというわけです。

というわけで、脇腹の脂肪を落とすためには筋トレもやるようにしましょう。

脇腹の脂肪に効く筋トレ

脇腹の脂肪にアプローチする筋トレを2つ紹介します。

ダイエット・筋トレに慣れない人でも始めやすいメニューなので、是非実践してください。

肘をついて横向きに寝てもう片方の手を腰に当てる。腰に当てた方に息を吐きながら曲げるのを10回

脚を伸ばして横向きに寝て肘を伸ばして横腹を伸ばす(10秒)腰・お尻を持ち上げて10秒キープ

筋トレの脇腹の脂肪への効果

上で紹介した筋トレは、普段意識して使う機会のない脇腹の筋肉をピンポイントに使うのが目的です。

筋トレ自体に、脇腹の脂肪を燃焼する効果は期待できません。

でも筋トレすることで筋肉量が増えて基礎代謝が上がりますし、脂肪が分解されて燃焼されやすくなります。

直接的に脂肪を燃焼させるのは有酸素運動ですが、筋トレは有酸素運動の効果を脇腹に導くための有効なトレーニングです。

ダイエットの基本プラン

脇腹脂肪

ダイエットの基本は「筋トレ+有酸素運動+食事制限(カロリーコントロール)」です。

有酸素運動とは、

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 踏み台昇降
  • 水泳
  • 自転車

これらが王道です。

食事制限は、

  • 間食を控える
  • 脂っこい食べ物を控える
  • 腹八分目(満腹にしない)
  • 寝る前2時間は食べない

この4点が基本です。全部守れればそれだけでかなり摂取カロリーが減らせられます。

この「有酸素運動と食事制限」で、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば、少しずつ脂肪が減っていきます。

お腹の脂肪を減らすサプリメント

サプリメントはあくまでも上記の基本プラスαのものですが、より早く効果を実感したい方にはおすすめです。

シボヘール

↑このシボヘールというサプリは、機能性表示食品(消費者庁届出番号B56)で葛の花由来イソフラボンという成分に「お腹の脂肪を減らす」効果が報告されています。

初回980円で継続義務はありませんので始めやすいです。

公式ページには試験結果なども詳しく掲載されているので、気になる方はチェックしてください。>>>シボヘールの公式ページで効果を詳しく見るはこちら

ダイエットの注意点

ダイエットは「継続する」ことが何よりも大切です。

脇腹脂肪

だから無理し過ぎないことが大切です。食事制限に関しても、極端な「●●のみ」というダイエットは避けましょう。

絶対に続きませんし、食事を普通に戻した時にリバウンドするのは確実です。

ポイントは、「たんぱく質・カルシウム・食物繊維はしっかり摂る」ことです。食事制限で減らすのは「脂肪・糖質・炭水化物」です。

これを間違ってしまうと、筋肉が増えず代謝が上がらないので痩せにくいですし、栄養不足だと筋肉が増えないばかりか減ってしまうこともあります。

長年の生活習慣で付いてしまった脇腹の脂肪ですから、落とすのも長いダイエットの実践が不可欠です。

脇腹の脂肪【まとめ】

ここまで読んで、「脇腹の脂肪は難敵だ」ということが分かってもらえましたか?

要点をまとめると、

  • 内臓脂肪より皮下脂肪は落ちにくい
  • 内臓脂肪が先に落ちるから脇腹の脂肪が目立つ
  • お腹周りの皮下脂肪が落ちるのは最後
  • 脇腹をピンポイントに筋トレしても部分痩せはできない

というのが脇腹の脂肪の特徴で、だから多くの男性が「脇腹の脂肪が落ちない」と悩んでいるわけです。

そして、多くの人が「脇腹の脂肪が落ちるまで頑張りきれない」んです。それくらい、脇腹の脂肪を落とすのは難しいんです。

でも落ちないわけじゃないので、途中で諦めず【脇腹の筋トレ+有酸素運動+食事制限】を継続してください。脇腹の脂肪が落ちるまで一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク

-ダイエット
-,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.