ネットで小遣い稼ぎする5つの手段と始める時のポイント

投稿日:

小遣い稼ぎしたくて「ネットでなにかしよう」
考えてる人・始める人は、ここ10年で激増しています。

小遣い稼ぎ

最初に書いておきますが、
私は小遣い稼ぎのつもりで
ネットを使ったことはありません。

常に本気でネットに取り組んでいます。

そんな私は専業でアフィリエイトしてる人間です。
もうアフィリエイトを始めて10年になります。

専業ですからプロのネットで稼ぐ人です。

そんな私から見た
「ネットでの小遣い稼ぎ」について
ここでは詳しく解説します。

小遣い稼ぎ ネットのおすすめ

ネットを使った小遣い稼ぎは、
物販や転売など、仕入が必要な仕事以外は、
基本的に初期費用も経費もほとんどかかりません。

【自分+パソコン(スマホ)+ネット回線】
が揃っていれば、
それ以上は基本的に必要ないです。

それが、ハードルが低く参入しやすいと
思われている要因です。

実際に始めやすいのは事実です。

では具体的にどんな仕事があるのか紹介します。

アフィリエイト

小遣い稼ぎ

アフィリエイトという言葉は、
ここ10年でかなり一般化しました。

私が始めた頃なんて、本当に
限られた人しか知らない言葉でしたし、

知名度の低さから「怪しい仕事」
と思われることが非常に多かったです。

簡単に言えば、サイト・ブログを作って
アクセスを集めて広告収入を得る仕事です。

ただ「そっか、ブログ書けば小遣い稼げるんだ」と
思ったら大間違いです。

そんな簡単なものだったら、実践してる人の
全員がそれなりの額を稼げているはずです。

現実はほとんどの人が月々1万円に
至らない
というのが現実です。

小遣い稼ぎ程度でも、
「簡単」かと考えると全然簡単じゃないし、
最初は苦労するはずです。

確実に、時給1,000円で10時間働いた方が
早いです。これは絶対に確信して言えます。

始めて10時間でアフィリエイトで
1万円稼ぐなんて120%無理です。

副業のことを解説しているブログや
雑誌で「小遣い程度なら簡単だ」
よく紹介されていますが、確実に嘘です。

決して簡単ではありません。

「簡単だ」と思って始めると、
報酬0円の段階で絶対挫折します。

アフィリエイトを始めるなら

簡単ではないですが、やれば稼げるのは事実です。

ネット上に自分のコンテンツが無いことには
はじまりませんから、やっぱりブログから
始めることが大切です。

そこで大切なのが、

・世の中の人が何を求めているか
・求めている情報をどう検索しているか

この2点を追求することです。

自己満足の日記ブログを書いたところで、
そんなのに誰も興味ありませんし、
検索でヒットすることもあり得ません。

この考え方を理解するのは簡単です。

身近な例で言うと、このブログ記事に
たどり着いて読んでいるという事は、

「小遣い稼ぎ ネット」とか、または
他のキーワードで検索してるはずです。

自分が普段どういう検索をしているのか
その検索ワードでどういうページが
ヒットしているのか
を理解しましょう。

その感覚を身に付けるのが第一歩です。

不思議なもので、今まで読む側だった人が
書く側(アフィリエイター)になると、
たちまち意味不明なことを書き出すんです。

「その記事を自分ならどう検索するか」
「検索される需要がある内容なのか」

この2点を全く意識していない人が多いです。

ネットで小遣い稼ぎしようと考えている人は
少なからず、普段からネットを活用してるはずです。

読む側から書く側に立って、自分の検索傾向と
読んでいるブログやホームページを分析しましょう。

それが、アフィリエイトを始める第一歩です。

転売

転売は分かり易いです。
「安く買って高く売る」それだけです。

ヤフオク・メルカリ・Amazon
販売する媒体はなんでもいいです。

仕入にもネットを使ってもいいし、
ハードオフや巷のリサイクルショップでも
転売して利益を得られる商品はあります。

一番簡単なのは、身の回りの不用品を
ヤフオクやメルカリで売る
ことです。

ひと昔前はヤフオク一強でしたが、
今はメルカリの方が売りやすいでしょう。

仕入して売る事を考える前に、
身の回りのものを売るスキルを
身に付けましょう。

どんなものがどんな価格で売れるのかが分かります。

転売を始めるなら

転売を始めるなら、前項に書いたように
まず身の回りのものを売ってみて
物が売れる仕組みを体感しましょう。

その上で、まずは自分の興味のあるものの
売り値・買い値を確認してみて
利益が得られるかを調べましょう。

スマホ・ゲーム・雑貨・本・衣類・
アクセサリー・カメラなんでもいいです。

ネットだけでなく、オフラインの
店舗でもチェックしましょう。

そうすると分かるはずです。

「利益が得られる商品が少ない」という事が。

ただ、そこで諦めたら終わりですよ。

コンテンツ販売

コンテンツ販売も理屈は簡単です。

自分で作ったコンテンツを
ネットを使って販売するんです。

何を売るんだ?という話ですが、

・電子書籍
・写真
・記事
・雑貨
・ノウハウ
・WEBツール

なんでもコンテンツになります。

自分に人に負けないノウハウがあれば
電子書籍にしたり、
情報商材にして販売
しましょう。

電子書籍ならAmazon、情報商材なら
インフォトップなどの決済もできる
ASPを使ったり、ブログやメルマガで
集客してPayPalを使えば自分で決済もできます。

記事というのは、ランサーズやクラウドワークス、
Bizseekなどで、ブログ・サイト運営者が
欲しがっている記事を書いて納品して報酬を得ます。

↑こちらは「仕事を請ける方」ですが、
ココナラなどは逆に「私が書きます」という
スタンスで「依頼をもらう」タイプもあります。

どちらも記事だけでなく、
ホームページ作成、アイコン・バナーの作成、
翻訳など様々なスキルを販売することができます。

雑貨は自分で作ったものを、
メルカリやヤフオクなどで販売します。

コンテンツ販売というより
物販に近いかもしれません。

コンテンツ販売を始めるなら

コンテンツ販売を始めるなら、
まず自分に何が出来るかの棚卸をしましょう。

そのスキルをどういう風に売るのが
一番お金になるのか
を考えましょう。

誰でも出来るのが、記事を売るWEBライターです。

ライターならタイピングさえできれば、
とりあえず必要なスキルは揃っています。

あとは、安価な依頼をこなしながら
スキルを身に付けていくことです。

しかし、簡単な依頼は単価が恐ろしく安いです。
1文字0.3円とかそんなレベルです。

1000文字書いても300円です。
ただ、報酬額が確定しているというのは魅力です。

アフィリエイトの場合では1,000文字の
ブログ記事を書いたとしても
300円は確約はされませんからね。

物販

物販は自分で作ったものや
仕入れたものをネットショップで
販売する
仕事です。

楽天やYahoo!ショッピング・Amazonなどの
ネットのショッピングモールに出店するのが
一般的です。

メルカリやヤフオクで売ることもできます。

これは、商品の目利きと集客がポイントです。

どんなに良い商品でも、
ネットユーザーの目に触れなければ
売れる見込みはゼロです。

10年、15年前のように
ネットで販売されている
商品が今より少ない時代は
何でも売れましたが、

今はその逆で、なんでも売っていて、
価格競争がとても激しく、
買う側のショップを比較するスキルも
上がっていますので中々難しいのが実情です。

小遣い稼ぎ

自分がネットで買い物する時の事を
考えてみてください。

商品にもよりますが、
価格.comで値段を比較したり、

楽天・Amazonで
商品自体の安さ+送料の安さ+発送の早さを
徹底的に調べますよね?

要はそういうことです。

物販を始めるなら

物販を始めるなら、
ネットで販売されていない魅力的な
商品を見つける
ことです。

現在売れている商品を追いかけても
資本も経験も浅い素人が敵うわけがありません。

e-bayや海外のAmazonなどで
日本で売っていない物を探して
仕入て、日本でそれよりも高く売るんです。

または、WEB販売をしていない
特産品や工芸品、生鮮食品などの
WEB販売ルートを作るのも一つです。

いずれにしても、今ネットで販売されていない
魅力的な商品を見つけることに注力しましょう。

アンケート・ポイントサイト

アンケートに答えたり、ポイントサイトで
ポイントを稼いでお小遣いにします。

ただ、本当にお小遣い程度と考えましょう。

月に数百円~1,000円程度と考えて間違いないです。

しかも、どんなに頑張ってもそれ以上の
数万円・十万円というレベルにはなれません。

ただ、リスクは全くないし、
暇なときにコソコソアンケートに答えて
報酬になるわけですから、
魅力がないわけではないです。

目指すレベルの差です。

子どもの小遣いレベルで良いのか、
先々欲しい大きな買い物のためなのか、
そこをよく考えてから始めましょう。

ネットの小遣い稼ぎ【まとめ】

アフィリエイト・転売・コンテンツ販売・
物販・アンケート・ポイントサイトと
紹介してきましたが、

どれについても言えることが、
「始めないと一銭にもならない」
という事です。

「ネットで小遣い稼ぎしたい」と
考えていても、実行しなかったら
永遠にゼロで、小遣いにもなりません。

本気でネットで小遣い稼ぎをしたいなら、
何からでもいいので始めましょう

そうすれば、稼げる可能性が
ゼロだったのが1に近づきます。

1になれば倍率を増やせば
いつかは小遣い稼ぎになりますが、

ゼロは100万掛けてもゼロにしかなりません。

安全なのかな?本当に稼げるの?
とか考えて動けないのであれば、

新聞配達したり時給のアルバイトに
出た方が小遣いになります。

ネットで小遣い稼ぎしたかったら、
とにかく何からでもいいので始めることです。

-副業
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.