コミュ障におすすめの仕事

投稿日:

コミュ障

コミュ障という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は人との関りを
苦手としている人のことを言います。

「人付き合いが苦手。」
「コミュニケーションがうまく取れない。」

というように悩みを持っている人もいますので
ここではコミュ障について書いていきます。



スポンサーリンク


コミュ障とコミュニケーション障害は違う?

コミュ障という言葉と
コミュニケーション障害という言葉があります。

この2つはよく似ているのですが、
実は全く違うものですので
2つの特徴について
紹介をしていきましょう。

コミュ障とは、
人とのコミュニケーションを
図ることを苦手としていて、

話すことはもちん、
あがり症でみんなの輪に入っていくことも
苦手としています。

男女に関係なく
症状としては出てきますが
もちろん人付き合いが苦手なので、

恋愛もうまく発展しない
というのはコミュ障の
あるあるといえますね。

コミュ障

コミュ障の場合は
考え方や気持ちの面で
自分を変えていく努力をしていけば
変えることが可能ですので
治し方はあります。

原因は不明な点も多いのですが、
人に嫌われなくないという
気持ちを持っている人が多く

嫌われたくない。
それならばあまり話さない。

という選択肢になり
コミュニケーションが苦手と
なってしまいがちです。

それに対してコミュニケーション障害は
人が苦手、話すのが苦手というのではなく
本当に病気として存在をしています。

主に幼少期や小児期、青年期に
発症をする病気といわれていて
心の障害といわれていますね。

幼少期に
コミュニケーション障害を
発症をすると、

症状がひどい場合には
失語症や言語障害、どもり症、
声の障害、言語発達の遅れなど

様々な症状を引き起こすと
言われています。

最近は青年期になってからも
コミュケーション障害を引き起こす人が
多くなっているため
社会問題になりつつありますね。

他にも
「不明な言動を頻繁に繰り返す」
「他の人は共感しにくいこだわりを持っている」
「他の人と関わりたがるが会話の
キャッチボールにならない」

などの症状が多いです。

話す能力や自分の意思をや態度を
伝える能力は年齢相応まで身についていない
ケースも多いため言葉の間違いが
多かったりすることも見られます。

発症をする原因はいろいろとあるのですが
心にショックを受けることで
発症する人が多くなっており、
中には先天的に脳の障害のある場合も
あるため一概に原因をいうものを
定義するのは難しいです。

コミュニケーション障害は
主に2つに分類をすることができると
言われていて、

身体的な障害である聴覚器官や
発声器官の発達が不十分な状態な人もいれば、

精神的障害もあり、
先天的な人の場合は
自閉症スペクトラムを含んでいる
ケースもあります。

このようにコミュ障と聞くと、
コミュニケーション障害と
混同をされやすいのですが、

コミュ障は苦手な部分があるけれども
考えや行動で何とかなるレベル。

対してコミュニケーション障害となると
治療をしていかなければならない
レベルとなっていますので

そこにも大きな違いがありますので
理解をしておきましょう。

コミュ障におすすめの仕事

もちろん、頑張ってコミュ障を
克服をしていけばより良い仕事に
就職できると思いますので、

そこを目指して頑張ってみるのも
良いと思いますね。

でも、無理をして体や心の部分で
しんどくなる可能性があるのなら

無理をする必要はないので
自分の気持ちによって
出来そうな仕事を選んでください。

工場で働く

コミュ障

工場で働くということをすると、
単純な作業を黙々とするような
仕事が多いため

人とほとんどコミュニケーションを
取らなくてもよくなります。

そのため、コミュ障の人にとっては
最適な仕事
となりますね。

基本的に会議や飲み会と呼ばれる
集まりも少ないことから

人とうまくコミュニケーションを
取らなくてもうまく仕事を
やっていけます。

しかし、工場の仕事というのは
本当に時間をきっちりと
守られている仕事なので

どうしても休憩時間や
作業の効率化を図るための
最低限のコミュニケーションは
必要となりますので
そこは理解をしておきましょう。

工場で働くメリットとしては、
雇用形態もいろいろとあって、
正社員、契約社員、アルバイト、
パートなどいろいろありますので

自分のさじ加減で仕事をすることもでき
人手不足で困っている工場は
多いので採用もされやすいところですね。

デメリットとしては、
レーンの中の1つの部分の仕事をする、
袋詰めやねじを締めるなどの
単純な作業を延々と
し続けなければならないという点です。

コツコツを仕事をしていけない
タイプの人はあまり向いていません。

また、そのような単純作業は
誰にでもできる仕事なので
給与は低いのもネックといえます。

コミュ障の人にとっては
最低限のコミュニケーションだけでよい
というのは大きなメリットといえますね。

ネットビジネス

ネットビジネスは基本的には
パソコンを使って行う仕事となるので

人と話をすることもなく
仕事が可能
となっています。

 


スポンサーリンク


 

そのため、人と会う、人と話す
などはないのが基本なので
コミュ障の人にとってはメリットも
高い仕事といえるでしょう。

ネットビジネスは連絡も
メールもしくはチャットでの
やり取りとなりますし、

自宅から出る必要もないため
一切人と会わないで仕事をしたいという
場合は大きなメリットがあるといえます。

しかし、コミュを克服したい、
人と普通に話せるようになりたいと
いうこと場合には

ネットビジネスはネット内での
仕事なりますので不向きすね。

その点も踏まえても
ネットビジネスをやりたい
という人のために、
ネットビジネスについて
いくつか紹介をしていきます。

アフィリエイト

コミュ障

ネットビジネスの定番と
言われている仕事です。

別名、広告代行業と呼ばれている仕事で
ホームページやメルマガなどを作り、
そこに広告をはり収入を得る
仕事となっています。

もちろん簡単ではありませんが、
作業をし続ければ
収入も大きくなる可能性を
秘めているビジネスです。

アフィリエイトの中でも
サイトアフィリエイトは
コミュ障の人にとっては良い
です。

外に一切顔を出す必要もないですし、
インターネットの世界に
自分でホームぺージを作成して
広告を張る方法なので
基本コミュニケーションは必要ありません。

稼げる金額も月に数万円~数百万円と
夢のある仕事ですが、
月に5000円も稼げない人が
世の中の95%と言われている
仕事ですので理解をしておきましょう。

転売ビジネス

商品を安く購入して、
それと高く売るビジネスです。

これも購入者とのやり取りで
人と会うことはなく、

基本的にはメールでの
やり取り
となりますので
コミュ障の人にとっては良い仕事です。

商品を仕入れるノウハウなどを
手に入れるために
しばらく勉強は必要ですが、

そこをクリアすると
月に10万円~20万円くらいは
収入をして手に入れられる仕事と
なっています。

WEBデザイナー

こちらはホームページをデザイン
もしくは作成を行うビジネスと
なっていますね。

仕事を手にいれるために
本来ならば営業かけに訪問を
しなければならないのですが

コミュ障の人は苦手な人なので、
クラウドワークスを利用して
仕事を手にいれましょう。

そこで仕事ができれば
あとはネット内でのやり取りと
なりますので人と基本的には
会うことなくメールやチャットで
いろいろな意見交換も可能です。

仕事になれば
1件50万円など大きな収入に
なるのですが、

ネット内では同じように
WEBデザイナーの人が多いので
仕事を取るまでは大変だと思います。

ライティング

これは、依頼主から希望の
記事を書くという仕事になります。

例えば「脱毛サロンの感想で2000文字」
という感じでクラウドワークス内には
たくさん依頼されています。

その中から自分がかけそうな記事を選んで
書くことで収入になります。

相場は1文字1円~2円程度と
なっていますので、
自分のライティング技術によりますが、

文字がとにかくたくさん書けるならば
ライティングはおすすめです。

ネットビジネスの一部を紹介しましたが、
コミュ障の人にとっては人と
会うことなく連絡はすべて
メールやチャットで完了しますし、

普通に働くよりも大きな収入を得
ることができる可能性も高いです。

しかし逆にまったく
収入にならない可能性もあります。

そこは理解をしてネットビジネスに
臨んでください。

派遣社員

コミュ障

もちろん人付き合いが
基本は苦手なので、

できるだけ人と会うことのない
仕事をいつも選ぶようにしても
良いでしょう。

派遣といっても普通の会社に
派遣社員として行くと頻繁に
コミュニケーションを取らないと
いけないため

気持ちの面でしんどいだけなので、
それならば毎日単発で誰でも
できるような仕事を紹介してもらうと
良いかもしれないですね。

派遣社員の場合は勤務先が決まっても、
期間が来るとその場で終了となることから

人間関係を深めて円滑に
仕事を進めたりするという
必要もないですし、派遣社員は
大きな責任のある仕事もないです。

人とあまりかかわらなくても良いですし、
良い人間関係が築けたならば

そのまま契約を継続して
もらえるようにお願いをしたり
その会社に正社員で雇用をしてもらえるように
お願いしてみても良いでしょう。

もちろん雇用は不安定、
収入は少なめという
デメリットはありますが、
その分自由に仕事を変われると
いうメリットはあります。

アルバイト

これも気軽に仕事ができるという点で
人とのコミュニケーションが
苦手という人にとっては効果の
あるものとなっています。

基本的にずっとそこに勤務をしなければ
ならないという決まりもない点は
大きなメリットなのですが、

あまりにも不安定で収入も
安定しないという点が大きな
デメリットといえます。

職人の仕事

例えば、黙々と人と話すこともなく
日本の伝統文化のものを作る

いう方法があります。

師匠とはうまく人間関係を
構築していかなければなりませんが、
師匠も寡黙な人が多い世界ですので

頑張って人間関係を築いていく必要も
ないですのでコミュ障の人にとっては
メリットのある方法です。

ただし、師匠とは人間関係を
築かなければ教えてもらうということも
できなくなりますのでそこは注意が
必要ですね。

以上がコミュ障の人に
おすすめの仕事となっています。

もちろん人間関係は苦手なのですが、
自分の気持ち次第で治すことも
可能ですので、
まずは仕事について
考えてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

-人間関係
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.