メルカリの手数料は高い?発送方法で送料を抑えよう

投稿日:

メルカリ

メルカリといえば誰もが知っているフリマアプリとなっていますね。

昔はヤフーオークションくらいしか転売をする方法はなかったのですが、メルカリの登場により最近は転売ビジネスとしても利用をしている人や自宅のいらないものを販売する初心者まで様々です。

そんなメルカリも仕組みについて知っていますか?

もちろん出品をするにもルールがありますし、手数料もかかります。

ここでは今人気のフリマアプリであるメルカリについていろいろと書いていきたい思います。



スポンサーリンク


メルカリとは?

メルカリ

知っている人が多いと思いますが、一応メルカリとは?というところから書いていきましょう。

メルカリの登場は2013年なのですが、最初は渡辺直美さんとブラザートムさん、そして千原せいじんさんやフットボールアワーの岩尾さんなど著名人が多くCM出演をした話題のアプリです。

日本でのダウンロード数は6000万件を超えていて、今では海外へも進出をしているフリマアプリで、全世界で1億ダウンロードを達成したとなっており、たったの4年半ほどでここまで伸びたのは異例のアプリです。

今ではサッカー選手のネイマールとグローバルアンバサダー契約をしていますね。

最近ではイギリスでもダウンロード数が増えておりGoogleが市場別の発表をしている「2017ベストアプリ」のイギリス版では最もダウンロードされたアプリの1つとして選ばれています。

メルカリの他にもフリル、ラクマなどいろいろなフリマアプリがあるのですが、メルカリが圧倒的な首位にたっています。

メルカリはほかにもご近所さんに直接会ってフリマの友達つくりができる「メルカリアッテ」というものも運営していますのでフリマ関係に関するアプリを運営している会社というイメージですね。

(メルカリアッテは2018年5月31日で終了)

メルカリの登録方法

メルカリを始めようと思っている方はメルカリに登録をするところからはじめていきましょう。

登録は簡単でメルカリの登録フォームに従って個人情報を入力していけば完了します。

便利な点はTwitterアカウント、フェイスブックアカウントを持っていれば会員登録をすることも可能となりますのでラクに登録できます。

メルカリの仕組みについて

メルカリ

メルカリの良いところは素人でも簡単に出品ができることと、交渉が可能ということです。

出品者も転売を基本としている「転売屋」もいれば、中には素人の人が相場も調べずに出品をしているケースもありますので中にはお宝を安く購入できることがあるというメリットもあります。

コンセプトとしては「誰もが売ったり、買ったり楽しめるアプリ」となっており、販売をされているものもファッション、雑貨、家電、本、漫画など多種多様となっていて中には店頭ではすでに販売をされていない掘り出しものが見つかることもあります。

自宅にあっても使えないものが他の人からみたら喉から手がでるほどほしい商品であったりする点がメルカリの魅力です。

メルカリへの出品方法

出品の方法はとても簡単です。

メルカリに登録後に売りたい商品を用意しましょう。

写真を用意する

メルカリにその商品のいろいろな角度から撮影をした写真を用意します。(掲載できる写真は4枚まで)

写真が用意できたら、掲載をしてその商品の商品名(40文字まで)と詳細情報を記載しましょう。

商品情報を記載する

商品情報はできるだけ細かく記載をすることがコツです。

こまかく書いていないと、購入希望者から質問攻めに合うことになりそこに無駄な労力を使うことになりますし購入者がなかなかつかない場合もあります。

そのような手間とリスクを避けるためにもできる限り商品の詳細情報について書いておき、傷や汚れなどがある場合もトラブルを避けるために事前に必ず記載をしておきましょう。

あとはカテゴリ、ブランド、商品の状態を指定して配送方法も決めておきましょう。

最後の販売価格を決めて商品の価格を決めます。

販売価格を決める

販売価格を決める際に「自分の感覚」で決めるのは危険です。

すごく高額で販売できるものと安く販売してしまったり、その逆に安くしか売れないものを高く販売してしまい全く買い手が付かないなんてこともあります。

そんな風なミスをしないようにヤフーオークションやAmazonなどで相場の価格を調べてから販売をするようにしましょう。

 


スポンサーリンク


 

また、出品をする際には桁をまちがえないようにしてください。

メルカリで多いのが出品をした際の価格表示です。

高くしている分には構わないですが、本来は30,000円で販売をしようと思っているものを3,000円で販売してしまったという事例もたくさんありますので出品をする際には最後にチェックをしてから「出品する」のボタンを押してください。

売れたらどうなる?

売れるとアプリもしくはメールにて連絡がきますので通知を確認することができます。

もし数日経過をしても売れない場合には価格の見直しや紹介文の見直しなどやってみるとすぐに売れることもあります。

売れるものだと出品をしてわずか数分で売れるなんてこともあるようですね。

売れた際には迅速に発送をしましょう。

購入方法

購入の方法は簡単で、自分のほしい商品を検索してみましょう。

あとは商品の情報や本当の自分のほしい商品で間違いないのかを確認してください。

その際に間違いがないようにしなければなりませんので些細なことでも出品者の質問をしたり、価格が高いと思う場合には「値下げ可能ですか?」などコメントと記載してみると相手も親切に対応をしてくれます。

購入をするボタンを押して購入手続きを進めていってくださいね。

手数料と配送料

メルカリ

メルカリはとにかく登録者も多いことから出品をしている人も多いのが魅力となります。

そのため、いろいろな商品は本当の豊富にありますし、限定商品などもたくさんありますね。

購入者にとっても、出品者にとってもメリットのあるものなのですが1つ気になることが出品者の手数料になります。

もちろんメルカリも無料でアプリを運営しているわけではないので、出品をして売れることによりメルカリに出品者は手数料を支払うことになりますので理解をしてつかいましょう。

メルカリの出品手数料は無料です。

そのためたくさん商品を出したとしても、そこには一切お金はかかっていないことになります。

しかし、そこから商品が購入されてお金が発生をしたタイミングで手数料がかかることになります。

手数料の種類は以下の4つです。

・支払い手数料
・販売手数料
・振込手数料
・送料

支払い手数料

これは購入者が購入をしてお金を支払う際にかかるお金となっていて、支払い方法によっては手数料100円がかかることになります。

手数料がかかる支払い方法はコンビニ、ATM、dケータイ払いプラス、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いになります。

しかし、手数料がかからない支払い方法もありクレジットカード、売上金、ポイントで購入をした際には手数料はかかりませんので普段はそちらから支払っておくほうが賢いでしょう。

販売手数料

これは出品者んいかかる費用となるのですがこれは抑えることができません。

出品をして売れた商品の価格の10%がかかることとなります。

例えば、10,000円の商品が売れた場合には1,000円をメルカリに支払うことになりますので、この手数料も視野にいれて出品価格を決めるようにしましょう。

振込手数料

メルカリで売れた場合にその都度あなたの銀行口座などへお金が入金をされるわけではなくメルカリに貯まっていく形となります。

その際に1万円未満の場合には210円の手数料もかかることとなりますが、1万円以上になると手数料は無料となりますので出品しているならば1万円になるまでは待つほうが賢いでしょう。

送料

配送料は「着払い(購入者負担)」と「送料込み(出品者負担)」の2種類を選ぶことが可能です。

売る側の出品者の立場としてはお金を少しでも払いたくないという気持ちがありますので最初は購入者負担に設定をしておきましょう。

しかし、あまりにも売れない商品や交渉の段階で送料に関して合意ができればそちらに合わせれば良いです。

ヤフオクの方が手数料は安い?

メルカリのライバルといえばヤフオクになると思いますが、ヤフオクの手数料はメルカリよりは安いといわれています。

ヤフオクで売れた場合には8%+税金という扱いになるためメルカリの10%と比較をすると安く見えるのですが、Yahoo!プレミアム会員となることが条件で月々410円の月会費がかかることとなります。

たくさんの商品を販売していこうと思っているならばヤフオクの方が良いですが、家の不要なものだけ売りたい、一時的に転売をしたいだけという方はメルカリで十分ですね。

スポンサーリンク

-レビュー
-, , ,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.