誠実な人を見極めるために知っておきたい10この特徴

投稿日:

誠実な人って魅力的ですよね。

誠実

自分も誠実でありたいと思うし、
誰だって付き合う異性や友達も、
誠実であってほしいと思います。

ただ、これまで数十年生きてきた中で
培われた性格や態度というのは
なかなか変えられるものではありません。

誠実な人と思われたい人も、
誠実な人を見極めたい人も、

誠実な人の特徴を知って、
自分の態度・言動を少しでも
改善
しましょう。

「類は友を呼ぶ」
という言葉があるように、

誠実な異性や友人と付き合うためには、
自分も誠実でないと釣り合いません。

簡単なようで実践するのは難しい
誠実な人の特徴を10個紹介します。



スポンサーリンク


誠実な人の特徴

「誠実」ってとても抽象的な言葉ですが、
この言葉にマイナスの印象を持つ人は
少ないはずです。

ここでは具体的にどういう行動が
人に誠実と思われるのかを紹介します。

1.真面目

誠実な人は基本的に真面目です。

なにごとも努力を怠らず、
全力で物事に向かい
最後までやり切る人です。

例えば、一緒に仕事をしたり、プライベートで
時間を共有する上で、計画や準備を
することは物事を円滑に進める上で
とても大切なことですよね。

面倒だけど誰かがやらなきゃいけない事です。

その面倒な事を率先して出来る人
やはり真面目で誠実な印象を持たれます。

会社でも学校でも、始業時間ギリギリに
滑りこむ人、時々遅刻する人、常習的に
遅刻する人と、10分、15分前に着いてる人では
印象が全然違います。

遅刻する人は論外ですが、ギリギリで
滑りこんでも、始業してすぐから
仕事・授業に100%で取り組めるのは
始業時間より前に着席している人です。

例に挙げた計画・準備・時間、
どれも直接的に成果には結び付きませんが、
長い目で見れば真面目な人・誠実な人と
そうでない人とでは大きな差が生れます。

2.人望がある

周りの人から信頼されていて
人望がある人
も誠実な印象を持たれます。

誰だって人間ですから好き嫌いがあるし、
相性が合う・合わないというのもあります。

嫌いな人・相性が合わない人を前にして
態度が急に変わる人って誠実だと感じますか?

感じませんよね?

誰にでも平等に接することが出来る人は、
「凄いな」「素晴らしいな」と思います。

目上の先輩・上司にはヘコヘコした態度で
後輩・部下には必要以上に厳しく、強い口調で
当たってしまったり、近しい人には優しくても、
見ず知らずの人には冷たかったりしていてはいけません。

自分への利害・損得を考えれば、
やむを得ないというか、それが正直な態度かも
しれませんが誠実という印象は受けません。

同性の友達が多い

人望があって誠実な人は同性の友達が
多いのも特徴です。こんな風に書くと、

「異性だって友達じゃないか!」
「なんで同性だけで計るんだ!」

と怒られそうですが、異性の友達関係には
色んな意見があるのも分かっています。

異性の友達関係が成立しないとも思っていません。

でも、異性の友達はこちら側が何も
思っていなくても、相手に恋愛感情や
下心があるケースも少なくないのです。

誠実さという意味では、同性の友達の
多さの方が指標
になると思います。

恋愛感情や男女関係の下心が
入り込む余地がありませんからね。

そういう中で、相談されることが多い人は
表裏がなく、人望のある人と判断できます。

3.人の悪口を言わない

人の悪口を言う人にどういう印象を持ちますか?

人が集まれば、そこにいない誰かの
悪口の話になるのはよくある事です。

誠実

人の悪口は盛り上がるし、自分や
同席してる人が対象じゃありませんから
気楽に話せる話題なのは間違いありません。

誰かが口火を切っているわけですが、
それに乗っかって面白おかしく
話していても、話し始めた人だけが
悪いわけではなくみんな同じです。

その場にいない人の悪口を言ってるという事は
自分がそこにいなかったら、自分がネタに
なっている可能性だってあります。

悪口はそんな負の連鎖しか生みません。

思い返してみてください、そういう場に居ても
決して悪口の話題に乗らない人っていませんか?

そういう人の悪口ってあまり聞きませんよね?
悪口を言わない人は、悪口を言われない人です。

非常に少ないですが、誠実な人の代表格です。

4.異性関係での誠実さ

彼氏・彼女や結婚した男女間での
誠実さ
はとても大切です。

浮気をする人は論外です。
男女問わず、浮気する人を
誠実と感じる人は皆無でしょう。

男でも女でも、性的な好奇心は
多かれ少なかれありますから、
周りにかっこいい人や好みの人が居れば
「いいな~」と思うのは仕方ありません。

誠実

ただ、パートナーがいる状態で
そこから一歩踏み出すかどうかが
誠実な人とそうでない人の違いです。

相手が一度でも浮気をすると、
どんなに反省して、許したとしても、
全く遺恨が無くなるというわけにはいきません。

結婚関係がある無しに関わらず、
浮気は絶対にいけません。

パートナーを信用する

パートナーを信用する姿勢も誠実さの
指標になります。

恋愛関係でのつながりは、
不安定だし、相手の言動に
不安を感じることも少なくないです。

そう感じるのはお互い様です。

それを前提として、相手を信用して
尊重しているかどうか
がポイントです。

自分が居ないところで
相手が何をしているか、
気になる人はとことん気になります。

LINEやメール・電話で執拗に
居場所や行動を確認されたり、
行動を制限したりと言うのは
相手を信用・尊重していない現れです。

これには、もしかすると過去の
恋愛事情がトラウマになっている
可能性もあります。

家族を大切にする

誠実な人は家族を大切にしています。

女性は家族の話をすることに抵抗が
ない人が多いですが、男性は進んで
家族の話をする人は少ないです。

家族の話を振ってみて、悪口や
●●が嫌いとか、鬱陶しいとか

そういう話しが多い人は、
家族を大切にしているとは言えませんし、
家族仲がいいとは思えません。

もし結婚して家族になった時、
自分も同じように大切にされず
外で悪口を言われる
可能性があります。

 


スポンサーリンク


 

家族関係というのは連鎖するものです。
誠実に愛情を持って育てられた人は
自分の家族にも同じように接するものです。

5.会話

誠実な態度というのは、
普段の行動からもよく分かります。

特に会話は重要です。

相手の目を見て話せる人と、
よそを見たり、視線がフラフラする人は
受ける印象が全然違いますよね?

最近はスマホをいじりながら話す人も多いです。

話してる方は、相手が自分の目を見ている方が
「自分の話を聞いてくれてるな」
と感じます。

また、人の話を最後まで聞かず、
すぐに自分の話ばかりする人も
誠実とは言えません。

話している方の気持ちになって
話を聞いていれば、話を遮って
自分の話をするようなことにはならないはずです。

また、会話の中で相手に否定されたり、
注意のようなニュアンスがある時に
不機嫌になったり怒るようではいけません。

素直に自分の非を認める人も誠実な人と言えます。

6.モラルを守っている

社会にはいろんなルールがあります。

もちろん法律で決まっていることもありますが、
生活する上のルールのほとんどは法律以外の
モラルに依っているところがほとんどです。

運転ひとつとっても、違反にならなければ
何をしてもいいわけではありません。

誠実

前の車が遅いからといって
車間距離を必要以上につめて煽ったり、

駐車場で無暗にスピードを
だしたり、空いていても白線関係なく
縦横無尽に走るのはいけません。

車線に入ろうと待ってる車があれば
タイミング次第で譲るのがマナーです。

どこを走っていても歩行者が優先だし、
水たまりがあればスピードを落としたり
避けて走るのがモラルです。

車の運転ひとつとっても、法律ではなく
モラルに依っている点
が非常に多いです。

自分もそのマナーやモラルによって
安全かつ円滑に生活できているというのに、
自分はそれを守らないという態度は誠実じゃありません。

物事に感謝できる

物事に感謝できるかどうかも大切です。

人間は1人だけで生きているわけではありません。

それは分かっていても、人や物に感謝する気持ち
はつい忘れてしまいがちです。

忘れていなくても、それを言葉や
態度で表現できる人は少ないです。

目上の人でも、そうでなくても、
感謝の気持ちを言葉で表せる人は
誠実な人と言えます。

7.お金に対して誠実

お金に対する態度も誠実さが現れます。

無駄遣いしないとか貯金してるとか
そういうことじゃなくて、
買った物を大事に長く使うとか、

必要でもないのに欲に負けて
どんどんモノを買う姿勢も
誠実という印象はうけません。

自分で買った物も、貰った物も
どちらも大切に長く使う人は、
物だけじゃなく人も大切にする人です。

また、必要以上にケチな人
誠実とは言えません。

例えば、仲間内で食事に行ったり
旅行に行く計画をしている時に、
その人以外の意見を押しのけて
安く済まそうとしたり、

割り勘の時にあわよくば
払わずに済ませようとする人もいます。

倹約・節約も度を越えてはいけません。

8.誠実な人の行動

誠実な人は行動を見ていれば分かります。

人はそれぞれこれまでの人生で
培ってきた考えや思いが行動に
現れています。

それについてあれこれ指摘されると、
図星であればあるほど反発してしまう
気持ちが強く現れます。

そこで反発し続けるか、反発せず素直に
改善できるかは、仕事でもプライベートでも
とても大事なことで、誠実という評価に
結び付きます。

また、誠実な人は口だけじゃなく
行動で示すことが出来る人
です。

発言だけは大きいのに、
行動が伴わない人は評価されません。

逆に大きな発言はしなくても
行動で示せる人は良い評価を受けるし
結果が伴います。

どんなことでも、現実を変えるのは
行動以外ありません。

いくら大きいことを考えていても、
発言しても行動が伴わないと現実は変わりません。

9.周りに悪い印象を持たれない

仕事でも私生活でも、誠実な人というのは
周りに悪い印象を持たれません

仕事で実績が上がっている時は、
気持ちが大きくなって態度に現れます。

自信を持って仕事をすることは大切ですが、
自惚れている態度は、周りを不快にさせます。

例えば

「なんでこんなこと出来ないの?」
「俺(私)だったらスグ出来るのに」

こんな発言は「仕事が出来る人」という
評価はあっても人間的に評価されません。

他にも、飲食店やコンビニ、どんなお店でも
店員に「お客様だぞ!」という横柄な態度
をとる人も誠実とは逆の評価を受けます。

相手が失敗して、迷惑を被ったとしても、
相手の人格を尊重した態度で接することが
大切です。

確かに今お金を払っているのは自分でも、
自分もどこかの誰かにお金を払って貰って
生活しているし、

自分にも未熟だった時はあったし、
失敗することもあったという想像力があれば、
そんな横柄な態度にはならないはずです。

10.嘘をつかない

嘘をつくという行為は、誠実とかけ離れた行為です。

どんなことであっても嘘はいけません。

子供の頃から、「嘘は泥棒のはじまり」
しつけられていますから、大人になって
あからさまに嘘をつく人は多くありません。

ただ、結果的に「嘘だったじゃないか」と
なってしまうことは少なくないです。

「俺が●●しとくから」と言っておきながら
●●をしなかったら、嘘をつくつもりがなくても
結果論として嘘になります。

そういう事が度々あれば、周りから
「あいつは口だけだ」「嘘ばっかり」という
評価になってしまうことは避けられません。

口だけのつもりも、嘘をつくつもりもなくてもです。

【まとめ】誠実な人を見極めるには

誠実な人を見分けるために
誠実な人の特徴を紹介しました。

ここに挙げた特徴は、自分も出来ていないと
ついスルーしてしまう特徴だったりします。

「人のふり見て我がふり直せ」じゃないですが、
誠実な人と付き合いたいのであれば、自分の
言動も見直さなきゃいけません。

10こ全てにおいて完璧な人になる事は
とても難しいですが、自分で気になる点を
ひとつでもふたつでも改善できれば、
誠実な人を見極められるようになります。

スポンサーリンク

-人間関係
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.