残業を100時間超えると過労死レベルの危険がある

投稿日:

残業を100時間と聞くと、
恐ろしいくらい毎日残業を
しなければなりません。

残業100時間

実は私も過去に働いていた会社が
ブラックのような会社であったため、

毎日のように残業をして疲れてしまい、
毎日家には寝るだけに帰る生活を
送っていました。

毎日5~6時間くらいは平均で
残業をしていたので、

単純計算で20日働くだけでも、
100時間は軽く超える計算になります。

しかも、平日だけでは
仕事も片付かないため
土曜日や日曜日など祝日にも
出勤をしていることがあったため、
毎月100時間は軽く超えていたと思いますね。

もちろん、その生活がいつまでも
続くわけではなく
この会社では結果的に体を壊して
退職という形になりました。

しかし、世の中には
もっと残業をしており、
月に100時間どころではない人も
多いと思います。

仕事をしていくうえで残業をしてでも
成果を残さなければならないときも
あるのですが、

体調を崩したり、
場合によっては過労死で
人生を仕事で棒に振る可能性もありますので、

ここでは残業100時間超えで
体に及ぼす影響や問題について
書いて行きたいと思います。

残業100時間超えでは普通の生活はできない

残業100時間

残業を100時間ということは
月に20日程度働くとした場合に
1日5時間程度は残業を
するということです。

朝の8時に出勤をした場合には
一日9時間労働となり、
そこからさらに5時間追加となりますので
早くても10時ごろに会社から
帰宅をするという形になります。

これを会社へ毎日行く時は
続けるということになりますので
身体への影響も大きくなります。

そこで残業を100時間するリスクに
ついて考えていきましょう。

疲労感が抜けない

残業をすると、
まずはこの状況は必ず
出てくることになります。

疲れが抜けない・・・

平日のほとんどは会社で
過ごすことになり、
朝ご飯を食べて家に出ると
ずっと会社にいる。

帰ってもお風呂にはいって
寝るだけという生活。

自宅には帰るだけとなりますので、
疲れが抜けることはなく
いつも疲れている状態になりますね。

疲労感がある状態でも
仕事をしなければならない状態になると、
さらに体を疲れさせることとなり、
結果的には過労で倒れたりする
可能性もあります。

疲労感を取るには休息も大事ですが、
週末に寝だめをしても
結局余計に疲れて
しまいます。

疲れているとついつい守りに
はいってしまいますが、
適度は運動をしたり、

ショッピングへ行ったりすると
気分転換にもなりますので
疲労感ととることにつながります。

しかし、疲れているのに
遊びすぎたりすると
余計に疲労感がたまり、
その1週間しんどくなってしまいますので
休息と遊びのバランスととりながら
体の調子を整えていきましょう。

集中力が欠如する

残業100時間

毎日のように残業をすることになるので、
集中力が欠けてきます。

集中力が途切れると、
結果的には仕事のクオリティも
下がることになりますし、
作業の精度やスピードも下がることに
なります。

その結果簡単な仕事で
ミスを連発したりすることになりますね。

集中力が切れている状態で
仕事をすることで、
ミスをする自分にイライラとしてしまい
余計に集中力を切らせることとなります。

その結果、さらにミスが増えるという
悪循環となってきます。

特に仕事が溜まっているときには
疲れていても休めない状態になりますので
いつまでたっても集中力は戻ってきません。

集中力は健康な状態で
元気な人間でも30~60分程度
と言われています。

しかし、ただでさえ月に100時間超えの
残業を続けている状態となると
体の状態は悪くなりますので
脳が疲れ始めます。

脳が疲れ始めるとさらに集中力が
落ちてくるということになりますので、
悪循環な状態ですね。

この悪循環から立ち直らせるためには
脳をいったん休ませるという方法しかありません。
集中力の欠如は疲労とした脳の影響が多い気ため、

・脳を一度休ませる
・脳に栄養を与える

こんな風に脳の疲労を回復させることで
集中力を回復させることにもつながります。

残業で疲れているときに
集中力が切れているならば
一度休息をいれるように意識を
していきましょう。

集中力は欠如している状態で
頑張って残業をして仕事をしていても
良い結果も出てこないです。

無理をして仕事をするならば
割り切って残業をせずに
帰って休息。

次の日から頑張るというように
切り替えるほうが良いかも
しれないですね。

朝起きれない

残業をしすぎて疲労としていると
体は休息を欲していますので結果的に
朝起きれない
ということになります。

朝起きれないのですが、
仕事に行かなければならないため
目覚ましのアラームで
強引に体を起こして
仕事へ向かうことになるでしょう。

朝起きれない状態が続くということは
体が休息を求めているサインとなります。

週末はしっかりと休息をとる、
1日くらい残業をせずに早く帰るなど
何らかの休息をとった方が
良いと思いますね。

慢性的な頭痛がある

残業100時間

疲れていると体のいろいろなところへ
影響が出てくることがあり、
慢性的な頭痛や疲れを感じる人もいます。

私は、残業続きの時は
この慢性的な頭痛に悩まされていて、

疲労感もありますし、
集中力も持たないため結構
大変な状態でした。

頭痛薬を飲んだりもしたのですが
効果はなく、
残業をしているための疲労が
原因だったようです。

慢性的な頭痛も疲労が蓄積した
身体が悲鳴を上げていることになりますので、
少しでも体をやすませることを
意識してみましょう。

めまいがする

残業続きで仕事ばかりをしていると、
なんだかふらふらとしてしまい、

結果的には身体がふわふわ、
外の周りはくるくる回っているように
感じる
こともあります。

これは残業による影響が大きく、
過度のストレスが原因で
自律神経の乱れによって
引き起こされるものとなっていますね。

なんだか浮いているような感覚に
なることもありますが、
めまいは身体がSOSを出している
サインとなります。

無理をしないで休息を
しっかりととることを
意識していきましょう。

精神的に不安定になる

残業を続けることにより、
疲れも抜けず
いつもしんどい状態になります。

しかし、その状態で
平常時と同じような対応をできる人は少なく、
精神的にも不安定になってくる人も
多いですね。

人にも優しく接することもできないですし、
いつもイライラとして
人に当たったりしてしまいます。

残業してこのままの状態になると、
うつ病などの精神病になる
可能性もありますので、

休息を取るなどして、
身体と気持ちを落ち着かせるように
してください。

残業100時間で健康診断へ行くと不調がでる?

残業100時間

残業を毎月100時間することにより、
正直メリットは何もなく

むしろデメリットの方が多くなって
しまいますので残業をして仕事をすることは
あまりおすすめしません

残業は美学という考えの
会社もあるのかもしれないですが、
将来を考えたときに
自分の体は何よりも大切になると思います。

会社のために、仕事のために
一生懸命頑張っていても、
身体を壊してしまっては元も子もありません。

身体が健康だからこそ、
あなたの仕事は成り立つと思いますので、
仕事も大事ですが
まずは体の調子を整えることを
意識していきましょう。

省令で事業主は
月に100時間を超える残業を行ったもので、
明らかに疲労の蓄積が認められ、

本人が申し出た場合に
は医師による面接指導を行うということも
決まっています。

年1回の健康診断ではなかなか不調は
見つからないですし、
もしかすると過労死など
手遅れになる場合もあります。

この省令にもありますが
労働者はあくまでも自分自身で
身を守らなければなりません。

そのためにも、残業が続いて
疲労も溜まっている状態ならば
「まずは医師へ行きたい」
と希望をだしましょう。

省令にもある通り
「本人が申し出た場合」と
記載がありますので

おかしいと思ったら
すぐに病院へ行くことを
オススメします。

仕事も大事ですが、
何よりも健康第一なので
残業もほどほどにしておきたいですね。

残業100時間で本当にもらえる残業代

残業100時間

残業を100時間する体への健康被害が多いですが、
唯一のメリットは残業代が
もらえるということかもしれません。

しかし、あなたの残業代は
きちんと支払われて
いるのでしょうか?

私は最初に書いたように
月に100時間以上の残業をしていましたが、
実際に支払われているのは普通に
月1万円程度の残業代でした。

毎月この状態であったため
さすがに上司に直訴をしにくと、

「私は残れとは一切言っていない」

という理由で
私の能力が低いために残業をしている
という扱いだったのです。

こんな風にならないためにも
月にもらえる残業代について理解を
しておきましょう。

法的には法定残業という仕組みがあり、
1日8時間、1週間40時間の
範囲を超えている場合の残業や

午後10時?午前5時まで
の深夜労働や休日出勤は
この法定残業というものに
含まれることになります。

例えば、月に20万円で働くことが決まっていて、
出勤日数は月に22日で
1日の労働時間は8時間という
一般の働き方で検証してみましょう。

この雇用形態で月にもらえる
お給料をまずは時給に計算をします。

すると、時給にして1136円となります。

法定残業はこの金額に
1.25をかけることになりますので
残業代にすると
時給は1420円という計算となりますね。

残業をすることにより、
1420円が100時間分となりますので、

結果的に月に14万2000円は
あなたの残業代ということになりますので
本来ならばもらえる資格があります。

最近は公務員でも
同じような残業をしている人が多いのですが、

国家公務員などは
国民のために働いていることから
労働基準法が適用されないケースも
あるようですで公務員の現実は
厳しいようですね。

残業を100時間することによる
メリットはお給料が増えるくらいですが、
現実的には全額をもらえない会社もありますし、
体調不良になるケースも考えられます。

もちろん、会社の罰則があり
労働基準法違反をした場合の罰則は
「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」
ということになります。

日本で少しでも残業が減ればいいですが、
法が適用されても
日本人はいつからまともに働けるの
でしょうね。

スポンサーリンク

-仕事
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.