フリーターが就職をすれば年収が増加する現実

投稿日:

フリーター就職

フリーターと聞いてどんなイメージをもちますか?

仕事をしていない人、仕事はしているけれども定職にはついていない人、いつも暇な人などいろいろなイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

フリーターの中にも自分から喜んでフリーターになっている人もいれば、正社員をクビになり仕方なくフリーターをしている人もいますね。

そんなフリーターは就職をすると「家が買える」「一人暮らしができる」などの多くのメリットがありますので、ここではフリーターが正社員として就職をする方法や就職をした先にある年収の差などについて書いていきましょう。

フリーターとは?

そもそもフリーターとは、どんな人なのでしょうか?

フリーターの定義について書いていきましょう。

フリーターとは日本での意味としては正社員ではない人。つまり正社員以外の雇用形態で採用をされている人のことを言いますね。

そのため、仕事をしていない人のことをフリーターというのではなく厳密には契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、など非正規雇用形態で生計を立てている人のことを総称してフリーターと呼び対象年齢も15歳以上34歳未満の人のことを指しています。

他にもフリーターとアルバイトをくっつけたフリーアルバイターなんて言われることもあります。

定義は不確定となっているのですが、2つの定義と呼ばれるものがあります。

    1.就業はしているが、勤務をしている先の呼称がアルバイトもしくはパートである。
    2.現在無職で家事も通学のしていない人物

このような2つの定義があるのですが、あくまでも雇用形態の話となっておりフリーター本人は「就業したい」という気持ちは強く持っているという意思をもっていることも定義の中に含まれていますね。

無職との違いは?

フリーター就職

フリーターは無職という言葉と間違われることもあるのですが、無職とは職業が定まっていない状態のことを示していますがフリーターの場合はアルバイトなど何らかの形で仕事をしている形となっています。

周期的に継続的に仕事をしている状態や、現在従事をしている仕事を続けることが可能で意思もある場合はフリーターという分類に入ることになりますね。

ニートとの違いは?

これもフリーターにすごく近い言葉となっているのですが微妙に異なっており、フリーターは何らかの形で仕事をしているのですが、ニートは無職と同じで全く仕事をしていない状態のことになっており若年無業者とも呼ばれていますね。

二ートと無職に関しては近い言葉の意味を持っていて、仕事はしていないというのが前提としてあります。

ですが、フリーターは何らかの仕事はしているという状態に大きな違いがありますので無職やニートの人はまずフリーターに、フリーターの人は正社員を目指していく方向が一般的な考えといえます。

フリーランスとも違うの?

フリーター就職

ちなみにフリーターと近い言葉でフリーランスという言葉もあります。

近いように感じますが、これは全く違う言葉となっておりフリーランスは会社は組織に所属をせずに、いろいろな仕事に応じて契約をする働き方となっています。

フリーランスに関してはまだ使われ始めた言葉となっていますので定義に関してはフリーターと間違われることもあるのですが、フリーターはアルバイトなりパートなりをするために会社の所属をするという形になります。

しかし、フリーターとフリーランスには近い部分もありますので書いていきましょう。

収入が安定をしない

フリーターは周期的にアルバイトにいって稼ぐことになるのですが、仕事によっては繁忙期はたくさん稼げるけれども、閑散期はお金にならないということが収入が毎月安定をしないというデメリットがあります。

これはフリーランスも同じで仕事の依頼が多い時には収入もたくさんある状態となっていますが、仕事がない、仕事が取れないときは収入もすくなくなるためどちらも「収入が安定をしない」という点があります。

生活が不規則

フリーターの中には生活費を稼ぐために必死に仕事をしている方もおり、昼夜問わず正社員以外の雇用形態で仕事を頑張っている方もいることでしょう。

稼ぐためには仕方のないことかもしれないのですが、時間に関係なく仕事をすることになりますり、フリーランスも自分が今している仕事の量や締め切りによっては夜中でも関係なく仕事をすることになりますので夜中でも自宅でこもって仕事をしなければならない時もあります。

このように収入が安定をしないという面と、働き方の時間が不規則という面では似ている部分もありますがフリーランスとフリーターでは大きく異なる点があります。

それは収入の額です。

フリーランスということは専門知識をもって仕事をしているため他の人ができないようなことを契約先を取引をすることになりますので、一回の仕事で手に入れるお金は正社員として働くよりも大きくなる場合は多いです。

また、フリーランスとして行う仕事次第では収入の額に上限がないため驚くほど稼いでいるフリーランスもいます。

技術や力量次第でいくらでもお金を稼げる魅力がフリーランスにはありますし、自分の努力次第で可能性は無限大となっています。

それに対してフリーターはほとんどが時間的な収入。

つまり、時給となっていますのでそれに大きな収入は見込めず正社員よりも給料が少ないのは当たり前でフリーランスのように大きな収入を得ることができる可能性はないに等しいです。

また、アルバイトとなると単発的な雇用になることも多いため、任される仕事は限定的ですし、収入の上限は限られてしまいます。

もちろんフリーターの人でも特殊が技術や人ができないようなニーズのある仕事をすれば抜け出せるのかもしれないですが、フリーターから抜け出せなければ将来は悲しい末路しかありません。

家を買いたい、車を買いたいと思っても信用がないためローンが組めませんし一人暮らしをするにも保証人を求められる可能性もあります。

フリーターという職業はそれだけ不安定な要素が多いので、何とかして正社員を目指すべきですね。

フリーターが増えている理由

フリーター就職

実はフリーターは年々増加傾向にあります。

その理由は、既卒、第二新卒、大学中退など最初から正社員で働くことが難しい人はお金を稼ぎたいと思っても定職のつけないことからフリーターという雇用形態にならざる負えないような状況に陥る場合が多くなります。

もちろんそのような人たちもフリーターから抜け出したいとは思っているのですが、なかなか正社員に慣れないんです。

これだけネットにも求人サイト、転職エージェント、就活イベントなどあるのにどうして正社員に慣れないのかというと、仕事と自分の能力とのミスマッチが起こっているということですね。

フリーターの人がやりたいと思っていることの敷居が高かったり、理想を持っていたとしても会社側からするとフリーターとしてアルバイトや契約社員などの経験しかない人を未経験で採用をするというのはリスクもあります。

そのため、フリーターという状況から抜け出したいと思っている人は多いのですが、いつまでも抜け出せないという状況に陥っている人もいるためフリーターは増加傾向になっています。

フリーターが正社員になる方法

フリーター就職

フリーターが正社員になるためには目的をしっかりともって、就職活動をするしか方法はありません。

正社員になるとフリーターのころとは違って驚くほど社会的信用も収入も安定をしますのでフリーターから抜け出したいならば正社員を目指していきましょう。

例えば年収はどれくらい変わるのかというと、15~35歳までのフリーターの平均年収は約110万円程度と言われていますが、正社員になると平均年収は350万円を超えていて収入面では全く異なってきます。

収入面だけではなく、社会的な安定も同時に手に入れることができますので、クレジットカードが発行できたり、一人暮らしの家が借りれるようになったりある程度勤続年数が長くなると家や車のローンも組めるようになります。

若いうちは夢を追いかけるためにアルバイトをしても良いと思いますが、男性でも女性も関係なく25歳くらいを区切りにしなければ正社員になれる可能性も一気にさがりますし将来もなかなか厳しい現実が訪れる可能性もあります。

そうならないためにもやはり定職に就くことは大事だといえますので、次に正社員として就職をするための方法について書いていきますね。

仕事を自分の好みで選ばない

もちろんやりたいことがあってどうしてもその仕事がしたいという強い意志を持っている方もいると思います。

しかし、世の中はそんなに甘いものではなくやりたいことで食べていけている人はほんの一握りになりますし、多くの正社員として働いている人たちはやりたくない仕事でも生活のため、家族のため、お金のためと思って働いています。

その現実をフリーターも理解をしておかなければなりませんし、やりたい仕事に最初からつけないのならばそこへ向かって経験や知識が積める仕事に就けるように正社員を目指して活用してみましょう。

やりたい気持ちと現実は違いますので気を付けておきたいポイントですね。

契約社員から正社員を目指す

いろいろな会社で人材不足となっていて、建築業界、介護などの福祉関係、IT関係など慢性的な人材不足で悩んでいるような業界もあるのですがそんな業界でもフリーターだった人を最初から正社員に採用をしてくれる可能性は低いです。

多くのケースとしては契約社員として採用をして半年後に正社員登用する、1年間は正社員と同条件での契約社員でそれ以降は正社員として雇用をするという方法です。

これは会社としても本当の働けるのか?という点をみていますし、働いるあなたも続けていけるのか?という点を見ることになりお互いにメリットがあります。

将来正社員になれる可能性があるのなら、最初は契約社員として頑張ってみるという方法も1つだと思います。

日本という環境で生きていく上では、正社員という定職になるメリットはたくさんありますので、フリーターとしてアルバイトで好きなことをするのも良いですが区切りをもって正社員を目指してみて下さいね。

-仕事
-,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.