夏バテが辛い?胃に優しい夏バテ予防の食材6選。

更新日:

夏バテ



スポンサーリンク


『夏バテ』=『胃腸の具合が悪い』

本格的な夏が到来して、暑い日々が続くと気になって来るのが夏バテ。熱中症は予防できるけど、夏バテを予防するのって難しいですよね。

夏バテとは、体が夏の暑さによってバテる(動かなくなる)ことを指し、暑気中り、暑さ負け、夏負けなどと言ういい方もあります。

イライラしたり、のぼせ気味になってしまったり、立ちくらみやめまいなどの症状もありますが、夏バテの代表的なイメージはやっぱり胃腸の調子が悪くなることではないでしょうか。

湿気と暑さによって胃腸にダメージが加えられてしまうのはもちろん、暑さによる脱力感やストレスが胃腸にさらに負担をかけてしまう為、夏バテの代表的な症状として胃腸の不調が見られるのだそうです。

でも、夏バテでつらいからと言って何も食べないので差更に体力が追い付かず余計につらい思いをすることになってしまいます。

夏バテの時こそ、体力をつけるために何かを食べないといけないのです。

でも正直、ガッツリ系はキツイ・・・。・

「何か食べないといけない」「スタミナをつけないといけない」というのは、夏バテ防止や夏バテ予防に効果的であることは間違いなのですがその反面すでに弱っている胃腸にダメージを負わせる結果になったことはありませんか?

夏バテに効果があると言えばうなぎ、レバー、鶏肉など。

たんぱく質やビタミンを多く含む食材がいいとされていますが、正直こんなに辛いのにお肉なんか食べられないよ・・・って人も多いと思います。

夏バテにピッタリ!栄養満点!という食材の中でも、胃に負担が多く胃腸の調子が悪い時は食べない方がいいですよという食材もありますから食べて気持ち悪くなってしまって更に夏バテ悪化という結果になってしまうことも多いです。

なのでここでは「夏バテに効果がある食材」に加えて、「胃に優しくて負担が少ない」食べものを紹介していきたいと思います。

夏バテにはもちろん、夏風邪にも役立ちますよ♪

胃に優しく、夏バテに強い食べもの6選

1.桃

夏バテ

夏になると甘い香りでスーパーに並ぶ桃。桃やスイカが並びだすと、ああ夏なんだなと思うようになりますよね。

スイカも夏バテには効果があります。でも体が冷えやすい食べ物なのでまだ熱中症になる前の予防や、熱中症対策にはいいのですが、胃腸に負担をかけてしまうという点ではあまりいい食材ではないんです。

その点、桃は夏バテにもバッチリ、胃腸にも優しいフルーツ。

ビタミン・ミネラルなどの栄養素が含まれているのはもちろん、糖度が高いので疲労回復効果が非常に高いのです。また疲労回復に効果がある成分ナイアシンも含まれています。

なのにカロリーは控えめで「風邪の時は桃缶」が定番というお家もあるほど胃腸にやさしいフルーツでもあるんです。

冷やして食べても、スイカ程体が冷えてしまうことはないので、夏バテでつらい時のデザートはスイカではなく桃にしてみてはいかがでしょう。

2.納豆

ネバネバ効果で美容効果、ダイエット効果もあるとされている納豆はスーパーフードと言われるだけあって夏バテにも効果てきめん

たんぱく質を多く含む食材である上に、ビタミンB群も含まれているので低下している体力を回復してくれる効果もあります。

それであって、大豆食品の中でも非常に胃腸に優しい食材であり、すすすっと食べることができるのも魅力です。おそうめんなどと一緒に食べるのもいいかもしれませんね。

 


スポンサーリンク


 

より胃に負担をかけたくない場合は、ひきわり納豆を食べるといいそうですよ。

3.鶏ささみ

夏バテ中はたんぱく質が多いお肉を食べないといけないのは分かってる!でも、レバーも豚肉も食欲がないと食べられない・・・。

そんな時は鶏ささみを食べるといいでしょう。

鶏ささみには十分なたんぱく質がありますし、細かくほぐせてお粥と混ぜることができたりするので胃腸にもとっても優しいです。

鶏の優しくておいしいスープを使った卵がゆだったりすりと、辛い日でも食べやすいのでは?

4.卵

夏バテ

卵は栄養の宝庫。

夏バテ防止のために1日1個は食べた方がいいのですが、もし夏バテでつらくなってしまった時もぜひ食べてもらいたい食材です。

他の食材と組み合わせてお粥にしたり、スープに入れたり。食べ方の幅はかなり広い食材ですし、どんな食材と組み合わせてもおいしくなります。

栄養価も高く、たんぱく質も豊富ですし夏バテに効果がある成分もたくさん含まれています。

また、卵は消化にとってもいい食材でもあります。何も食べたくない場合は、卵を使ったドリンクなどを作ってみるのもいいかもしれませんね。

5.バナナ

朝バナナダイエットやバナナシェイクなど、バナナはおいしさはもちろん美容効果もありますよね。

食物繊維が少なく柔らかいので胃腸にとっても優しい食べ物。夏バテで弱った胃にも優しいんです。

炭水化物も含まれていて糖分も高く、栄養価もかなり高いので弱った体にエネルギーを蓄えてくれますし、汗をかいたことによって失われるカリウムという成分がとっても豊富に含まれているため夏バテには効果があるといわれているんです。

バナナはジュースにしたりそのまま食べたり冷やして食べたり凍らせて食べたりなど食べ方がたくさんあるので、毎日食べても飽きません。

6.牛乳

夏バテ

ミルクには、夏バテで体力を失ってしまった時に欠かせないビタミンB群の栄養素がたっぷり含まれています。

また、あらゆる食材はフルーツなどと相性がいいので併せて栄養が取れるという点にとっては群を抜いていいのです。バナナや桃、卵などと合わせてお料理してみてはいかがでしょうか。

また、牛乳は胃に膜を貼ってくれるので胃痛に効果があると言われています。夏バテで胃腸の調子が悪くなって、胃が気持ち悪い時なんかは牛乳を飲むと効果があるのではないでしょうか。

冷たい牛乳は胃腸を冷やしてしまう可能性があるので、キンキンに冷やした牛乳ではなくホットミルクやプリン、スムージーなどにして摂取するといいでしょう。

夏バテの時は胃にも気を使って!

夏バテでつらい時、スタミナをつくものを食べるのはもちろんいいですがそれでさらに辛くなってしまっては意味がありません。

胃腸にも気を使って、正しく体に優しい対処をしてあげてくださいね。

美味しいものを食べて夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

-健康
-, ,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.