ダメ人間8つの特徴 変わりたい人のための3つの方法

更新日:

あなたはダメ人間ではないと言い切れますか?

たぶん「私はダメ人間ではない。完璧です」と言える人は
いないと思います。

人間は強いところもあれば
弱いところもあって当たり前ですので、

私ももしかするとダメ人間なのかも・・・
と思う一面が必ずあります。

正直なところ筆者の私もダメなところばかり目が
いきますのでたぶんダメ人間なのだと思いますし。

でも「私は完璧な人間です」という人ほど、
本当のダメ人間ではないのかとも思いますので、

ここではダメ人間の特徴について書いていきます。



スポンサーリンク


ダメ人間の8つ特徴

ダメ人間

ここからはダメ人間の特徴について書いていきます。

自分が当てはまっていないか?
診断の材料としても使ってみてください。

ちなみに英語ではダメ人間のことを
「Bad man」
といい、

直訳でもダメ人間という意味になるので世界共通の
言葉なのかもしれません。

 

1.約束を守らない

これは本当にダメな人だと思いますね。

約束の時間を守らないためいつも遅刻をしている。

仕事の期日にいつも間に合わず周りに迷惑をかけることが多い。
待ち合わせをいきなりドタキャンする。

など他人を巻き込むようなことが多いため
ダメ人間をされています。

約束を守るというのは人間として生きていく上で
基本中の基本といえます。

そのため、人の迷惑にならないように行動を
していきましょう。

これは子供でもできるとても簡単な方法といえます。

人と約束を忘れていたり、
ドタキャンをしないことはとても大事なことです。

学生でこれを繰り返すと最終的には
友人も誰も信用をしてくなくなりますし、

気が付いたときに
「あいつは約束を守らない」
と周囲に誰もいなくなります。

社会人になると1つの遅刻が
大問題
となることもありますので信用はなくなります。

私が上司ならば大事な仕事をあなたに任せる
ということは絶対にしないですね。

約束を守らない中でも時間を守らないのは本当にダメです。

待ち合わせや集合時間に遅れることにより
人の有益な時間をあなたが奪うことになりますので、

みんな離れていきますし誘いもなくなるでしょう。

約束を守るということは、
人間として生きていく上で基本となりますので
注意をしましょう。

 

2.不規則な生活

朝起きるのが苦手で基本は夜型の生活をしている。

インターネットやゲーム、テレビが気になり、
毎日夜遅くまで遊んでいるため
朝に起きれなくなり遅刻をすることが多い。

もしくは起きれない。

ダメ人間でない人は朝方生活の人がとても多いです。

その理由として朝に活動的に動くことにより
その日一日を有益に長い時間使うことができるからですね。

夜型の生活をしていると朝起きるのも遅くなります。

休みの日も昼まで寝ていると
そのままその日が終わってしまい、

だらだらと一日が終わってしまいますし、

寝坊をすると
「約束の時間にいけない」
ということにも繋がります。

夜を遅くするなら朝早い生活に切り替えるだけで
あなたの生活も規則正しくなりますので、

夜型の生活をしている人は
一度見直してみてはいかがでしょうか?

ゲームなどでいつも遅くなるなら時間を決めるなど
自分でルールを決めましょう。

 

3.不健康な食生活

ダメ人間

基本はコンビ二でお弁当を購入することが多く、

栄養の偏った食事、ファストフード、
野菜のない食事、お肉しか食べない、大食いで早口

など食生活の乱れは良くないです。

たぶん食生活が乱れている人は
体型もみだれている可能性が高いですし、

日々の食生活や生活態度がみだれているため
仕事や学校生活にも乱れがでてきます。

人は見た目で判断をすると言われていますが、

不健康な生活をしていると見た目もよくないため
体型管理、体調管理の観点から

「自炊をする」
「野菜を多く摂るようにする」
「コンビニで購入することをやめる」

など食生活からすぐに改善をすることができます。

もちろん無理のない範囲から始めていくことが
大事になりますので食生活を整えていきましょう。

 

4.片付けができずいつも散らかっている

整理整頓ができない人で学力の高い人、
仕事の出来る人はいません。

デスクの上や部屋などが
いつもきれいにされていることにより、

仕事や勉強の段取りもよくできるようになります。

警察の言葉ですが
「犯罪者の家にトイレは汚い」
といわれるように、

掃除をしたり、整理整頓ができない人は、
心もみだれていますのでダメ人間と思われるでしょう。

テレビでも見ることがありますが、
すごい美女の部屋がゴミ屋敷だったらどうしますか?

たぶん幻滅をするでしょう。

片づけを毎日継続をして行うことにより、
学業も仕事も時間のロスなくはかどりますので、

整理整頓は日ごろから心がけましょう。

 

5.インターネット中毒

テレビやインターネットから離れることが
できずいつも何かの画面を見ている人はダメ人間になります。

インターネット中毒やゲーム中毒という言葉があるように、
どんどんはまっていくとで、

現実社会との境界線がわからなくなりますので、
注意をしましょう。

ついついテレビをつけてしまいだらだらとみている。
ゲームを始めると食べることも忘れて熱中してしまう。
いろいろなブログを読み漁ってしまい時間を忘れる。

など時間があれば常にスマホをいじっている状態で、
デジタルなものを手から離せないならダメ人間でしょう。

ゲームやスマホを手放せないなら
「本をよむ」
「運動をする」

などほかのことに切り替えるほうが良いですね。

最近ニュースもよくなる歩きスマホなどは
典型的な例だと思います。

 

6.物事を継続できない

自分の意志で決めたにも関わらず
続けられない人はダメ人間です。

自分で決めたことは最後まで
やり遂げなければ全く意味もありません。

 


スポンサーリンク


 

しかし、実際に物事を継続することが
できない人が多いです。

例えば、

新しい仕事を初めてもすぐに辞めてしまい転職を繰り返す。
毎日勉強を2時間しようと決めてもすぐにやめてしまう
今日からダイエットだといって3日でやめてしまう。

こんな風に続かない人は、
忍耐力や抑制力、計画性や集中力がない人と言えます。

簡単なことでも良いので継続をして
いけるものからはじめていきましょう。

 

7.人の話を聞かない

ダメ人間

人の話を聞かないで自分勝手な行動を
する人はダメ人間といえますね。

人の話を聞かない根幹には
「自分さえよければ良い」
という考えがあるため、

人の話を素直に聞かないで自分勝手にしてしまいます。

作業の説明をされているのに勝手に自分で進める。
仕事の段取りを決めたのに、また段取りを聞いてくる。
何度も同じことを聞きに来る。

など話を聞いておけばおわることが
話を聞いていないために進まないということです。

話を聞く気がないなら、
まずは目を見てしっかりと聞きましょう。

わからなくなる可能性があるならばメモをとって
抜けのないように気を付けましょう。

 

8.いつまでも働かず自宅にいる

ニートと呼ばれる人ですね。

仕事もせず親の年金などで生活をしている
人たちのことを言いますが、

これはダメ人間と言われても仕方ないかもしれません。

ニートで昼間まで寝てそこか活動をして夜型の生活をしている。
これって典型的なダメ人間の特徴にはまっています。

誰もが毎日ゴロゴロとして
遊んで生活をしていたいと思うことは当然ですが、

一人の人間としてそれではダメですので、
社会に出ていろいろな人と関りを持ちましょう。

もしあなたの子供がニートならば、
あなたはダメ人間製造機と呼ばれてもおかしくありません。

何もかも尽くしたら良いというものではありませんので、
ニートの子供がいるなら一度今の現状を見直してください。

ダメ人間から変わりたい人の3つの方法

ダメ人間

ここまではダメ人間の特徴について書いてきました。
なんとなく当てはまる方もいると思います。

そこでダメ人間から変わりたいと
思っている方へ向けて、
抜け出す方法について書いていきます。

ダメ人間から変わるためには、
自分自身で何らかのアクションを自分で起こすことが
できなければ、

なかなか難しいと思います。

ダメ人間の特徴として
「物事が継続できない」
とありましたが、

ここで一歩を踏み出してください。

 

1.毎日規則正しい生活をする

規則正しい生活を始めましょう。

ダメ人間の特徴として夜型になるとことがありました。

これはいろいろなことから手を離せない状況になるため、

いつまでどんどん夜型の生活になり
結果として翌日に影響が出るというものです。

実はこの夜型を変えるだけでも驚くほどの
変化が生まれます。

朝早く起きると夜型の生活がつらくなるため、
早寝早起きの習慣が身に付きますので、

朝から時間を有効に使うことができるようになります。

また、朝方になりますので遅刻などもなくなり
ダメ人間という印象から抜け出すことができます。

早起きは三文の徳といわれるように
夜型の生活と比べてもメリットが多いので、

頑張って朝型の生活へシフトしていきましょう。

夜型から朝型の生活に変えるためには
最初の1週間が大事です。

朝起きるのはかなりつらいですが、

これを乗り越えることがダメ人間から
抜け出す第一歩となりますので頑張りましょう。

 

2.小さな成功体験を積み重ねる

ダメ人間の特徴として、継続できないし
すぐにあきらめてしまうというものがあります。

それを避けるための方法は
「小さな成功体験を積み重ねていく」
ことです。

例えば、いきなりエベレストへ登ろうと
思っても登ることは不可能です。

それはあなたに力がないからですね。
そのため、失敗をすることになるでしょう。

失敗をすると人間は嫌になり楽なほうへ逃げていきます。
すると、ダメ人間へと戻っていってしまいますね。

そうならないためにエベレストという目標があるなら、

近所にある標高の低い山を
登ることから初めて行けば成功をする体験ができます。

あとは徐々に高い山へ登ることでどんどんと
成功体験を積み重ねていくことができます。

「出来た」

という感覚や失敗という感覚よりも、
数十倍も数百倍もうれしいものです。

成功体験を積み重ねていけば
「俺ってダメ人間だな」
と思っていた気持ちも、

「やればできる」
「俺できるかも」

と自信へと変わっていきますし、
成長を感じることもできます。

ダメ人間から抜け出すためには無理をしないで
小さなことから成功体験を繰り返していくことで、

ダメ人間から徐々に抜け出せる可能性を
高めることができます。

 

3.やりたいことに全力投球をする

やりたいことは見つからないならいろいろと
チャレンジをしてみましょう。

例えばインターネットの依存症でダメ人間になっているなら
インターネットを使った仕事を探してみましょう。

好きなことの延長が仕事になればこんなに
嬉しいことはないですよね。

これはなんでも構いません。

さきほど紹介をし成功体験と同じで小さなことを
うまくやっていけばできることも増えていきますので、

ダメ人間から抜け出せる可能性も高いでしょう。

ダメ人間と思っているといつまで
たってもダメ人間のままになります。

そうならないためにも、自分を信じて
なんでもやってみることから始めていきましょう。

臆病に

「俺にはできない」
「私には無理」

この考えではいつまでたってもダメ人間のままです。

人間は可能性に満ち溢れています。

あなたもきっと同じですので自分を信じて、

小さなことからコツコツと成功体験を
積み重ねてくださいね。

スポンサーリンク

-人生
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.