冷凍した方がいい!?冷凍がおススメのお野菜7選

投稿日:

冷凍おすすめ



スポンサーリンク


便利な「冷凍」

日持ちを長くするためや、
冷たいお料理を使う為に今や
なくてはならない存在の冷凍庫。

食材を冷凍保存したり
おいしいアイスクリームを作ったりなど
用途はさまざまですよね。

でも、冷凍保存する以外にも
冷凍庫を活用する方法がある
って
知っていましたか?

冷凍庫での冷凍保存は
保存期間を長くするだけの物と
思っている方が多いですが、

実は冷凍する事によって、
調理が簡単になったり
栄養価がアップするというような
食材がたくさんあるのです。

ここでは冷凍保存に
おススメする食材は何なのか、

冷凍してしまうことによって
どんなメリットがあるのかを食材別に
紹介していきますので、

ぜひ毎日のお料理の参考にしてみてください!

1.トマトの皮むき、冷凍すればラクラク?

サラダだけではなくスープやパスタ、
煮込み料理などにも
幅広く使われるトマト。

栄養価も高く食卓に登場する機会は
とても多いのではないでしょうか。

そんなトマト、
冷凍すると皮むきがとっても
楽チンになる
ことをご存じでしたか?

方法はとっても簡単で、
トマトをただ冷凍庫に入れておくだけ。

使いたいと思った時に、
水につければ皮がスススっと
剥けてくれる
んです。

皮を剥いたトマトは
スープやカレーなどのお料理に
とっても便利。

トマトの皮のいやな食感がなくなるので
この一手間はかなり大切ですよ。

ミニトマトでも
もちろん使うことができるので、

皮を剥いたトマトを使ったカプレーゼなど、
ひと手間かけたおいしいお料理に
チャレンジしてみましょう。

凍っているので
そのまますりおろすこともできます。

2.カレーに大活躍の飴色玉ねぎを作りたいなら

カレーに欠かせない
「飴色のたまねぎ」を作るとなると、

カットしたたまねぎを
フライパンで何分も炒め続けるという
必要があってとっても大変。

うっかりしているとすぐに
焦げてしまうのも困っちゃいますよね。

そんな時はあらかじめ
カットしたたまねぎを冷凍する事を
おすすめします。

繊維が破壊されているので
甘みが増して火が通りやすくなるから
飴色になりやすくて、

ちょっと炒めるだけで
あの理想の玉ねぎペーストを
作ることができますよ!

玉ねぎの味や質も落ちないので、
ぜひためしてみてください。

3.ショウガはそのまま冷凍が一番使いやすい!?

冷凍おすすめ

体がポカポカに温まるショウガ。

定番の生姜焼きにはもちろん、
スープや薬味として使うことも
多くあります。

チューブだと味が劣ってしまうから、
やっぱりすりおろしたばかりの
おいしい生姜をお料理に使いたい!

と思う人も多いですよね。

かといって
まるまる1つショウガを買っても、
全部使い切れませんよね。

なので日持ちをさせるためにも、
買ったらそのまま冷凍することを
おススメします。

ショウガはすりおろして
使うことがほとんどなので、

使いたいときに
凍ったまますりおろして
使いましょう。

生の物に比べて風味は多少
落ちてしまいますが、

 


スポンサーリンク


 

おいしく生姜料理を作ることが
できるようになりますよ!

4.エノキを冷凍してダイエットに

みなさんは「エノキ氷」をご存じですか?

ミキサーでペースト状態にした
エノキを氷の形にしたものを
あらゆるお料理に入れ、

エノキの食物繊維を
体内に取り入れるダイエット方法
です。

このエノキ氷はエノキが使いやすくなる、
取り入れやすくなるというだけではなくて

エノキは冷凍すると
含まれている酵素がアップする
という理由もあるんです。

もちろんエノキ氷を作ってもいいのですが、
わざわざミキサーを使ってなんて
ちょっと面倒だと思ってしまいますよね。

そんな人はまるまるエノキを冷凍しちゃいましょう!

そのままでも十分エノキの
栄養アップ効果を得ることができますよ。

5.お料理に合わせて大根も冷凍しちゃおう

冷凍おすすめ

大根は冷凍してしまうと
味がかなり落ちてしまうので
「冷凍NGの食材」
としても有名な食材です。

でも、味が落ちてしまう反面、

大根は冷凍するととっても味が
染み込みやすくなる
ということを
ご存じでしたか?

カットして皮を剥いた大根を
冷凍するだけで、

味が染み込みやすい大根へと
早変わりするので、
試してみない手はありませんよ!

また、あらかじめ調味料を入れた
フリーザーバッグなどに
大根を一緒に入れ冷凍すれば

冷凍している間も味が浸透していって、
調理が更に楽になります。

栄養価も落ちないので、
大根をまる1本購入して余らせてしまった
場合なんかにも活用しましょう。

生で大根を食べたい場合には
向いていませんが、

煮込み料理の際はぜひ大根を
冷凍してから使ってみてください。

6.なめこ・しいたけ・まいたけなどのキノコ類

キノコは冷凍することによって
細胞が破壊され、
美味しい成分がたくさん出てきます。

更に凍ることによって
おいしい成分が閉じ込められ旨みが凝縮され
グッとおいしくなるんですよ!

マイタケは風味も上がりますが
特有の苦味も一緒に上がってしまうので、

マイタケの苦味が嫌いだ
という人は避けてくださいね。

自然解凍するとおいしい成分が
逃げてしまいますので、
必ず凍ったまま使うようにしましょう。

7.「ちょっと使い」できると嬉しいブロッコリー

冷凍おすすめ

サラダなどの彩として使いたいブロッコリー。

でも1個全部あったりすると
多くて使い切りにくいですよね。

そんなときはやっぱり冷凍。

ブロッコリーは冷凍すると
日持ちが長くなるだけではなく
栄養価もアップする食材です。

特にβカロテンに関しては
冷凍することで4倍にもなるそうです!

使いやすいサイズにカットした
ブロッコリーを冷凍しておき、
使う時には凍ったままお湯にIN。

サラダにはもちろんシチューやパスタなど、
ちょっとブロッコリーを使う機会が
増えちゃいそうですね。

冷凍を活用してもっと料理上手になろう

冷凍する事を活用すれば、
今まで以上にお料理を楽に簡単に、
おいしく作ることがでいるようになれるはず。

チャレンジしたことが無い方法でも、
冷凍するだけなので簡単に
チャレンジする事ができますよ!

ただし冷凍するのはNGな食材も
しっかりチェックしておきましょうね。

スポンサーリンク

-レビュー
-,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.