仕事に行きたくないと思ったら病気になる前に読む思考整理法

更新日:

仕事に行きたくないと思う事は誰にだってあります。

問題なのはその度合いです。

仕事に行きたくない

これまた、仕事に行きたくない度合も
人それぞれで、誰だって少なからず思う事だから

周りの人に「実は最近仕事に行きたくなくて…」と
こぼしても「俺もだよ」「みんなそうだよ」と、
軽くあしらわれてしまうのがオチです。

そして、続く言葉は「甘え」「怠け」
「わがまま」「弱い」など、

「仕事に行きたくない」と言った人に対する
ネガティブな言葉です。

そうなると、

人と比較して「私はダメなんだ」という
思考になり更に気持ちが落ち込みます。

行きたくない気持ちをおして仕事に行っても、
モチベーションは上がらないし、
集中できないからミスするし、

どんどんドツボにハマってしまいます。

どうか「うつ病」などの病気になる前に
対処してください。

心を病んでしまうと元に戻すのがとても大変です。

転職して職場を変えても元通りに
働けなくなるかもしれません。

そこで、ここでは『仕事に行きたくないという
気持ちを整理する方法』を紹介します。



スポンサーリンク


仕事に行きたくない気持ちから現れる体のサイン

出勤前に仕事に行きたくないと思うと同時に、
いろんな体のサインが現れます。

仕事に行きたくない

・吐き気
・腹痛
・下痢
・胃痛
・発熱
・涙が出る
・不眠
・朝起きられない
・めまい
・頭痛
・蕁麻疹
・動悸
・イライラ
・だるい
・震え

これらのひとつではなく、
複合的に心身の症状として現れます。

これは実際に体験した人じゃないと
分からない辛さです。

朝だけの人もいれば、休みが終わる夜や、
毎日帰宅してからも次の日の事を
考えてしまって、これらの症状が現れる人もいます。

症状が現れないのは、連休前の晩と1日目だけ、、、。

そんな辛い毎日を送っているのは
あなただけではありません。

症状の辛さだけでなく、
周りに理解されない苦悩もプラスされますから、
本当に辛いと思います。

周りは理解してくれなくても、

世の中には
「仕事に行きたくなくて不調に苦しんでる人が沢山いる」
という事をまず知って下さい。

あなただけじゃありませんからね。

 

体調不良は体からの危険信号

「仕事に行きたくない」という気持ちが
体調不良という形で現れているのは、
体からの危険信号だと思ってください。

そのまま見て見ぬふりしていてはいけません。

精神科・メンタルクリニック・心療内科を受診してみましょう。

仕事に行きたくない

昔ほどうつ病が珍しくもないし一般的になって、
精神科などへの偏見も薄らいできましたが、

いざ自分が受診するとなると
「俺は違う」
と考える人は少なくないです。

体が「違くない」と言って危険信号を
出しているんですから、体面とか世間体とか
ポリシーとか言ってないで、受診してみましょう。

病気はなんでもそうですが、悪くなればなるほど
治るのにも時間が掛かります。

実は、腹痛・下痢・不眠など先に挙げた
症状自体が、仕事のストレスに
プラスされているのが今の状態です。

処方された薬で症状が治まれば、
それだけでストレスがかなり軽減されます。

もちろん、仕事も人間関係も何も
変わっていませんから「仕事に行きたくない気持ち」の
根本解決にはなりませんが、

「朝に下痢しない」「夜眠れる」というだけで、
これまで何も考えられなかった頭に少しだけ余裕がうまれます。

だから、精神科・メンタルクリニック・
心療内科などを受診してほしいんです。

別に恥ずかしい事なんかじゃありませんし、
先生はちゃんと理解してくれます。

 

仕事に行きたくないけど行くための考え方

仕事に行きたくないけど、
結局のところ行かなきゃいけないわけです。

なかなか、朝「今日は仕事に行きたくない」と
考えて「休んじゃえ」となる人は多くないです。

身体的・精神的な症状が明らかに出ている場合は、

病院へ行くのがベストな選択肢なんですが、
今日の今日病院へ行けるわけでもありません。

というわけで、今日のところは仕事に
行かなきゃいけませんよね?

ここでは、
「仕事に行きたくないけど行くための考え方」
をいくつか紹介します。

騙されたと思って試してください。

 

「とりあえず今日だけは」と考える

これは、ライトな仕事に行きたくない人向けの対策です。

毎日毎日憂鬱で憂鬱で心底辛い人は
読んでも無駄なので、次の方法を試してください。

月曜とか連休明けに「仕事に行きたくない」
と思ってしまったら、

「とりあえず今日だけは」

と考えて、余計なことを考えず淡々と準備をして
出掛けてください。

いつものルーティーンに乗ってしまえば
意外と「仕事に行きたくない」と
考えていたことも忘れてしまうものです。

どうせなら「もっと嫌な時」「本当に休まなきゃ
いけない時」休んだ方がいいですよね?

そんな風に考えて、とにかく余計なことを
頭から排除して準備して出かけてしまいましょう。

 

 


スポンサーリンク


 

いったん頭をリセットする

「仕事に行きたくない」と考え出すと、
それぞれ原因の悩みについていろいろと
考え出してしまいます。

こんな時、仕事や勉強しているわけでも
ないのに頭はアクセル全開でフル回転しています。

事実・現実だけでなく、予想・想像も
織り交ぜてどんどん悪い方悪い方へと
思考を膨らましてしまうのがこういう時です。

そういう時は、「あっ、ダメだ」と自分で
気付いて思考を止める必要があります。

フル回転で頭を使っていては、当然疲れますからね。

というわけで、
何も考えず椅子に座って手は膝に置き
体の力を抜きます。

目を閉じて呼吸に意識を集中させ、

お尻から腿の裏が椅子の
座面に乗っている感覚や
重力を感じましょう。

足の裏にも床材に触れてる感覚と
重力で押し付けられているのを
感じると思います。

呼吸は鼻でゆっくりと行い、
どうしても他事を考えてしまう
ようなら呼吸の数を数えましょう。

5分でも10分でもいいので、
考えない時間を作るのがとても大切です。

最初は難しいと思いますが、
続けると、気分を替えるための
スイッチとして簡単に使えるようになります。

マインドフルネスの本を読んでから
私も実践しています。

マイナス思考に
陥りそうになった時にとても効果的です。

これで一旦「仕事に行きたくない」気持ちを
リセットした上で、準備をして出掛けましょう。

途中でまた「仕事に行きたくない思考」が頭を
もたげてきたら、また同じ方法でリセットしましょう。

病院へ掛かったり、人に相談するまでの
繋ぎにはなると思います。

 

仕事に行きたくない原因を取り除けるか考える

次に仕事に行きたくないと
考える原因のストレスを取り除けるか考えましょう。

・仕事内容
・ノルマ
・上司・同僚との人間関係
・パワハラ
・モラハラ

などストレスの原因は人それぞれです。

 

問題点を分解・整理してみる

その原因を分解して整理してみることが大切です。

例えば、

上司のプレッシャーがキツイから
仕事に行きたくないのであれば、

今の状態だと
『上司がキツイ ⇒ 仕事に行きたくない』
と直結して考えているかもしれません。

仕事に行きたくないほどですから、
もう嫌いなんでしょうが、好き嫌いは
一旦置いといて俯瞰で見て、

「自分だけにキツイのか」
「何が気に入らないのか」
「キッカケは何だったのか」
「どういう人にはソフトに対応するのか」

など、嫌いでしょうがなくてもよく観察して、
本意じゃなくても上司に自分を寄せる事で
態度が変わるかもしれません。

自分だけじゃなくてみんなに
同じ態度だったとしたら、

同僚と食事に行って聞いてみると、
人の目線でも話が聞けるかもしれません。

なかなか難しいですが、
ストレスの原因を分解整理して、

ひとつずつ潰す策を実行していけば、
解決に向かう可能性もあります。

 

自分目線で将来について考える

正直言って、ストレスの原因は
取り除けない・改善できないことが多いです。

人間性に問題のある上司や先輩、
ブラック企業的な体質や、すでに
自分の体調不良が限界に達している場合は、

・部署移動
・求職
・転職
・辞める

という方向で考えましょう。

今の仕事が苦しみ以外何もないし、
改善策も見つからないのであれば、
苦しみ続ける必要はありません。

心を病む前に決断しましょう。

その時大切なのが「自分目線で将来を考える」という事です。

今の会社が嫌で嫌でたまららないわけですから、
辞めれば解放されてスッキリします。

しかし辞めた途端、転職活動中のお金のこと、
次の仕事のこと、将来のことが頭を悩ませます。

「今の会社を辞めたいから」
というスタンスではなく、

「自分がどうなりたいか」
というスタンスで将来を考えましょう。

辞める・職場を変える事を
目的にすると、仕事内容は二の次で
会社を選んでしまいがちになります。

そうではなくて、

・自分が何をしたいのか
・何が出来るのか
・譲れない条件は何なのか

を冷静に考えて、失敗しない転職活動をしましょう。

最後にひとつ。

辞める・転職する前に「家族の理解」だけは
得ておきましょう。

家族の理解なく転職するのは
余計なトラブル・ストレスの種になります。

家族を説得するのも転職の
欠かせないステップのひとつです。

 

【まとめ】

「仕事に行きたくない」と思い始めると、
周りが見えなくなって「仕事に行くか、
行かないか」しか見えなくなってしまいます。

この2択で悶々としていては、解決策には
たどり着きません。

何かアクションを起こさないと現状は変わりません。

病院へ行くことだって大きな一歩です。

病院じゃなくて家族でもいいです。
誰かに話すだけで何か気持ちが変わるかもしれません。

耐え続けるだけでは解決しない事ですから、
何からでもいいのでひとつ始めてみましょう。

一番大切なのは会社じゃなくて自分という事を
お忘れなく。現状の何かが変わることを祈っています。

スポンサーリンク

-仕事
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.