「どうしても朝起きれない」を解決!スッキリ早起きテク9選

更新日:

みなさんは、朝起きるときパッっと目覚めることができますか?

寝起きが悪い、寝起きが良いなんて言い方もありますが
やっぱり仕事でも遊びでも、
どうしても「朝起きるのが苦手」という人、案外多いですよね。

朝起きれない


[adrotate banner="4"]

朝起きるのがとても辛い

お仕事などで絶対に遅刻が出来ない日に限って
前日の予定で寝るのが真夜中になってしまったり、

なんとなく寝れなくてスマホを触っていたら
気付けばこんな時間!なんてことも。

そんな時は

「もう寝ずにいようかな」
「寝るのが怖い」

なんていう健康的にも精神的にも絶対にダメな
選択をしてしまうことだってあります。

中には毎日23時には寝ているのにも関わらず
朝6時に起きるのが苦手なんていう、

しっかり睡眠をとったのにも関わらず
お寝坊さんを発揮してしまう人もいますよね。

・雨だったら低気圧で起きられない。
・冬場はどうしても布団から出ることができない。
・仕事が嫌で体が重すぎる。

などなどお寝坊さんにもさまざまな理由があると思います。

これは性格や体質だからどうしょうもない
そう諦めている人も多いかもしれませんが、

その悩みはちょっとした工夫やグッズを
使うだけで改善される可能性があるんです!

ここではその
"スッキリ起きるテクニック"
を紹介していきますので、

ぜひぜひ毎日の早起きの参考にしてみてください。

早起きにはたくさんのメリットがありますし、
お仕事もはかどりますよ!

 

1.生活リズムを見直してみる

まず最初に考えてほしいのが自分の生活リズムについてです。

早起きが出来ない人や寝起きが悪い人は、
生活リズムが整っていないことが多いのです。

毎日寝る時間と起きる時間をきっちり決めておく。
それを何か月も続けるだけで確実に朝起きる辛さは無くなります。

お休みの日は1日中寝ている。
お仕事をさぼってお昼寝。

なんてことをしていると、生活リズムが狂ってしまい
体が朝になっても起きる必要が無いと感じてしまうのです。

予定などで寝る時間が遅くなってしまうのは仕方ない事です。

ですが、きっちりと生活リズムを作っていれば、
なんとなく寝れないなんてことも無くなりますし、

気になるマンガの続きが気になったとしても眠くて眠ってしまいますよ。

 

2.毎日の朝食をちょっぴり贅沢に

お寝坊さんな人にとっては
「朝食を食べる時間があるくらいなら睡眠時間を少しでも伸ばしたい」
なんて意見の人も居ると思います。

でも朝食を抜くと健康面にも悪いですし、仕事もはかどりません。

しっかり朝食をとることは生活リズムを整えることにも繋がりますし、
なにかを食べることによって脳が完全に目を覚ましてくれるという効果も。

つまりお寝坊さんな人こそ朝食を食べる必要があるんです。

そうは言われても、朝から食欲なんて無いし。

と思うかもしれませんが、考えてみてください。
旅行先のホテルの朝食バイキングだとたくさん食べれたりしませんか?

つまりおいしいものやわくわくするものであれば、
朝食を毎日のちょっとした楽しみにすることができるんです。

起きてから考えるのではなく、
前日の夜次の日に食べる物を決めておいて寝る。

それだけで起きることに楽しみが生まれます。

一週間分を考えて購入して、食材を余らせたり腐らせてはもったいない!
なんて意識と連動させるのもいいかもしれませんね。

また、その為には
「朝起きたときにお腹を空かせておく」
必要があります。

あまり遅い晩ごはんや夜食を食べてしまうと
次の日の朝食べたくないとなってしまうので出来るだけ避けましょう。

ダイエットや美肌にも繋がりますよ!

ただし、お腹をいっぱいにしてしまうと
体が消化することに集中してしまい、

脳に栄養が十分に行き届かなくなり、
眠さに繋がってしまうので注意しましょう。

 

3.朝食の内容で目を覚ます!

朝食

朝食を食べた方がいいことについては
先ほど紹介しましたが、次は「食べる内容」についてです。

朝食の内容を少し考えてみて、眠気覚ましに活用しましょう。

まず最初におススメするのが「辛い物」です。

朝から辛いものを食べるのには抵抗があるかもしれませんが、
そんなに激辛!である必要はないので安心してください。

冷や奴にわさびを添えてみたり、
ご飯のお供にキムチを食べるだけでも十分に目覚まし効果があります。

特にわさびのツーンとした刺激は、
眠気を覚ますのにとても効果があるそうですよ。

朝カレーデビューをしてみてもいいでしょうし、
冬場はしょうがなんかを取り入れると
体も温まっていいのではないでしょうか。

次におススメなのが甘いものです。

辛い物と違い直接的に「目が覚めた!」
という効果は実感しにくいですが、
血糖値が上がって脳が活性化、前日の疲れも取ってくれるんです。

かといって、朝からケーキはちょっと無理!

という人はチョコレートやジャム、キャンディなど
取りやすい方法で糖分を摂取しましょう。

更に、朝からには少し抵抗があるかもしれませんが
揚げ物も朝食にはおすすめ。

脂っこいため消化するのに時間がかかってしまい、
胃腸の活動が活発になり目が覚めるんです。

揚げ物を朝から食べるのは絶対に嫌だ!なんて人は
お肉で油を取るようにしてみましょう。

ソーセージやベーコンなどのお肉でも
十分役目を果たしてくれますよ!

 

4.朝食のドリンクで目を覚ます!

朝食の食べ物の内容をおさえておけば、次はドリンクです。

お食事に合う物を用意するのはもちろんですが、
目を覚ます効果があるものを取り入れることも重要です。

まずおススメなのが酸味が強い柑橘系ドリンク。

レモンやライムはもちろん、グレープフルーツやオレンジなどの
柑橘系のドリンクを飲んでみてはいかがでしょうか。

柑橘系のさわやかな酸味が目を覚ましてくれますよ。

もちろん酸味だけで言えば梅干しやミントでもOKなので、
ミントや梅干しを使ったドリンクを
自分で作ったりしてもいいかもしれませんね。

次におススメなのが「炭酸飲料」です。

あまり朝から炭酸を飲むという気にはなりにくいですが、

炭酸水などのさわやかな刺激を取り入れることによって
優しく脳を目覚めさせてくれるんです。

炭酸水であればお食事の邪魔もしませんよ。

また、炭酸飲料の王道コーラには
糖分とカフェインも含まれているので、

目が冴えない日はコップに少しだけ飲んでみてはいかがでしょう。

そしてやっぱり一番のおススメは「カフェイン飲料」です。

定番はコーヒーですが、コーヒーが苦手な方は栄養ドリンクや
先ほども紹介したコーラ、紅茶などがおススメです。

お茶にもカフェインは含まれていますが濃い目の物の方が望ましいです。

 

5.目覚まし時計をグレードアップ!

みなさんは目覚まし時計を持っていますか?

最近はスマホでも話しかけるだけで
アラームを設定してくれたりするので、

スマホで目覚ましを設定しているという人がほとんどだと思います。

でもスマホのアラームは所詮スマホのアラーム。

販売されている目覚まし時計を見てみれば
その違いは一目瞭然なんです。

まず注目してほしいのが「音質」について。

音量に関してはスピーカーに繋ぐなどしていれば
上げることはできますが音質は変えることができませんよね。

好きな音楽にしたりすることが出来るのも
スマホの魅力ですが好きな音楽では目覚めやすさはいまいちです。

販売されている目覚まし時計はどれも
「ジリジリ」「ピピピ」「ガガガ」のような
嫌な音がするものが多くあの嫌な音だから起きれるという人も多いです。

一度家電量販店にどんな音質なのか確かめに行ってみましょう。

一番嫌な音を選ぶのが目覚めるポイントです。

また、最近の目覚まし時計は
少し変わったものも多く販売されています。

目覚ましにセットしてあるプロペラが飛んで
歩いて拾いそのプロペラを戻さないと音が鳴りやまない物や
ダンベルの形になっていて30回上げ下げしないと鳴りやまない物も。

特に効果がありそうだったのが

お札をセットして制限時間以内に起きれなければ
お札がシュレッダーにかかっていくという物。

恐ろしすぎます。

こういったものは慣れてしまうと解除をしてしまいがちなので、

何が何でも起きたいときに使う
非常用具として置いておくといいかもしれませんね。

 

6.香りを使って目を覚ます

人間にとって嗅覚はとっても大切な五感の一部。

その中でも嗅覚を使って目を覚ます方法は
体に負担もなくとっても効果的だと言われています。

アロマオイルなどを駆使して、
嗅覚から気持ちのいい目覚めを導きましょう。

おススメは

・グレープフルーツ
・ペパーミント
・レモングラス

などの柑橘系。

リラックス効果があるアロマオイルを選んでしまうと
返って眠くなってしまうので注意して下さいね。

寝る前から枕香りをつけたりするのは
眠りにくくなってしまうので逆効果ですが、

ハンカチにしみこませておいたものを置いておき
起きたらそれを嗅いだり、

朝起きてから行くリビングなどに
その香りをつけておいてから眠るなどするといいでしょう。

 

7.朝風呂を習慣づける

シャンプー

女性であれば朝お風呂に入るという人も
多いかもしれませんが、男性ではなかなかいませんよね。

でも朝お風呂に入るということは、目覚ましにとっても効果的。

お気に入りのシャンプーの香りやボディーソープの香りなどで
リフレッシュすることもできます。

メンソール系のボディーソープなんかを使えば
体がスーッとして目もぱっちり冴えます。

可能であれば浴槽に熱めのお湯を張って
先ほど紹介したアロマを2、3滴垂らし数分浸かるといいでしょう。

目覚めの効果は抜群ですよ。

その際に気にしてほしいのが「お湯の温度」です。

42度以上の熱めのお湯というのが理想で、

熱いお湯であれば熱いお湯であるほど
神経が刺激されて集中力がアップ、目覚めに繋がるんです。

しかしこれは続けないと意味がありません。

「お風呂は夜寝る前に入るもの」
と体が認識している人も多く
お風呂に入ると逆に眠くなってしまうという人も居ます。

でもそこをグッと我慢して続けていればその認識は
「お風呂は起きるときにも入るもの」
と変わってくるので更に目覚めの効果もアップしていきますよ。

朝お風呂までの時間を作りたくない。

髪の毛を乾かすのにかなり時間がかかる。

なんて人は、
洗顔や汗ふきシートで体を拭くだけでも目覚めの効果があるので
こちらを試してみてください。

 

8.すぐ試せる「深呼吸」が意外と効果的!

いつでもすることができるけど
そんなにする機会がない深呼吸。

大人になってからは病院で
「深呼吸してください~」
なんて言われる時以外あまりするタイミングってありませんよね。

でも実はこの深呼吸が眠りから目を覚ますのに
すごくいい効果を発揮してくれるんです。

口から吸って鼻から吐く。

この単純な作業が目覚めには効果的で
ボーっとした脳に酸素が行きわたり
神経が刺激され、目が冴えてくるんです。

何度か繰り返すことによって
より効果を得ることができますよ。

この方法は今すぐにでも
試すことができる方法ですので、
ぜひ頭の片隅に置いておきましょう。

朝だけではなく急に眠くなったときなどにも使える対処方法です。

9.モーニングコールのサービスがある?

スマホ

目覚めるために重要なことの1つに
「人と話すこと」があるのを知っていましたか?

人と話して声を出すことも目覚めには重要で、

自分が何を話そうとするかを考えたり
相手の会話の内容を理解しようとすることによって脳が動き出すんです。

誰かにモーニングコールを毎日頼めればいいのですが、

相手が忘れてしまう可能性もありますし
相手にも迷惑になっていまうかもしれません。

気の知れた相手からの着信
取らずに眠ってしまう可能性だってありますよね。

そんな時に便利なのがモーニングコールのサービス。

二度寝予防で何度も確認してくれるコースなんかもあります。

知らない人からなので取らないといけない意欲も生まれますし、

なんとその日きっちり起きれたかどうか
家族に通知が行ってしまうなんていうサービスも。

時間設定は自由なので、起きる時間と家を出る時間
どちらも設定しておいて完全にサポートしてもらったりすることも可能です。

ここぞというときに使ってみてもいいかもしれませんね。
料金は毎月2500円~程度で意外とお財布にも厳しくありません。

 

早起きは三文の徳

会社に遅刻しない・約束に遅刻しないというのは大前提です。

そうでなくても早起きをするようになれば
朝の時間を有効に使うことが出来たり、

肌の調子が良くなったり、体調不良や気持ちの不安が改善されたりなど
とてもいいことがたくさんあります。

朝が辛くて会社が嫌だ、転職したいなんて考えている人も
早起きが出来るようになればそんな悩みも消えてしまうかもしれません。

夜更かしも楽しいですが
早起きをできるようになる人生はもっといいものがありますよ。

ここで紹介した早起きテクを駆使して
毎朝の辛さからおさらばしちゃいましょう!

スポンサーリンク

-人生
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.