やる気を出す方法 勉強や片付けがはかどる10の方法

更新日:

なんかやる気がでない!
そんなときは誰にでもあります。

やる気を出す方法

勉強や家事、片付け、スポーツや部活など
何かをしようと思っても面倒に思うこともありますし、
ただやる気が出ないときもあります。

でも最終的にはやらなければなりませんので
少しでも早く終わらせてしまうことが重要です。

私もいつもやる気がでないままだらだらと過ごして
最後に後悔をすることになりますので、

ここでは私を同じような後悔をしないために少しでも
やる気を出すための気分転換の方法について書いていきます。


[adrotate banner="4"]

やる気を出す10の方法

やる気ってなに?

と思いますが、
自分を奮い立たせるために大事な感情
とでもいえるでしょうか。

やる気が出ると何事にも気持ちが入りますので、

作業もはかどりますし、
通常よりも大きな効果が期待できます。

例えば、
スポーツ系の部活に所属をしている場合に、

やる気がある人と、やる気がないひと
どちらが上達をするのが早いでしょうか?

もちろんやる気のある人に決まっていますよね。

やる気が出ないと効率も悪いことなり
最終的には損をすることもありますので、

すぐにやる気を出せる気分転換の方法を
紹介していきますので実践してみてください。

 

1.髪の毛をかきあげて引っ張ってみる。

髪の毛を引っ張ると言っても抜くのではなく、
指をつかって髪の毛をかき上げる
というイメージになります。

少し髪の毛をきゅっと引っ張ってみると、

頭皮に刺激がいきますので目も覚めますし
頭がすっきりとします。

頭皮には、たくさんのツボがありますから、

髪の毛を掻きあげて引っ張るだけでも
やる気は出てくることもありますね。

髪の短い男性の場合は、
髪の毛をかき上げるという方法になるでしょうが、
頭にタオルを巻き付けるなどの方法もおすすめです。

女性なら髪の毛をゴムなどでくくるという方法も良いです。

例えばすべての髪をかき上げて
ゴムでくくりポニーテールにしてみることにより、

頭皮が刺激をされますので
気分転換にも良い効果が得られます。

他にも自分で頭皮を指で押すという方法も
リフレッシュできますのでやる気が出るかもしれません。

 

2.ストレッチをしてみる。

やる気が出ない

私もやる気が出ないときや、
眠たいけれど仕事を頑張る必要があるときには
ストレッチをすることが多いです。

私は普段座って仕事をすることが多いので、
眠気も出て、やる気もなくなってくる時間帯があります。

そんなときに足の筋を伸ばしたり、体を横に倒したり、
背筋を伸ばしたりすることにより、

頭をすっきりさせてリフレッシュをしています。

全身を一度ゆっくりとストレッチすることで
頭の中もすっきりとしますし、
リフレッシュができますのでおすすめです。

デスクワークの場合は体の血液が滞ることにより、

血流が悪くなり、
やる気の低下や眠気などが訪れることになります。

そんな時には一度立ち上がって景色を見てみるといいです。

腕を回したり、全身のストレッチをすることにより
リフレッシュ効果も期待ができます。

体を伸ばすだけでも効果が期待できますので
やる気が出ないときにはうまく利用をしていきましょう。

 

3.掃除をしたり、片づけをしてみる。

机が散らかったり、周りが汚れていません?

そんなときにはやる気を出していくためにも
一度掃除をしてみましょう。

仕事や勉強などをしても
やる気が出ないというときもあります。

それならば一度切り替えのために時間をきめて
掃除にして整理をすることで、
頭の中を整理することができますし、

掃除をしてデスクがキレイになるだけでも
やる気がでてきます。

体を動かすことが目的なので、他にも
トイレ掃除やお風呂掃除などの掃除をすることで

気分転換となり
仕事や勉強に対してもやる気が出てくるでしょう。

 

4.顔を洗う。

やる気を出すというよりも、
すっきりと目を覚ますという方法になります。

一番スタンダードな方法となりますが、
効果は最も高いかもしれないですね。

冬ならば水が最初から冷えて冷たいので
顔を洗うことにより毛穴がきゅっと締まりますので
リフレッシュできますし、

夏には顔を洗う水に氷を入れるという方法もアリです。

顔を洗うということでつながりですが、

お風呂に入るということで
やる気がなくなった気分を切り替えることができます。

私は本当にやる気を出したいというときには
シャワーを水で浴びたりもしますね。

頭から一気に冷たい水を浴びると、

一気に目も覚めますのでリフレッシュ効果も
期待できますしやる気もでてきます。

他にも、顔を洗うと同時に歯ブラシをすることにより
ダブルでやる気をだす効果が期待できます。

歯ブラシで歯を磨くことにより
口の中がリフレッシュできるだけでなく、
歯茎も刺激されて目が覚めますしやる気もでてきます。

気持ちを切り替えるためには最適な方法ですね。

5.体を動かす。

やる気を出す方法

ストレッチやランニング、ウォーキングなど
なんでも構いません。

とにかく体を動かして気持ちを切り替えましょう。

もちろん、体を動かしてやる気を出す方法は
勉強や仕事のデスクワークで行き詰っている方に
おすすめの方法といえます。

体を動かす方法としては決して無理はしないで
やる気が出ないときにやる気を引き出すための方法です。

そのため、気分をリフレッシュさせるためにやると
思って取り組んでください。

おすすめは3つあります。

1.ストレッチ

やる気が出ないときや気分が乗らないときには
意図的に取り入れるようにすると良いです。

肩回りや首回りなどをゆっくりと回したり、
ひねったり、関節の音を鳴らしてみたりと

筋をゆっくりと伸ばすような感じですると、

気持ちも良いですし
気分を切り替えることにもつながります。

特に足のストレッチは筋肉や筋が伸びて気持ちが良いので
ぜひ試してみてください。

2.散歩

ウォーキングのように本格的に歩くという感じではなく、

景色を眺めたり
ちょっとカフェに入ってコーヒーを飲んだりと

何をしてもかまわないので頭の中に
新鮮な空気を取り入れてみてはいかがでしょうか?

ストレッチと散歩は短時間でもできる方法なので
「やる気がでないなぁ」
と感じたら意図的に取り入れてみると良いでしょう。

3.ランニング

ランニングは
誰でもできる最も簡単なスポーツといえます。

短距離で構わないのでゆっくりと走って
頭の中を切り替えることで効果を発揮してくれます。

先ほどのストレッチや散歩と比べると
少し時間は必要ですが、

特別な道具も必要ないですし誰でもできます。

汗をかくことで気分も切り替えることができますので
やる気を戻すこともできますね。

 

6.やることを紙に書いてリスト化してみる。

やることが多すぎてやる気がでない。
何から手を付けたらよいのかわからない。

など、気分が乗らないときは誰でもあります。

それならばすべてやることを
紙に書き出して優先順位を付けてみましょう。

実はやることはわかっていても、

紙に書き出すことで見えていないやるべきことや
やらなくても良いこともありますので、

紙とペンを用意して書き出して整理をしてください。

これはスマホのメモ機能やアプリを使うのではなく、

箇条書きでも良いので、
紙とペンを使って書き出すことが大事です。

「書く」という行動が
やる気を引き出してくれるスイッチになりますね。

頭の中でぐしゃぐしゃになっていることを
整理整頓するというイメージです。

 

7.音楽を聴く。

やる気を出す方法

音楽はやる気を引き出してくれる便利な方法です。

音楽はなんでもよく
好きな音楽を聞くようにしてみましょう。

もし周りに迷惑になるならイヤホンを付ければ大丈夫です。

耳から音楽を聴くことにより脳へも刺激がいきますし
気分転換になります。

また、聞く音楽によってモチベーションや
やる気をより引き出せるかもしれないので、

おすすめの方法といえます。

私はなんとか乗り切りたい時や
早く仕事をしていきたいときにはテンポの早い曲を聴きますし、

ゆっくりと丁寧に仕事をしたいときには
クラシックやゆっくりとしたテンポの曲を聞くようにしています。

人間は不思議なもので聞く音楽によって
作業効率も異なってきます。

音楽を聴くだけなので無料でできますので、
主婦なら家事をしながらラジオなどを聞いても良いでしょうね。

 

8.とりあえず何か1つ手を付けてみる。

何もやる気がでない。

何もしたくないという気持ちはわかりますが
後で自分の首をしめることになりますので、

とりあえずなんでもよいので1つ着手してみてください。

そんなときは簡単なもので5分で終わるものでも良いので
ゆっくりと丁寧にしてみましょう。

1つ終わることにより
タスクを完了させることができますので
そのまま気分が乗ってくるでしょう。

やる気が出ない、
面倒くさいというときになんでもよいので
1つまずは手を付けて終わらせるようにしていきましょう。

やることを決めたら言葉に出していうことで
アウトプットになり意識をして作業に取り組めますので
一度「○○やるぞ!」と言葉にしてみましょう

 

9.マッサージをする、もしくはしてもらう。

やる気を出す方法

先ほど紹介をしたストレッチと似ていますが、
体をほぐして気分を切り替える方法です。

自分でマッサージができる範囲は限られてしまいますが、
肩や首、腕、足、頭などどこでもよいので、

指でぐっと押してみたり、指先を使ってもみほぐすことで
気分を切り替えることにもつながります。

あまりきつくしないで
丁寧に気持ちの良いくらいにしておきましょう。

また、自分でしても気分転換にならないという場合には
マッサージのお店へ行く方法も良いです。

最近は肩や頭のマッサージなら1000円くらいでしてくれますので
お店へ言って全身をもみほぐしてもらうという方法もありですよ。

 

10.スマートフォンを誰かに預ける。

やる気が出ない時は、
すぐにスマホを触ったり見たりしてしまい

いつまでたってもやる気が出ないというときもあります。

それならばあなたの部屋からなくすか
親や恋人にその時間帯だけ預けてしまうことで、

やることをしなければ
スマホを触ることも見ることもできませんので
やることへ集中できる状態を作り上げることが重要です。

子供が勉強をするときに
適当にやっている場合や明らかにやる気がなさそうな場合には
取り上げるという方法も良いですね。

 

やる気を出す方法のまとめ

やる気が出ないときに引き出す10の方法を紹介しました。

やる気を出す方法を書いていて感じたことが
「気分転換」
をすることがとても大事ということです。

そのためやる気が出ないときには
やる気を引き出すことができるようにいろいろと
試してみてください。

どんな方法でも良いのでやる気を出すための
気分転換の方法を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

-ストレス, 仕事
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.