人と関わらない仕事

更新日:

人と関わらずに仕事がしたい。

仕事上のトラブルや人間関係など、
人と関わることがなければ楽になれるのに、

などと思った事は誰もが一度や二度は
あるのでは無いでしょうか。

人と関わらない仕事

結論から言ってしまえば、
人と関わらずに生きていくことなどは、

自給自足で生きていくなどしなければ
日本という国では許されることでは無い

という現実があります。

何かしら人との関わりを持って生きていくのが、
人間に課せられた宿命であることは
皆さんご存知のことでは無いでしょうか。

仕事をする一番の理由は、
お金のやり取りだと思います。

お金のやり取りには、人との関わりが

「言うまでもなく、必ず必要」

になってくるのです。

それらのことを理解した上で、人と関わらない仕事
について、考えて見たいと思います。

なぜ人と関わりたくないのか?

ひととか関わらない仕事

出来る限り、人と関わらず仕事がしたい
と思う理由の一番にあるのは、
人間関係の負のストレスが挙げられるでしょう。

・いつも誰かの顔色を伺わなくてはいけない。
・批判され自分の考えがことごとく否定される。
・いつも誰かと比べることで、劣等感を感じる。

たとえば、こんな理由があげられますが、

これらは全部、自分以外の誰かを意識しているから
ということに落ち着くのではないかと思います。

自分以外の誰か、ではなく、
自分自身の考えを強く持つことが
大切なのは言うまでもありません。

自分の人生を他人と比べることが
愚かなことだというのは、指摘されれば
「その通りだ」と思うのでしょうが、

これは自分自身が成長する過程で、
そういった考えを植え付けられて来てしまった
というトラウマも存在する様です。

例えば、そのトラウマを植え付けたのは
「親」
だったりします。

私自身もよく覚えて居ますが、

「同級生の◯◯君はいつも
学校から帰ったら二時間も勉強しているらしい」

「◯◯さんところのお兄さんは、いい会社に就職出来た」

いつもこんな感じで、
親は意識はしていなかったのでしょうが、
誰かと比べることばかりを刷り込まれて育ちました。

それは、私にとっては
「人のことはどうでも良い」
という反発感を強く持って、

自由に生きる道を選べた訳ですが、

ある人にとっては、それはなかなか
拭い去ることの出来ないトラウマとなって、

あげくには
「人と関わらない仕事がしたい」
という風になるようです。

 

人と関わらない仕事のデメリット

人と関わらない仕事

色んな仕事があるものだと、
今回、沢山の仕事を並べて、
私自身も改めて思いましたが、

それでも人と関わらずに暮らすことは、
デメリットも多い物だと思ったのが本音です。

 

人として成長出来ない

多かれ少なかれ、
人は人と関わってこそ成長するものだ
ということを強調しておきます。

例えば、私自身の話になりますが、
私自身ライティングの仕事というのが
少なくありません。

この仕事は依頼されたタイトルの記事を
書いて納品するという仕事です。

やり取りは、LINEやChatWorkといったツールを使い、
電話をするでもなく、それだけで完結、
支払日になれば、ネット銀行に報酬が振り込まれます。

この仕事を受けた当初こそ、何度か実際に会いもしたし、

電話で確認もしたものの、
今は忘年会でもなければ顔を合わすこともありません。

確かに、人とは合わずに済むでしょうが、
誰かの仕事ぶりを参考にすることも出来ないし、

ともすると、自分が受け取っている報酬が適切なものか、
そんなことさえも判らなくなってしまいます。

はたしてそれは、
人としての成長することが出来るのかどうか?

大いに疑問に感じることが多いのです。

 

経済的な不安

経済的な不安というものも常につきまといます。
将来への不安と言っても良いのでは無いかと思います。

これらの仕事の多くは、自分自身が
黙々と作業を続ける「労働収入」でしょう。

決して、高額な報酬ばかりの作業ではありません。
こんなに時間を費やしたのに、たったこれだけの報酬?

実際にそう思うことは多く、
また、先に書いたライター業などは、

この次も、いつまでも、同じ仕事が
貰えるかどうかは判らないのです。

誰もが思う「収入の安定」からは
離れた生活が待っているとことは間違いないでしょう。

遮二無二仕事をこなす日々のなか、
自分の時間を切り売りして挙げ句、

身体でも壊してしまったりした日には、
明日からの収入が途絶えてしまうという現実。

全ては自分自身の責任となるのですから。

人付き合いがあれば、もしかすると困ったときには
助けて貰える可能性もあります。

常にアンテナを張り巡らせ、
人付き合いをしていればこそ、常に潤沢に
仕事がある状況を作れるのではないでしょうか。

 

人と関わらない仕事10選

仕事をする限り、たとえば、
雇用者との打ち合わせであったり、
必ず何かしらの人との関わりは発生するものです。

とはいうものの、これから紹介する仕事は、
見方によっては最低限の人との関わりで

済ますことが出来る仕事かも知れないと思います。
誰かのご機嫌を伺わなくても済むかもしれません。

客商売という言葉がありますが、
常に、対お客さんが居るわけはなく、

黙々と仕事をする、そんな仕事が実際にあるものです。

 

ネットビジネス

人と関わらない仕事

会社に行くこと無く、
在宅での仕事として真っ先に挙げられるのが、
ネットビジネスでは無いかと思います。

アフィリエイト、オークションにせどり、
ライティング、翻訳、ネットショップの運営、
膨大な数のネットビジネスが存在します。

中でも、アフィリエイトやせどりなどの転売は、
今もっとも注目されており、

実際に成功者と呼ばれる方々を
私自身も沢山知っているので、否定はしませんが、

現実にアフィリエイトで数万を
稼ぐことが出来るのは100人いてもほんの数名です。

理由は簡単なことなのですが、
知識も無い全くの初心者の方が稼げる様になるには、
それなりのスキルを覚えるまでの時間が必要です。

このことが抜け落ちてしまっているため、
稼げる様になるまでの時間を
我慢できないという悪循環があります。

このサイトの執筆者には、
アフィリエイトに取り組む者も何名かいるので、
いずれまた詳しく解説が聞けると思います。

 

工場作業

工場での作業は、ネットビジネスと違って
語弊はあるかもしれませんが、
工場に行きさえすれば確実にお金を貰うことができます。

とにかく、目の前の作業に集中する必要があるので、
黙々と人と関わらずに出来る仕事の
代表ではないでしょうか。

ただ、それでも、昼食などの休憩時間には
最低限の人付き合いがあります。

時間をはじめ、工場内での決まりやルールなども
絶対にあることは忘れてはいけません。

 

新聞配達

一昔前のアルバイトの定番のような
イメージがある新聞配達ですが、

新聞配達員としてのアルバイトは、
現在も存在します。

実は私自身も少し変わった新聞配達を
長い間やった経験があります。

刷り上がった新聞を各販売所に
持ち運ぶという仕事です。

挨拶以外、人と関わることはなく、
面白みも何もない仕事でしたが、
人と関わることはありませんでした。

工場や販売店の人たちは、
一年以上顔をみていた人でも、
名前さえ知らないという方が多かったです。

余談ですが、新聞配達から
正社員に登用されたと人も多いです。

私も誘われたことがありますが、

社員になれば、営業など一転して
対コミュニケーションが求められる
仕事になるのが新聞配達でもあります。

 

清掃員 警備員

清掃員や警備員、
指示された場所を一人で清掃したり、
警備したりするのが仕事。

基本的に仕事を出す会社の指示や
同僚以外と関わることはありません。

夜間や早朝など、この仕事もまた
一般的な会社の営業時間外での仕事であることも多く、
黙々と仕事をすることになります。

 

トラック運転手

人と関わらない仕事

荷物の積み込みや納品先での立ち振舞など、
一定の人との関わりは求められますが、

いざ走り出してしまえば、
運転中は自分ひとりだけの世界。

トラックなどの運転手も
人と関わることの少ない職業だと思います。

一般的な会社が営業する昼間だけでなく、
早朝や深夜にも及ぶ不規則な仕事ですが、
私自身もトラックの運転手は長く続けた仕事の一つです。

 

FX・株

人と関わらない仕事

FXや株といった相場で稼ぐことが出来るのであれば、
それは本当に人と関わることのない仕事になると思います。

今の時代、インターネットで取引を行うため、
証券会社とのやり取りさえ必要無いでしょう。

とはいえ、これが仕事になるかといえば疑問です。

パチンコや競馬といったギャンブル性の
高いものであることも間違いなく、

勝つこともあれば負けることも多く、
仕事と呼ぶにはあまりにも
不安定であるというのが個人的な意見です。

 

不動産収入

当然、不動産を購入する資金が必要ですが、
不動産収入があるという状況をもつことが出来れば、

この仕事もまた人と関わることのない、
職業に挙げられるでしょう。

実際にアフィリエイトをする知人は、
0から始めたアフィリエイトで稼いだお金を
不動産に変え、

この5年間の間で毎月数十万の
不動産収入を得ることが
出来るようになった者もいます。

コツコツと小さな物件を買い続けて今では、
立派な不動産オーナーです。

夢のある仕事だと思います。

 

治験

人と関わらない仕事

治験という仕事があります。簡単にいうと、
新しい薬が開発される際に、

厚生労働省の指導の一環で実施されている実験に
参加することで報酬が得られるという仕事です。

怪しい感もありますが、治験まで持っていくまでには、
さまざまな試験を得てようやく治験に移る
とは言われているので、

現在ではそれほど気にすることもなく
参加出来るといいます。

とは言え、いつでも潤沢に
治験の仕事がある訳ではなく、
治験だけで食べていくことは厳しいかと思います。

 

ポスティング

ビラやチラシと言った配布物を、
各家のポストへ投函するのがポスティングです。

ポスティングもまた人と関わることは
少ない仕事でしょう。

配布物を受取り、後は指定通りに
ポスティングしていくのが仕事です。

デメリットとしては、高額収入を得るには
仕事の単価が安いことが挙げられるとおもいます。

 

農業

人と関わらない仕事

農業に憧れる人は多い様です。

自然と向き合って農作物を作り、
それを販売するという仕事は、

人と関わらない仕事として、
自分の裁量だけでやっていくことが出来る
仕事かもしれません。

農業の難しさは農業のことを調べ、
知れば知るほど有ります。

実は、私自身が農業に対する憧れが多いのです。

例えば、農業が出来る場所は何処にあるか?
ということ。

大抵は郊外の宅地から離れた
場所だということはほぼ確実です。

いわゆる、田舎という言葉だろうと思います。

農業をするにあたって、
田舎へ移り住むことが出来るかどうか?

日本の田舎は閉鎖的な部分も多く、
畑を使えるようになっても、水の問題をはじめ、

人と関わらず農業をすることは難しいことも多い仕事です。

 

人と関わらない仕事と自分

如何でしょうか?

貴方にとっての人と関わらない
仕事が見つかったでしょうか?

今一度、人と関わらないということがどういうことか、

しっかりと自分と向き合い、
考えに考えて、
自分にあった仕事が見つかればと思います。

-人間関係, 仕事
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.