ブラック企業とは?その特徴と注意点 固定残業代の仕組み

投稿日:

ブラック企業とは何か、
どんな会社をブラック企業というのかは
定義が無いのが実情です。

ブラック企業

テレビやメディアでもよく耳にするし、
日常会話でもブラック企業という
ワードはよく聞くし

「うちブラックだから」
なんて言う人も多いです。

そんな風に軽く聞くワードという反面で、
ブラック企業に身を置き心身をボロボロに
しならが、異常なプレッシャーのなかで
長時間労働を強いられている人が現実に居ます。

ブラック企業に定義は無くても、
特徴はあるのでブラック企業の特徴を知って、
取り返しがつかなくなる前に対応しましょう。

ブラック企業の特徴

ブラック企業は、
そもそもが労働基準法を守ってません

というか、「全ての経営者が労働基準法を
細かく理解しているか?」というと
理解していない経営者が多いです。

知らなくても会社は作れるし、
雇用に関する手続きさえしていれば
人を雇うこともできます。

「知らなかったら守らなくていいのか?」

↑これはもちろん違います。

どんな法律でも知らなくても
法律を犯せば罰則を受けます。

ただ、労働基準法に関しては法律違反があって
即罰則になるかというと、通常はなりません。

罰則を課せられる前に、是正勧告を受けます。

残業代の未払いでも、遡って支払えば
罰則を受けなくて済みます。

そんな実情ですから、ここでは
「労働基準法では●●」という細かい解説ではなく、
大まかな特徴を紹介します。

長時間労働・残業の強要 休みが極端に少ない

労働時間は1日8時間・週40時間が基本です。

ただブラック企業でなくても、
この時間が守られている企業は多くありません

だからってそういう会社が「全部ブラック企業か?」
というとそうではないです。

目安は1ヶ月で45時間です。

この数字を越える残業が当たり前で、
週休1日も当たり前で、その休みすら
飛ぶことが多々ある場合は明らかにおかしいです。

自分の仕事は終わっても上司・同僚が
忙しそうにしていて、帰ろうとすると
白い目で見られるような職場は要注意です。

具体的に以下のようなケースが多いです。

  • タイムカードを打刻した後に残業している
  • 勤務時間が自己申告制だったり正確に管理されていない
  • 実力・実績が無いのに管理職にされる(管理監督者は労働時間・休日の規定適用外)
  • 有給休暇が無い・使わせてもらえない

給料を下げられる・昇給が無い・残業代が支払われない

仕事のミスやノルマ、売上によって
どんどん給料を下げられたり、
年次の昇給が全くない、若しくは
微々たる額なのはおかしいです。

基本給は基本的に簡単には下げられません。

一方的な減給は実は違法なんです。

減給は労働者と使用者の合意が必要です。

減給できる額も限度が決まっていますから、
勤務態度・業績で軽々しく給料を
下げられるのはおかしいと考えましょう。

昇給に関しては会社の業績にもよりますし、
一概に「年に●●円以下はブラック」とは
言えません。

他に

  • ボーナスが全くない
  • 基本給が異常に低い
  • 残業代が支払われない

などもブラック企業の特徴です。

固定残業代制で基本給と残業代の額が曖昧

ブラック企業の残業代込み(固定残業代制)の仕組み

残業代込み(固定残業代制)は、ブラックではない
一般企業の多くも取り入れている制度で、
「みなし残業」とも言われます。

この制度は働く側にとって不利益になりやすい制度です。

ブラック企業

運用する側の誤解若しくは、確信犯的な
使い方によって、会社側の賃金削減の方法の
ひとつとなり問題になっています。

そしてブラック企業がよく使う手口のひとつです。

固定残業代制のシステムを理解していないと、
自分の給料が正しく支払われているのかどうか
分かりません。

出来れば求人を見る段階で、
固定残業代制を正しく理解し、
不利な条件で採用されないようにしましょう。

しかし、ブラック企業の場合、入社後に
「実は給料のうち●●万円は残業代だから」と
知らされるケースもあります。

応募前に分からないのであれば、
面接で残業代について聞くことも、
入社後のトラブルを減らすために大切です。

もし、今働いている会社の残業代込みの給料が
おかしいと感じたら、就業規則や賃金規定、
雇用契約書を確認したり、

言いにくいでしょうが人事・上司・経営者に
確認することも必要です。

固定残業代がいくらかわからない

求人に「残業代込みで30万円」と書かれていたら、
「残業あるけど月30万なら良いな」と思いがちですが、

実際に基本給がいくらで、
残業代込みの分がいくらなのか分かりません。

残業代込みの場合、固定残業代の金額と
時間を明示
しなければいけません。

そして就業規則や雇用契約書に記載して
従業員に周知しないと固定残業代は導入できません。

ですから、

「みなし残業の金額、時間数がわからない」

という時点でおかしいわけです。

固定残業代を超えた残業代・休日出勤分を払わない

「残業代は固定だからどんなに
残業が多くても追加はない」というのが
ブラック企業がよく使う手です。

そして多くは前項で紹介しているように、
給料に含まれる固定残業代の金額と
時間について知らされていません

働いている人も、そこを明示しなければ
いけない(=自分が知らない事がおかしい)という事を
知っていなければ、延々とサービス残業を
続けなきゃいけなくなります。

また、就業規則や賃金規定で、固定残業代について
時間外手当なのか休日労働手当なのか、
それが何時間分なのかも規定していなきゃいけません。

時間外手当だけの場合、固定残業代に
休日出勤分は含まれませんから、
追加で支給しなきゃいけません。

もちろん、時間外手当分で規定された時間を
超えた分も追加で支給されます。

残業代込みの時間以下だから払わない

「残業代込みの時間に足りないから
固定残業代をカットする」
のもダメです。

仮に「30時間分5万円の残業代を含む」という
給与形態で、1ヶ月の残業が20時間だった場合でも
30時間分5万円を支払わなきゃいけないのが
固定残業代制です。

35時間になれば5時間分の追加も
払わなきゃいけません。

計算すると残業代の時給が低すぎる・最低賃金を下回っている

例えば給料が20万円で、そのうち5万円が
固定残業代だとします。

基本給が15万円ですから、所定労働時間が
168時間(8時間/日×21日)だと時給換算で
893円になります。

東京・神奈川以外では最低賃金を上回ります。

しかしこの5万円の固定残業代が
60時間分の残業代という規定だったとすると、

5万円÷60時間で時給833円になります。

残業代は25%の割り増しですから
893円×1.25=1,116円でなければいけません。

となると60時間分といっても44.8時間分にしかなりません。

固定残業代が多く基本給が低い場合は、
最低賃金を下回る場合もあるので
自分で計算してみてください。

パワハラ・モラハラ・セクハラの常態化

ブラック企業

ブラック企業は各種ハラスメントの宝庫です。

言葉は悪いですが、
社員と共に成長しようとは考えていません。

使いやすい駒に仕立てて、
使えなくなったら捨てるという考えの会社です。

試用期間・研修で事あるごとに
些末な事で怒鳴られて人格を傷つけられたり、

「辞めさせる」と脅されたり、クリアできない
無理難題を押し付けられ連帯責任を取らされるなど、
叩きのめされて上司に服従する気持ちを植え付けられます。

実際の仕事が始まってからも、絶対服従の
システムは変わらず、少しでも「使えない」と
思われると、自主退職するまで追い込まれます。

社員の入れ替わりが激しく常に求人を出している

常に求人を出しているのも
ブラック企業の特徴のひとつです。

いくら人材不足とは言っても、中小企業が
年中求人を出していて、応募が無いなら別ですが
どんどん採用しているとしたらおかしいです。

裏を返せば「どんどん辞めていっている」から
求人を出しているわけです。

また、一度に大量に募集している企業も
注意が必要です。新規事業所の設置などなら別ですが、
そうでないのに減る事を見越して20~30人を
採用しようとしているケースもあります。

ブラック企業の特徴【まとめ】

ブラック企業の主な特徴を紹介しました。

いかがですか?
自分の会社はブラックだと思いましたか?

全てに当てはまらなくても、いくつかだけでも
「そうそう、これある!」と思う点が
あったのではないでしょうか。

だからといって、「スグ辞める」という決断は
なかなか難しいと思います。

それぞれ貯えや背負ってるもの、年齢、スキルが
違いますし、求人倍率が高くなっているとはいえ
良い条件で中途採用の正社員で転職するのは
簡単ではありません。

そこで、よく考えてください。

「このまま今の会社で働いて未来はあるのか?」

というところです。

「未来はない」と思うのであれば、
転職に向けた準備を進めるのが大切です。

ブラック企業に勤めながら転職活動を
するのは非常に難しいですが、今と未来は
直結していますから、今を変えなければ
未来も変わりません。

転職サイトに登録して求人をチェックしたり、
ハローワークの求人も、ハローワークへ
行かなくてもインターネットから
閲覧することができます。

どんなことからでもいいので、現状を
打開するだめのアクションを起こしましょう!

スポンサーリンク

-仕事
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.