将来が不安しかない お金と仕事が悩みの原因

更新日:

将来が不安だ・・・。

これって誰もが持っている悩みですよね。

私も同じように将来はとても不安で
急に不安に襲われて眠れない時もあります。

将来不安

将来の不安の原因を書き出すと
きりがないのですが、

お金、健康、仕事、家族などは
誰にでもある悩みですし、

世の中のほとんど人は
すべてのことに不安をもって生きていますね。

今からこの先何があるかはわかりませんし、
明日自分は事故にあって死ぬかもしれない。

突然の病気で倒れるかもしれない。

そんな風に未来は誰にもわからないからこそ
不安になるのだと思います。

そこで将来が不安になる理由と
解消をする方法について書いていきますので、
将来が不安な方はぜひ参考にしてください。



スポンサーリンク


将来が不安しかない

将来不安

これは自分だけの悩みなのかもしれないと、
そんな風に私も思っていたのですが、

実は世の中の多くの人は
「将来に不安を持っている」
ということがわかりました。

若い世代は特に不安に思っていることが多く、
税金はどんどん上がっていくけれども、
年金なんてもらえない。

そのため老後にお金を貯めたいけれども毎月のお給料が
上がらないので貯めたくても貯められない。

こんな風に不安の悪循環の思考になる気持ちもよくわかります。

そこで将来が不安になる理由について
私なりにいろいろと調べてみると
4つの要素がでてきましたので書いていきます。

 

仕事

将来が不安になる1番の要因は仕事になります。

仕事は生きていくためのお金を手に入れるために
大人になると必ずしなければならないことです。

過去の日本は就職をした会社に
定年まで勤めあげる
終身雇用が当たり前の世の中で、

サラリーマンとして
汗水を垂らして一生懸命支払った税金が
年金をしてもらえる。

そんな風な人生を
今の60代や70代の人たちは歩んでいますが

終身雇用制度すでに崩壊をしています。

今では大手の上場企業でつぶれる時代で、
どんな会社へ就職をしても終身雇用をしてもらえる可能性は
限りなく低くなっています。

しかし、転職をしても結局同じなので
将来に対して不安に思うことが多いです。

「この会社でいつまで働けるだろうか」
「会社が倒産しないだろうか」
「お給料は安定をしてもらえるのか?」

こんな風に考えても答えがでてこないことなのですが、
考えるとどんどん不安になってしまいます。

もちろんAIも今後は普及をしてくるため
仕事もどんどん減っていくため、
必然的に人間の出来る仕事が減ることとなります。

そんな風に雇用やそのまま仕事をしていけるのか
という不安を持っている方が多いようです。

また、自分にあう仕事がみつからないと悩む方もいます。
天職とはいかなくても、
自分がしたい仕事につけている人はほんの一握りです。

起業家でも最初は志をもって会社と立ち上げ、
やりたいことを仕事にするためにがんばった。

しかし、お金にならないため
他の仕事をすることになったと
いう例もたくさんあります。

自分にあった仕事がないと不安になって悩んでしまい、
最終的うつ病になった人もいるほどです。

そこで、安心をしてほしいことはそんな仕事に対する悩みは
あなただけではないということです。

多くの人がやりたい仕事につけているわけではなく、

生活のため
家族のため

そんな風に仕事をしていますので「自分だけ」と
あまり考えすぎないでください。

 

お金

将来不安

今は問題なく生活をしていくことは
できているから良いけれども、

貯金がないため定年後の生活や家族の介護、
子供の養育費などお金に関する悩みは尽きません。

先ほどの仕事と一緒で
将来必ず安定をしてくるような仕組みはありませんし、

世の中は相変わらずの不景気なので
大きな昇給やボーナスも見込めないです。

若い世代になると、
年金をもらえる保証のないですし

年金の受給年齢も
70歳とかになっている可能性もあることから
将来不安になる方も多いようですね。

お金は一生ついてくる悩みですが、
これも先ほどの仕事と同じ悩みで
あなただけではないです。

 

結婚

結婚をしている方は

今の生活を維持していくことができるのか?
奥さんや子供を将来にわたって養っていけるのか?

そんな不安が多くでてきます。

最近はそんな責任をもてないことから
「結婚はしたくない」
「結婚は考えていない」

という考えを持っている方も多いですね。

しかし、結婚をしていないと

将来もずっと1人で
生きていかなければならない不安もあります。

特に結婚ができていない30代から上の女性が
将来に関してすごく不安に思うことも多いみたいです。

将来のためにもパートナーは見つけておきたいですね。

 

健康

将来不安

人間はいつ事故や事件に
巻き込まれるかわかりませんし、

いつ大きな病気になるかわかりません。

そんな先が見えない病気などのことを考えると
将来が不安になる方も多いです。

この4つは多くの人が将来にもつ不安となっていますが
安心をしてほしいことは

「あなただけではない」ということです。

世の中のほとんどの人が持っている将来の不安なので
そこは安心をしてくださいね。

 

将来が不安 年代別の悩みを紹介

将来不安

 


スポンサーリンク


 

将来への不安は大人だけでなく
高校生は大学生など若い世代ももっています。

そこで、年代別に持っている
将来の不安について書いていきます。

高校生

高校生で多い将来の悩みは
「将来何をやりたいのかわからない」
というものです。

同級生の中には将来を見据えて
専門学校や大学の
希望学科へ進むしっかりものもいます。

将来の希望を持っている、
やりたいことがある友人や同級生を見て
焦ってしまうようですが、

友人は友人。
あなたはあなたです。

高校生で将来を決める必要もないですし
大学に進学をしてから
やりたいことが見つかる可能性もありますので

そこまで深く考えなくてもよいのでは?
と思いますね。

 

大学生

大学生は高校生と違って、
就職という大きな壁が待っています。

つまり、高校生のように将来への希望や
やりたいことをみつけることも終わり、

就職活動をして
社会人としてデビューをすることになります。

社会へ出て

「自分は仕事ができるのか?」
「やりたい仕事が本当にできるのか?」

そんな風な今までのような学生という環境から
仕事、ビジネスという環境に身を置くことになる
不安が多くのしかかります。

もちろん就職をして社会人になっても
成功をするという保証はないですし、

就職をした会社に一生勤め上げられるのか?
会社は倒産しないか?

などいろいろな不安を持つ気持ちはわかります。

社会人になるということは
大学生の時と違って責任も増えますし
ギャップも大きいので不安になります。

筆者の私も正直同じような不安をもっていました。

今後の将来に関してもなんの保証もないので
不安に思うこともありますが、

大学生を卒業して社会人になっても
将来の不安はずっとあります。

結局いくつになっても将来の不安は消えないですよね。

それならば社会人になってある程度の期限をきめて
がむしゃらに頑張ってみてはいかがでしょうか?

将来の不安ももちろんありますが、
社会人になった時に何を頑張れるかが大事だと思います。

 

20代

将来不安

20代になり大学生を卒業して社会人になると、
また違う将来への不安を感じるようになります。

「今の仕事をつづけていけるだろうか?」
「お金がないため将来への貯蓄もできない」
「会社がつぶれたらどうしよう」
「結婚できるかな?」

こんな風に社会人になり仕事をしてきたことで、
自分の将来への不安が具体的になってきます。

また、20代の半ばから後半になると
同期の中からは転職をしたり、
起業したりといろいろな変化も訪れます。

そんな風に先を見据えて動く同期や友人をみて
「自分はこのままでよいのだろうか?」
と不安に思うことも多いようですね。

隣の芝生は青く見えるという言葉がありますが
あなたはあなたらしく生きていけばよいと思います、

将来の不安は誰もが持ちながらいきていきますので
あまり考えすぎず目の前の仕事を頑張りましょう。

 

40代

40代にもなると、
自分というものもわかりますし
社会人としても成熟してきます。

しかし、大学生や20代のころのような
「将来の自分探し」のような不安ではなく
現実的な不安に襲われます。

「今の仕事を定年まで続けていけるのか?」
「このまま健康に生きていけるのか?」
「親の介護問題」

40代になると高校生から20代のような
自分探しや漠然とした不安から
より現実的な不安になってきます。

特に健康面で不安を感じる方も多く、
妻子持ちやマイホームと持っていると、

将来このまま責任をもって仕事をしていけるのか?
と不安に襲われるようです。

 

将来の不安を解消する方法

将来不安

ここまで将来の不安について
書いてきましたので、

最後に将来の不安を
解消するための方法について
書いていきます。

もちろんすべてができたとしても
完璧に将来の不安が消えるものではありませんが、

将来への不安と減らすという意味では役立てると
思いますので参考にしてください。

 

長期の目線を手に入れる

将来に不安を持つ場合に見ている
将来は短期になりがちです。

そのためもっと先を見据えて
楽しいことや成功をしている自分を
イメージしましょう。

収入源を複数持つ

お金に関する将来の不安は消えることはありません。

しかし、サラリーマンとしていると
会社の倒産や経営状況によって
大きく左右をされることとなります。

例えば、明日会社が倒産をしたら
収入がゼロになってしまいますよね。

それはリスクも高いので
サラリーマン以外に収入を確保しておきましょう。

例えば今20万円のお給料をもらって
生活をしている場合に会社がなくなったり、
クビになると収入もゼロになりますし

次の就職では
20万円以上の仕事につかなければならないため
ハードルもあがります。

しかし、もし副収入が5万円あれば
月収15万円の仕事を見つければ良くなりますので
気持ちに余裕も生まれます。

副収入をもう1つ持っていれば
アルバイトでも十分食べていけるだけの
お金を手に入れられますので

本業以外の収入を
たった1万円でも良いので確保しましょう。

 

スキルを身に着ける

将来何が起こるかわかりませんので、
現状から脱することができる
資格やスキルを身に付けましょう。

例えばお金に不安があるなら
高収入を得られる資格(弁護士、行政書士など)を
取得すれば年収のアップも見込めますので
将来の不安も抑えることができます。

 

保険に入る

保険はなにかがあった時にために入っておきましょう。

特に生命保険や医療保険に入っておけば
いざというときに保証をしてくれますので
不安な気持ちもラクになるでしょう。

 

将来の不安のまとめ

将来の不安についていろいろと書いてきましたが、
実は世の中の多くの人が将来に不安を抱えながら
生きているということがお分かりいただけたかと思います。

将来の不安を払拭することはできませんが
少しでも気持ちを落ち着けられるように
対処の方法を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

-人生
-,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.