お金の使い方が上手な人と下手な人の特徴

投稿日:

お金はとても大事なもので、
生活をしていく中では
とても重要なものです。

お金使い方

しかし、お金をいうものは
ただ持っているだけでは
あまり意味のないもので、

実際には使ってこそ
意味のあるものだと
言われることもあります。

お金の使い方が上手な人は
どんどんお金が増えていく
のですが、

使い方が下手な人は
いつまでも貯まらない、
増えないということになりますので
お金の使い方について書いていきます。



スポンサーリンク


お金の上手な人と下手な人の違い

お金使い方

まず、お金の使い方が上手な人は
将来にわたって先を見たうえでの
お金の使い方をしています。

自分の生活や家族にかかるお金など
将来的にはどれくらいのお金が必要なのか?

また、趣味にどれくらいつかうのか?
などかなり細かくお金を計算して
貯蓄をしたり、時に保険をかけたり
他のことに使ったりしています。

その逆にお金の使い方の下手な人は
その場の感情で流されることが多く、
先を見据えていない場合が多いですね。

今月はいくらのお金が使えて、
どれくらいの余裕があってなど
あまり考えていないため、

その場の感情で
「これくらい使ったらいいか」など
アバウトな計算をする結果、

明確なお金を使い方にならず、
結果として足りなくなり
貯金を切り崩したり、
時には無駄なお金を使うことになります。

例えば、一着の服があったとします。

この服をお金の上手な使い方をする人は、
デザインが気に入ったや
将来着ることがあるのか?

この値段でどれくらいの期間をかけて
使った分のお金の価値があるのか?など
細かく計算をして購入をするかと判断します。

もちろん、ほしい気持ちはあるのですが
気持ちとは裏腹に
細かく頭の中で計算をしますので

今月は見送る、
来月に購入をする、
クレジットカードの分割払いを使うなど

いろいろな方法の中から
最も無駄のない支払い方法を選択します。

時には気にいった商品だとしても
「購入をしない」という選択もできるのが
お金の上手な使い方になります。

それに対して、お金の使い方が下手な人は、
このデザインがかっこいいから購入をしよう、

ちょっとお金がたりないけれど何とかなるか、
ちょっと貯金を切り崩して購入をしようなど
非常に楽観的な使い方をします。

時にはクレジットカードのボーナス払いを
つかって「なんとかなるか」という計算を
するのですが、

ボーナスまでも計画的に計算ができていないため
知らない間にすべてボーナス払いに
なってしまい結果的に多くのお金を
支払うことになります。

お金の使い方の上手な人と
下手な人の違いは

「計画性があるか?」
「先を見据えて行動できているか?」

になりますので理解をしておきましょう。

お金の上手な使い方ができる人の特徴

お金の使い方の上手な人の特徴を
紹介していきましょう。

その使い方を真似ることで
あなたもお金の使い方が上手に
なれるかもしれないので
参考にしてくださいね。

自己投資にお金を使う

お金使い方

お金の使い方が上手な人は
とにかく自己投資を
積極的に
行っています。

自己投資とは例えば、
今後役にたつであろう語学の勉強や、
資格の勉強、
他にも資産を生み出すための投資などです。

先ほども紹介をしましたが、
お金の使い方の上手な人は
先を見据えてお金を使うことができます。

短い人でも5年程度は先を見ていて、
もっと長期に方だと
一生分を見据えてお金を計算しています。

そのため、一つ一つのことに
関してお金を使うべきなのか?

また、ここにはお金を投資すべきか?
そうではないのか?など
自問自答を繰り返し
将来役に立つと判断をすれば
お金を支払うということをしますね。

語学に関しては、英語は日本でも
当たり前のように使える時代と
なってきています。

しかし、まだまだ会社の中では
日本語が共用語となっており、
英語を話せる人はすくないことは
事実です。

この状態の日本ですが、
あと5年経過をしたときには
さらにグローバルな時代が
やってくるかもしれないため、

英語は話せるほうが良いという判断をして
英語の勉強に力をいれる。

このようにお金を使い方が
上手な人は
とにかく先を見据えており、
将来自分に返ってくることならば
喜んで自己投資を行いますし、
自分に帰って来ないならば
お金を使うことはしません。

いかに将来自分の役に立つのかと
いうことを見極めて投資
をしています。

他にも自己投資として
本を読んだり、
セミナーへ積極的に参加をしています。

もちろんいろいろな自己投資を
しているのですが、
すべて成功をするわけではなく
時には失敗をする場合もあります。

それを見極める力を身に
着けていくためにも本やセミナーには
積極的に参加をして

自分磨きに力を入れることも
大事なお金の使い方です。

失敗をする自己投資があっても、
その失敗の投資から学んだり、

あとで結果的に良い自己投資をすれば
メリットがあることを
お金の使い方が上手な人はしっています。

計画的にお金を使う

お金の使い方が上手な人は
計画的にお金を使っています。

先ほどの自己投資でも
紹介をしましたが、
先を見据えたうえで

「このお金は意味があるのか?」
「より良いお金の使い方はないのか?」

 


スポンサーリンク


 

など、計画的にお金を使う場合が
多いですね。

もちろん使うだけではなく、
計画的にお金も貯蓄をしていますので
将来生きていく上でかかるお金を
計画的に貯めていく計算力があります。

将来設計もしっかりと
されていることから、

今どれくらいのお金が必要なのか?
また、今後どれくらいのお金が必要なのかを
見極めているため

貯蓄や将来を見据えた保険など
人生設計をしっかりと立てているため
無駄な出費を控えることができます。

人間関係構築のために使う

お金使い方

お金の使い方が上手な人は
人間関係の構築には
投資としてしっかり
と使います。

人と人がつながることは
大きなメリットがあるため、
結果的にも将来的にも
お金が増える可能性もありますし、

将来充実をした人生をおくっていくために
人間同士の関りはなければならないからです。

人間関係といってももちろん
いろいろな意味があり、

「知り合うため」
「今よりも中を深めるため」
「悪い関係を修復するため」

などがあります。

そのための投資は
お金を惜しまず出すことが多いですね。

健康維持のためにお金を使う

お金の使い方が上手な人は
健康維持のために
お金を使う
ことが多いです。

将来計画をしてお金を貯めたり、
人間関係を構築していたとしても
病気になってしまったり、

不健康になってしまっては
何の意味もないことを
お金の使い方が下手な人は
しっています。

そうならないためにも
健康のためにかかるジムのお金や、
健康食品、サプリメントなどは惜しまず
投資をしていますね。

お金の使い方が下手な人の特徴

お金使い方

お金の使い方の上手な人は
将来に向かって
お金を使うことができる
傾向にあります。

そのため、その場の感情や気持ちで
お金を使うのではなく、
あくまでもその先を見据えて
使うこととなりますが

お金の使い方の下手な人は
計画性がないというのが
特徴といえますね。

計画性がなく、何気なくお金を使う

お金の使い方の下手な人は
何気なくお金を使うことが多く、
衝動買いが多いのが特徴となっています。

例えば、ダウンジャケットを
購入しようといろいろなお店へ
見に行ったのに

買い物が終わるとバッグと
雑貨を購入しているという人は
お金の使い方が下手な人の典型的な
例となります。

お金を持つと
ついつい使ってしまいますので、
お金の使い方の下手な人は

まずお金の管理をきちんとして
購入をする前に

「本当に必要なのか?」

という質問をすることで
無駄に購入をすることを
避けることができるようになります。

見栄のためにおごることが多い

お金の使い方の上手な人は
人間関係の構築や
今後つながったら良い人との
関係ならばお金を投資していますが、

お金の使い方の人は
自分の見栄のためや
女性を口説くためなどで
すぐにおごります。

もちろん財布にお金がなくても
クレジットカードなどで支払い

「ごちそうさまでした」
の言葉が聞きたいがために無理をして
おごります

良い人間関係のために
お金を使っているのかと言われると
微妙なところもあります。

もちろんおごることも大事で
みんなの兄貴分的な存在には
なれるかもしれないですが、
無駄な出費も多くなりますね。

固定費の見直しをしない

お金の使い方の下手な人は
携帯電話の代金、電気代、
インターネットの代金など

いろいろな固定費を見直すようなことはせず
そのまま放置
をする傾向のあります。

お金の使い方の上手な人は、
毎月かかるお金だからこそ
より安くしていくための方法を
模索してますので、

お金と上手に付き合っていくためにも
無駄な出費を抑えていくことは
コツとなります。

お金には生き金と死に金がある

お金使い方

お金の使い方がわからない。

そのための資産運用の
本を読んだりする人もいるのですが、
本はあくまでも参考にしかならないですね。

そのためにも知っておきたいことは
「生き金」と「死に金」
あるということです。

生き金とはその名前の通り、
使うことによって生きるお金です。

お金の上手な人は、
人脈つくりや自分の将来の役にたつ可能性が
あるものに対しては高額でも投資をします。

それは結果として
自分にかえって来ることをしっていますので、
結果としては生きたお金になります。

死に金とは
お金の使い方の下手な人の特徴にも書いたように、
衝動買いをしたり、バーゲンで安いからといって
何でも購入をすることです。

スピリチュアルな話になりますが、
生き金にはプラスのオーラが付くといわれており、
死に金に関してはマイナスのオーラが付くと
いわれています。

お金は人生にとって
とても重要なもの
になりますので、
上手につかっていきたいものですね。

生き金と死に金の見分け方は
とても難しいのですが、

簡単な見分ける方法としては
あとから意味がなかった、
無駄金だったと思っているならば
死に金ですし、

使ったことによりよかった、
メリットがあったという場合は
生き金になります。

お金の使い方が下手な人は
自分の財布からでた
お金の意味を理解して
使うようにしたいものですね。

スポンサーリンク

-お金
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.