話術のテクニックを鍛える方法

投稿日:

話術が上手が人は魅力的で、
仕事ができたり安心感があったりと
良いことづくめです。

話術

話術を巧みに使うことができると
人生も大きく変わると思います。

話が苦手な方や下手な人のために
話術を鍛える方法や
上手に使うテクニックについて
紹介をしていきます。

話術とは?

話をする技術のことで、話が巧みな人という
意味でもとらえられますね。

話術が上手といえば芸能人です。

中でも芸人さんはとても話が上手で
ついつい聞いてしまいますし
ユーモアのある話もしていますので
笑ってしまうこともあります。

芸人さんのように流ちょうに話もできれば、
真剣に聞かせるような話をしてくれることも
ありますで身につけたい技術といえます。

芸人がなぜ話術が巧みなのかというと
日ごろから話をする機会が多いことがあります。

今はテレビで司会を務めているような芸人も
最初は地方の営業から始まっていて

「どうやったら人を笑わせられるか?」

ということに集中をしてきた結果
上手に話をする力が
身についてきたのだと思います。

話術が巧みな人ほど
自分というキャラクターを理解していて、

キャラクターを知ってもらって
話をするからこそ
話術も生きてくるのでしょうね。

面白い話術のテクニック

話術

私は話下手で普段から面白く
話をしているつもりなのですが

「何が言いたいの?」
「それで?」

と、話をしてもいまいち相手の気持ちを
つかむことができません。

しかし、職場には
普段から面白く話をして
みんなを引き付けている人もいます。

さりげない面白さや
話し方のコツなんかがあるのかなと
思っているのですが、

コツがわからないので
後で紹介をする話術を磨く方法を
ご覧下さい。

話術のテクニックがある人が
絶対にしないことがあります。

例えば、面白い話をするときに

「この前おもしろいことがあってさ」
「おもしろいこと知っている?」

など前もって面白い話をするというのは
しないということです。

「おもしろいはなしがあってさ」
という話しをするだけで

今から話をする内容のハードルが
上がってしまいすので
面白い話も面白い話にならないです。

そのため、面白い話があったとしても
ぐっとこらえて相手に悟られないように

最後に面白いことを話す
ということをすると面白い話になります。

また、オチの前に
自分で笑ってしまうのもダメですね。

先に笑ってしまうと話術どころではなくなりますし、
何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

さきほどの面白い話と一緒で最後まで
しっかりとしゃべるということを心がけてみましょう。
他にも話術が巧みな人はテクニックがあります。

旬な情報を知っている

例えば、最近話題になっている時事ネタや
旬の情報をたくさん知っているというのは
とても重要です。

沈黙の雰囲気になった場合でも
さらっと今話題になっている話をしたりすることで
沈黙にならずにその場の雰囲気を壊さないで済みます。

話術が巧みな人は、常日頃からニュースや
旬のトレンドを見逃さずにチェックをしていますので
とっさに話ができる引き出しが多いです。

雑学を知っている

話術

話が面白い人のテクニックとしては、
日ごろから旬の情報以外にも
アンテナを張っていますので持ってい
る情報量が違います。

いろいろなジャンルをしっていて、
知っている情報量も
桁違いとなっているため、

話の内容から知っている雑学を
さらっと披露することができます。

会話の流れや場の雰囲気を見ながら
雑学を織り交ぜて話したり、

時にはクイズ形式で相手に問題として
出してみたりと知識も豊富で
話し方のパターンも豊富なので

話の展開が幅広いという点は
話術が巧みな人のすごさです。

さりげなく相手に話を振る

話術が巧みな人は
話をしているとばかり思われがちですが
相手に話をふることもとてもうまいです。

正直、同じ人の話を聞き続けることは
飽きてしまいますししんどくなります。

しかし、自分が話をしながら
状況や場の雰囲気をみて相手にさりげなく
振っていくことで会話に抑揚を
つけられます。

話をあまりしてくれない相手には
話がしやすいようにクイズ形式にしたり
するなど配慮にも長けています。

相手に親近感を持たせるのがうまい

話術

話術が上手な人は話術だけでなく、
相手に親近感を持たせて話をするのが
とてもうまいです。

例えば、初対面の相手には自己紹介で
握手をしてスキンシップをはかり、

名前を聞いたらすかさず名前で相手を呼び
親近感がわくように意図的に持っていきます。

もちろん計画的ではなく
さりげなくできるのが話術に長けている人の
テクニックです。

場を読んで話を変えられる

場を読んで話を変えられるという点は
大きなメリットです。

例えば、相手にスポーツの話を
振ってみたけれども
いまいち相手の反応が悪い場合に
料理の話に切り替えられる柔軟さがあります。

相手のとって興味のない
会話になることはしんどいということを
知っていますので

「相手の立場になって」
相手の興味のある話題に持っていき
信頼関係を築いていきます。

これができないと自己中心的な人と
いう印象で終わってしまいますので
話術を巧みに使って行くための
基礎といえるかもしれません。

ここで紹介をした5つのテクニックは
異性を仲良くなりたい時にも
使える方法といえますので、

気になる相手がいるのなら
1つずつ意識をしてチャレンジ
してみて下さい。

話術を磨く方法

ここからは話術を磨くための方法に
ついて紹介をしていきたいと思います。

話術を磨くためには話が
上手になるだけではダメです。

話も上手になることはもちろんなのですが、
それ以外にも動作や聞くことも
大事となりますので、話術を上手に
活用していくための方法を紹介していきます。

相槌を打つ

相手との会話をしていく中で
一番大事なことは相槌を打つです。

相手と会話をしていく中で話を
ちゃんと聞いていますよという
合図にもなりますので
絶対にしておきたいポイントといえますね。

相槌をつ場合の基本的な方法としては

「うん」
「そうだね」
「なるほど」
「すごいね」

など相手の話に合わせて
うなずく以外にも
言葉を発することで相手もより

話を聞いてくれている
という安心感が生まれます。

相手の話に合わせていくということは
とても大事なことといえますので、
会話をしていく中で必ず
相槌を打つようにしてくださいね。

相槌の「あいうえお」という基本的
な相槌の方法もあります。

あ「あぁ」「あっそうなんだ」
い「いいですね」「いやぁすごい」
う「うわぁ本当ですか?」
え「えーすごいですね」
お「おーさすがです」

こんな風にあいうえおを意識的に
入れ込んでいきましょう。

聞き上手になる

聞き上手になることはとても大事です。

話術だけが上手は人は
自分の話を披露したいという気持ちが
強くなりますので、

相手の話を聞かないでどんどん
話をしようとします。

しかし、相手にとっては話を聞くだけというのは
ただのストレスになってしまいますので
相手の話も聞いて、自分も話をしていきましょう。

聞き上手になるために大事なことは
先ほどの相槌はもちろんですが、

それ以外にも相手の
顔や目をみて話を聞く
ことです。

よそ見したりスマホをいじりながら
「うん」「そうだね」と
うなずいていても話を聞いていることにはなりません。

きちんと相手の顔をみて
「うん」「そうだね」
と相槌を打つと相手も

「きちんと聞いてくれている」
という安心感が生まれますので
より親密な関係になれるでしょう。

部下の管理がうまい上司は聞き上手です。

部下の些細な報告や相談に関しても
パソコンなどを触っている場合に
必ず手を止めて相手の顔をみて
話をするようにしています。

聞くということはきちんと相手と
向き合うということですので、
相手をきちんと見て話をしましょう。

話のリズムを合わせる

話術

実はコミュニケーションをしていく中で
大事なことがあります。

それは相手とペースを合わせるということです。

例えば、自分はとてもゆっくり話をしているのに、
相手がとても早口で話をしてきたらどうでしょうか?

なんか違和感を感じると思います。

その違和感は話をするペースの違いが
大きな原因といえますので、

相手がゆっくりならば自分もゆっくり、
相手が早口ならば自分も早口で話をすることで
相手とペースをあわせて話をすることができます。

動作を真似る

さりげなく相手の動作を真似るようにすることで、
相手は無意識のうちに
親近感を抱く
と言われています。

例えば、相手が足を組んでいるならば
同じ方向へゆっくりと足を組みましょう。

相手が腕を組んでいるならば、
自分も手を組んでみましょう。

こんな風にさりげなく
相手の動作を真似ることで
親近感が出てくるので
自分の話術のペースへと持ち込めます。

ユーモアのある話をする

ユーモアとは、面白い話ができるということです。
これは一朝一夕で身につくものではないのです。

そのため、日ごろから面白い話をできるように
時事ネタや旬の情報などを意識的に
会話の中へ取り入れていきましょう。

また、芸人が司会をしている番組などをみて
「面白い」と思った内容は
メモをするなどして覚えて使っていくと
あなたのセンスへと変わっていきます。

ユーモアはセンス的なものありますが、
いろいろな情報を使えるようになると
ユーモアなセンスも磨かれていきますので
日ごろから情報収集は必ずしましょう。

ここまで話術が上手な人と、
話術を鍛える方法について紹介をしてきました。

話術を上達させるためには
ここで紹介をした方法を
実践していくことも必要ですし、
常に話術を意識して話をしていくことです。

話術は英語と同じような感覚です。

覚えてそれを実際に会話をしてうまく使っていく。
そうやって繰り返し練習をしていくことで上達します。

話術が上手な人も最初から
上手であったわけではありません。

情報にアンテナを張って
日ごろから仕入れていたり、

話術の本を読んだり
人前で話す練習をしたり
見えない努力の結果、
身についている人もたくさんいます。

ここの情報を繰り返し実践して
巧みな話術を手に入れてくださいね。

-人間関係
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.