仕事辞めたい30代が辞める前に必読のポイント

更新日:

30代の男性が
「仕事を辞めたい」
と本気で考え始めた時、

辞める前にするべき3つの事を紹介します。

転職自体は
珍しい事じゃなくなっていますが、
転職は少なからずリスクを伴います。

また、転職に成功する人・失敗する人の
行動は明らかに違います。

仕事やめたい

もし、
「とりあえず辞めてから考えよう」
と考えている方は要注意です。

「みんなそうだろう」と思っていても
実は在職中に転職活動を始めている人が大半です。

耳の痛い話かもしれませんが、
最後まで読んで実践してください。



スポンサーリンク


仕事辞めたい 30代の転職活動の現実

「辞めてからしばらくは
ゆっくりしてから転職先を探そう」

と考える人も多いですが、

絶対に「会社を辞める前に転職先
決めちゃった方が良い」です。

ただ、現実には朝早く夜遅い仕事や、
時間管理・業務管理が厳しい会社では、
働きながらの転職活動が難しいケースも多いです。

転職エージェントに登録しても、
面談はおろか電話の時間すら取れません。

そんな会社では辞めてからじゃないと
転職活動は無理でしょう。

決められなくても、無い時間の中でも
転職活動を始めて自分の市場価値や、

自分に合った求人がどれくらいあるのか
くらい知っておかないと、

辞めて少しでもゆっくりして
腰を上げて驚愕することになります。

なぜ働きながら転職活動した方が
良いのかを具体的に紹介します。

 

会社はブランクがある事を嫌がる

自分に置き換えて考えてみてください。

GW・お盆・年末年始など
1週間~10日程度の連休でも、

連休明けに戸惑った覚えはありませんか?

  • モチベーションが上がらない
  • 作業効率が悪い(手が動かない・頭が働かない)
  • ルーティンワークに時間がかかる

勤続中の会社の連休明けでも
違和感を覚えるのに、

ブランクのある人が新しい会社に入って、

辞める前の仕事と同じ
クオリティが即発揮できるわけがありません。

 

条件提示で足元を見られる

働いている人が面接に来て
「すぐ来てもらいたい」
と評価した場合と、

会社を辞めた後の人で、
しかもある程度
長いブランクがあった場合で、

どっちが条件交渉に有利かと言えば
言うまでもありません。

明らかに前者「働いている人」です。

そもそもブランクがあることで
一歩出遅れていますし、

ブランクがあると
「早く決めたいと思ってる」
と採用する側が考えるのは当然です。

会社側はコストを抑えたいと
考えるのは当然ですから、

「足元を見る」

というのは語弊があるでしょうが、
自然とそうなってしまいます。

焦って条件を下げてしまう

仕事を辞めてから充電期間と称し、
趣味や自分磨きに精を出し、

「そろそろ就職活動しようか」

と思って活動を始めると、

想像以上に成果が上がらず、
転職エージェントからも色よい返事がない。

そんな時は誰しも、
「条件を下げた方が良いのかも」
と考えます。

こういう思考になると、

転職して
「キャリアを伸ばし、給料・待遇を上げる」
というのが本筋だったのに

「就職すること」

が目的になってしまいます。

内定が出ると条件は二の次で
受けてしまうことになります。

現実は仕事を辞める前より給料が低く、
労働時間が長い上にやりたかった仕事じゃない。

なんて最悪の結末になるケースも多いです。

自分を安売りしないためにも、
仕事を辞める前に転職先を決めた方が良いです。

 

仕事辞めたい 30代が最低限するべきこと

転職活動は、辞めたい会社の休みや
労働時間、勤務体制などで、

どうしても
「働きながらの転職活動は無理」
というケースもあると思います。

ただ、以下に紹介する2点だけは
やりましょう。

何事も「自分勝手」は禁物です。

 

家族に理解してもらっておく

30代の男性なら、
奥さん・子供のいる方も多いでしょう。

未婚の方も今後の参考になるはず
ですからスルーしないでください。

仕事やめたい

女性というのは基本的に
「現状からの変化に強い不安を感じる」
ものです。

「妻は私のやることに反対したことが無い」

と言う男性は少なくないですが、
だからって転職も賛成してくれるとは限りません。

仕事を辞めた後に

「辞めてきたから」

と言うのは言語道断です。

家族に応援されない転職ほど
失敗しやすい転職はありません。

転職活動に余計なストレスが加わる上に、
ブランク(給料がない期間)が少しでも
長引けばすぐに急かされます。

急かされれば、前項に紹介したように
自分を安売りしてしまうことに繋がります。

「働きながら転職活動してるから事後承諾でOK」

というのも間違いです。

「余計な心配をかけたくない」

という思いやりから話さなかったとしても、
転職が決まってから話すと、

「なんでこんな大事なことを相談も無しに決めるのよ!」

 


スポンサーリンク


 

と怒る女性が多いです。

財布の紐を奥さんが握っているなら、
家計の事は男性より奥さんが知っています。

男性が思っている以上に
お金は出ていっているし、
貯まっていないのが現実です。

転職については、考え始めた段階で
家族に相談して理解してもらわなきゃいけません。

良い転職先が決まっても、
夫婦関係に亀裂が入ってしまっては
元も子もありません。

 

円満退職する段取りを立てる

転職で多いパターンが、
同業界同業種への転職です。

業界は狭いですから円満退職していないと
悪い噂はすぐに広がります。

円満退職するのに大切なポイントは1つだけ。

「会社に迷惑をかけない」

これだけです。

例えば
「有給があるはずだから、もう会社に行きません」
と、充分な引継ぎをせずに退職するとか、

「どうせ辞める会社だから」
と、これまでの不満を吹聴して回ったりとか、

遅刻や仕事のクオリティが
著しく下がるなんてことはあってはいけません。

退職後に困らないように引継ぎをし、
有給消化や退職金、働いていた期間分の
ボーナスなど自分の権利を
主張し過ぎないのが大切です。

お世話になった方への挨拶も忘れず、

最終日には菓子折りをもって
「お世話になりました」
と頭を下げるくらいはしましょう。

転職で成功する人は辞め方も上手な人です。

業界・業種が違っても、自分の悪い噂なんて
立たない方が良いに決まっています。

 

仕事辞めたい30代のジレンマ

ここまで、仕事を辞めたい 30代に向けて
「辞めること前提」で転職活動の現実や
辞める前にするべきことを書いてきました。

ただ、まだ辞めていませんよね?

もう一度立ち止まって冷静になって
「辞めるべきなのか」
を考えましょう。

 

周りの影響で辞めたくなったのか

30代になると、周りに転職して前職よりも
給料や待遇が良くなった、

転職に成功した人が
チラホラ出てくると思います。

学生時代の友達や、同期や先輩後輩などです。

そういう人を見ると、
羨ましくなる気持ちは分かります。

仕事やめたい

「なんで自分だけ」
「俺だって出来る」
「あいつに負けたくない」
「チクショー」

いろんな気持ちが沸いてきて
乱されますよね。

分かります。

今まで何も感じなかった自分の仕事が
妙に詰まらなくなったり、

人間関係にいら立ちを
感じてしまったりします。

この感覚は要注意です。

転職に対する主導権が
自分ではなくなっています。

人は人、自分は自分です。

転職活動するのは自分だし
、実際に新しい職場で働くのも自分です。

給料が上がるのも下がるのも、
残業・休日出勤するのもしないのも自分です。

羨望の眼差しを送っている彼は
自分の人生には何も関係ありません。

あくまでも仕事を辞める・辞めないの
主導権は自分が持っていないといけません。

 

本当にやりがいが無いのか

30代は微妙な年代です。

20代前半のように、
何も知らない状態から全てが新鮮で
意欲的に働いているわけじゃないです。

仕事量・責任が増える割に、
給料はそれほど増えず、

毎日の仕事はそれなりにこなせてるけど
新鮮さが全くなく、
淡々と過ぎてい行く日々。

奥さん・子供が居れば休日も子供の行事や
習い事・遊びで消えていって、自分のために
使えない。

仕事だけでなく、色んな意味で
やりがいを感じられないと感じていませんか?

そんな退屈な毎日を転職で
切り替えようと考えているのだとしたら、
少し冷静になりましょう。

今の会社の仕事には本当にやりがいが無いですか?
新しい企画や切り口で仕事をしましたか?

やるだけやって、それでもダメなら
転職するというのもありですが、
漫然と仕事をしていて、

「やりがいがないから辞める」

ではいけません。

今の職場で「もうやり切った!」と
言えるほど仕事をした上で見切りを付けましょう。

 

副業を始めてみる

今の仕事に向けるモチベーションが
どうしても上がらないなら、
副業を始めてみるのもいいでしょう。

自分の力を試すいい方法です。

新聞配達やアルバイトで時給で
働くのは別ですが、

株・為替・不動産などの投資か、
ネットを使ったアフィリエイトなどの
副業なら初期投資が少なく始められます。

そして、ゼロから始めて今の自分の
給料を超えるくらい稼げるように
努力してみてください。

きっと想像以上に難しいことが
分かると思います。

すると、今の職場でもらっているお給料の
尊さが身に沁みて分かります。

それと、自分の実力も分かります。

【まとめ】仕事辞めたい30代の方へ

別に仕事を辞めること、転職することを
止めたいわけじゃありません。

なんでもそうですが辞めることは簡単です。

「辞めさせてください」

と言えばそれだけです。

辞めてしまってから
「辞めなきゃよかった」
と思ってもあとの祭りなんで、

一時の感情で突っ走ってはいけません。

転職に成功する人は、計画・準備・
段取りをクールにこなしている人です。

この記事を読んでくださった方の
「仕事辞めたい」
という気持ちがどういう方向か分かりませんが、
一歩進むことを願っています。

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.