自暴自棄になる

更新日:

自暴自棄になったことはありますか?

大なり小なり、人はだれでも自暴自棄を繰り返し、
そして乗り越えて成長していくもの。

そんな風に教えられたのは若い頃でした。

社会生活を送る中で、無駄に齢を重ね、

最近ようやくその意味が
判りかけて来たのかもしれません。

どうやら、人が成長する為には、
自暴自棄になるほど、物事に真摯に向き合う
必要がある場面があるようです。

自暴自棄

自暴自棄になったのは、
そうやって賢明に生きている
という証拠でもあるのです。

本日は
「自暴自棄になる」
ということを書き綴ってみました。



スポンサーリンク


自暴自棄とは

読んで字の如く、という言葉が
「自暴自棄」だと思います。

何か問題に直面した際に、
自分などどうなってもいい、

希望もなく、失望だけが矢面にたち、
ヤケクソになり投げやりな行動、
考えになることをいいます。

人は誰もが弱い部分を持っているもの、
たとえば、それが仕事であっても
人間関係であっても、

あらゆる場面で感情に身をまかせて、
自暴自棄になったこと、

自暴自棄になる気持ちは
全ての人が持ち合わせているものです。

特に、順風満帆で走って来た方は、
自暴自棄になる傾向が大きいそうです。

自己中心的な人、
プライドの高い人にも多いようです。

一度の失敗で自暴自棄から抜け出せず、
その解決方法をお酒に求めたり、
理不尽な行動や言葉でで表現したり、

自暴自棄の行き着く所は
とにかくマイナス要因でしかありません。

時には精神的な疾患にも繋がり、
見時から命を絶つなどという
最悪な結果となる方もおられます。

他にも、自暴自棄の原因には、
過去のトラウマや、忙しすぎて
疲労が積み重なり爆発してしまったりと、

誰もが持ち合わせている日々の暮らしの
積み重ねの中にあるということは
知っておきましょう。

 

自暴自棄の類語を見てみる

自暴自棄

更に自暴自棄を見ていきましょう。

何もかもが上手くいかないと思い込み、
現実を冷静に見れなくなる状態が自暴自棄です。

類語を見てみると

「失意」「捨て鉢」「やけくそ」「失望」
「絶望」「絶念」「捨鉢」「悲観」 「自棄」「やけっぱち」

書き出してみれば、これでもかと言わんばかりの、

マイナスな言葉、ネガティブな思考が
並んでいるのかがお判りいただけるかと思います。

幸せの定義は人それぞれだということを前提に、
「幸せになりたい」
と思い願うことは、

生きて行く意味、目的として、
誰もが生きていく上で持ち続けていると思います。

幸せになりたいと思うなかに、
ネガティブな自暴自棄な思考が
プラスに働くかどうか?

当たり前に考えて、ネガティブな思考からは
物事がポジティブに作用することは無い
と考えるべきです。

幸せになるには、
ます、それらに気づく必要があります。

言霊という言葉があります。

言葉には、一つ一つに力が宿っており、
良い言葉、思考は良い言霊となります。

当然、逆も然り。

自暴自棄な言葉や思考で行動を続けていて、
貴方が幸せになることが出来るのか?

当然のことですが、
ネガティブな自暴自棄な思考を
改める必要があるのは間違いなく、

一刻も早くその思考は消し去るべきなのです。

 

自暴自棄になるということ

自暴自棄

自暴自棄になる原因、
そして自暴自棄になった挙句に
人はどういうことになるか?

自暴自棄の果ては孤独な不幸が
見え隠れすることに、

気が付いていただければと思います。

 

自暴自棄と恋愛

あの時、もっと優しく出来たなら、
あの時ちゃんと自分の気持を伝えることが出来たなら、
あの時、自分がもっと頑張ることができたなら、

後悔と自責の念で、恋人が好きであればあるほど、
その恋愛が成就しなかった際には、
自暴自棄になる方がおられます。

恋愛に繋がる出会いが無い、
ということで自暴自棄になる方も多いそう。

よく言われることですが、
見返すつもりで自分磨きに精をだし、

気の置けない友人と話こんだり、
美味しいものを食べたり、趣味に没頭したり、

あとは日にち薬、時間が解決してくれること、
これも間違いありません。

家族や友人、自分の事を大事に思ってくれる人が
必ず側にいることを忘れてはいけません。

 

自暴自棄とうつ病

自己嫌悪という言葉を
皆さんもご存知だとは思います。

「こんな自分に嫌気がさした」

 


スポンサーリンク


 

そんな風に考え方が自己嫌悪です。

自暴自棄になる自分に対しての
自己嫌悪に度が過ぎて、

うつ病になってしまうという方が
少なくありません。

うつ病になる原因の一つに
自暴自棄があるともいえます。

自己中心的でプライドが高く、
これまで順調に歩んできた方が
何かの折に躓いて自暴自棄になることも多い

と書きましたが、
うつ病とて同じことが言えるということです。

見方を変えれば、自暴自棄も自己嫌悪、
これらが強い人ほど成長するとも
言われているのですから、

自分を責めずに脱出することです。

難しいことかもしれませんが、
失敗は自分のせいだと認めること。

得てして、上司や部下の仕事ぶりは
冷静に分析出来るものです。

自分自身の能力も認めること。

これこそ、自暴自棄の脱出方法、
自分自身が成長するための行動にも繋がります。

 

自暴自棄と病気

前項で紹介したうつ病だけではなく、
昨今の病気は自暴自棄になる方を
増やしているといいます。

癌を始めとする、
現代病と呼ばれる生活習慣病は、

自暴自棄になる理由としては
充分な原因となるようです。

自暴自棄となり、病気と向き合うことをせずに、
精神までもを病む人が後を絶たず、
失意の中病気が悪化するという悪循環です。

なぜ自分だけが?

特に病気を抱えている人は元気な人を見ると、
そんな風に思ってしまいます。

実は、私自身も大病を患った際に
経験した思考ですが、

どうしても人と比べてしまい、
何もかもが嫌になってしまうという風に
進んでしまうのです。

なぜ同じように暮らしているのに自分だけが?
そんな風に思ってしまうのです。

「人は人、自分は自分」

という考えを元に、自分の問題と他人の問題
をきっちりと整理するべきでしょう。

病気の場合は一刻を争う状況も
珍しく無いわけですから。

 

自暴自棄と仕事

仕事に対しての自暴自棄もまた、
経験された方も多いのでは無いかと思います。

失敗を叱責されたから、
もうこんな仕事はしたくない、

責任感が強く、全力で取り組む方ほど、
自暴自棄になる方が多い傾向があります。

信頼出来る上司は?
何でも話すことの出来る同僚は?

彼らに相談しては如何でしょうか?

そんな奴居ないから辛いんだ、
という声が聞こえて来そうですが、

自分ひとりで抱え込んでしまわずに、人に頼る、
人と付き合うということは、

大切な幸せになるスキルだ
ということも思い出しましょう。

 

自暴自棄の心理と対処

自暴自棄

先にも書きましたが、自暴自棄になり、
悪い方向へ進む人には
ある特徴があるといわれています。

・自己中心的な人、
・プライドの高い人、
・順風満帆で走って来た方

などが一番に挙げられます。

自己中心的な人というのは、
思い通りにならないことが許せない、
そんな思考を基本に持っています。

プライドの高い方も、順風満帆で走って来た方も
自分の失敗を認めることができません。

挫折や失敗を「なぜ自分が」とは思わずに
冷静に対処することで乗り越えて行く事は

自分自身の幸せに繋がることなんだと
強く意識することです。

なぜ自分だけがと、回りを恨み、嫉妬し、
更に自分自信を責め続けたあげくに

一体どういうことになるかといえば、
気がつけば、自分の回りには
誰も人が居なくなってしまいます。

仕事関係の人間も家族も全てです。

嫌な臭いを発する物の回りに
人が集まることはありませんから。

人は人に寄り添って生きていくものです、
一人では行きていけないことに気づきましょう。

 

自暴自棄の人にかける言葉

最後に、自暴自棄の人にかける
シンプルな言葉を紹介しておきます。

ただし、気を付けたい事があります。

うわべだけの言葉は逆効果にもなりかねません。

あくまでも、問題を解決するのは本人だということ、

「あえて、関わらない」
「あえて、何も言わない」
「あえて、知らない振りをする」

当人にとって必要なのは
信頼して相談してくれた貴方の
たった一言かもしれないということは
忘れてはいけません。

・大丈夫か?
・大変だったな
・今まで頑張ってきたもんな
・心配するな、お前のことは信用している
・話をしてくれてありがとう

見守ることも、大切だということは、
友人として、同僚として、身内として

言葉以上に必要な場合もあるということです。

黙って側に寄り添うことと言うのは、
一番難しいことかもしれませんが。

スポンサーリンク

-ストレス, 人生, 人間関係
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.