ニートを脱出するきっかけの10選 企業に就職が一番

投稿日:

ニートと聞くと、どんなイメージを持ちますか?

働きもしないでずっと家に引きこもっている人、学校を卒業して就職をできなかった人などいろいろなイメージを持つ方もいると思いますね。

そんなニートですが、日本でも多くの人は親の年金や給料などを食いつぶして生活をしていることが社会問題にもなっていますので、ここではニートから抜け出すための方法について書いて行きたいと思います。



スポンサーリンク


ニートとは?

ニートから脱出をするための方法について書いていきたいと思いますが、その前にニートとは一体どんな存在なのでしょうか?
そこから書いていきましょう。

ニートとは、主に若い世代が仕事もせず、家事もせず、通学もしていないものを指しており、日本でニートと呼ばれる年齢は15~34歳までと言われています。

ちなみにニートの語源はイギリス語で「就学、就労、職業訓練」のいずれも行っていない人物のことを「neet」と呼ばれていることから日本でのそのまま二ートと呼ばれるようになっています。

他にも日本語では「若年無業者」と呼ばれたりもしていますね。

日本での定義としては、専業主婦や除いた人物となっており、求職活動すらしていない人物のことを指しています。

女性に多い自宅にいる「家事手伝い」もニートと同じ扱いになるといえますね。

フリーターとの違い

ニートによく似た言葉でフリーターという言葉もありますが、実は大きな違いがあることがわかっています。

ニートは先ほども紹介をしましたが、就職、就労、職業訓練、通学などを一切していない人物となっているのに対して、フリーターは仕事はしていない場合でも求職活動をしている、アルバイトやパートとして働いているという人のことをさしています。

また、ニートの中には引きこもりとなっている人も多くおり、全国に約69.6万人が該当すると言われており、ニートで引きこもりというのは社会問題になっています。

簡単にまとめると、何らかの就労や求職活動をしている人物は「フリーター」と呼びますが、一切何もしていない若い世代のことを「ニート」と呼んでいますね。

ちなみに35歳以上は中年という扱いになることから「中年ニート」と呼ばれているので年齢が変わっても結局はニートという扱いになるということなんですね。

脱出をする方法

ニート脱出

ニートで引きこもりならば、まずは病院へいって治療を受けることが何よりも大事だと思いますので、勇気を出して病院へ行く、もしくはせめて家の中でゆっくりと過ごすということから始めてみてください。

では、本題にはいりますがニートから脱出をする方法としていろいろとありますが、そのためにはニートである本人がまずは働こうというい気持ちを持たなければ何も始まらないと思いますのでニートから脱出をするためのきっかけ作りとなる方法について紹介をしていきましょう。

資格を取る

ニートから脱出をする方法として、良いのは「資格を取る」という方法になります。

資格はなんでもいいですが、できればそのまま就職へと直結するような資格が良いでしょう。

正直、ニートをしている人物を採用側も取るとなった場合にはそれなりの覚悟も必要となりますし、対応もしなければならないですので採用へ至るケースが可能性としてかなり低い状態になるでしょう。

二ートから脱出をする方法として一番早い方法は「就職を決めること」ですので、就職をして仕事をするために有利になる資格を取得してみてはいかがでしょうか。

もちろん勉強はしなければなりませんが、ニートなので一日中時間もあると思いますのである程度の期限を決めて資格取得のために勉強を頑張ってほしいと思いますね。

ただし、就職をするために必要な資格をきちんと選びましょう。

二ートが英検や漢字検定などの資格を取得してもどこにも就職は決まらないとおもいますので無駄な努力に終わる可能性が高いです。

そうならないためにも例えば、宅建を取得してから不動産会社の就職試験を受けるなど仕事をしていく上で有利になるような資格を取得することを目標に頑張ってくださいね。

起業する

ニート脱出

ニートから就職をして仕事をしていくということは苦労をすることにもなります。

それならば、いっそのこと自分で会社を起こしたり、個人事業主として仕事をするという方法もあります。

もちろん、簡単ではないことはわかっているのですが、人には向き不向きがありそれは仕事でも一緒です。

ニートになっているということは何らかの原因があってニートになっているということだと思います。

例えば、人間関係が苦手、人と一緒にいることが苦手など人間関係が苦手でのニートになってしまった。

アルバイトをしようと思ったけれども、組織というものに慣れることができず結局すぐに退職をしてしまったなどそれぞれの事情はあると思います。

 


スポンサーリンク


 

そんな人こそ、自分で起業をして何らかのビジネスをしてみましょう。

今まで何の仕事もしていなかったため苦労をすることもありますが、だらだらと過ごすニートから脱出をする絶好のチャンスになる可能性がありますので就職よりも自分で目標をたてて仕事をするという方法はおすすめです。

親が病気になる

ニートは仕事もしていないため、収入もないです。

そのため、生活をしていく基本は親にお金を出してもらって小遣いをもらったり、ご飯を食べさせてもらったりすることになり、末路としては一人で生きていけないということになってしまいます。

しかし、親もいつまでも元気なわけではなく急に体調を崩したり、加齢により体調を崩したりするようなことになってしまいます。

もし親が倒れたり、病気になると自分一人では生きていけないという現実が押し寄せてきますので、それをきっかけに「自分がしっかりとしなければ」と思って仕事や勉強をして脱出できる二ートも多いです。

正直な感想として親が倒れるまで動けないのかと思うのですが、脱出をするきっかけになる可能性は高い事例といえます。

彼女ができて結婚を意識する

ニート脱出

ニートにもいろいろな理由があり、自ら望んだわけではないけれどニートになってしまった人もいれば、いじめや精神的に不安定になりニートになってしまった人もいます。

脱出をしたいと思っている方もいると思いますがなかなかできない人もいますね。そんな時に彼女や彼氏など異性の相手と出会ったり、付き合うことになったらどうでしょう。

たぶん、ニートをいうあなたの実態を見ると非常に残念がられる可能性も高いため、なんとか仕事をしよう、勉強して進学をしようという気持ちになるでしょう。

相手のことがより大好きで、結婚も意識するような相手だと余計にそんな風に思うことになるとおもいますのでニートをしていても異性と出会う場があるのなら交際をしてそこから脱出をするきっかけを作るということは大事ですね。

いろいろな人とコミュニケーションをとる

ニートの中には引きこもりになっていたり、一日中自宅へこもっていたり人と会う機会が少ないケースが多いと思います。

そんな時に大事なこととしては、頑張って一度いろいろな人と会えるセミナーや飲み会などに顔を出してコミュニケーションを取ってみましょう。

もし一人で行くことに躊躇をするなら、友達と一緒でもよいです。

同年代のニートの人もいれば、年下でもたくさんのお金を稼いでいる人、毎日残業をして体もボロボロになっている人などたくさんいると思います。

そんな世代の人と話をしたり、経験談を聞いていると「自分は何をしているのだろう」「働こう」などのきっかけになる可能性も非常に高いといえます。

ニートは基本的に家族など身近な人としか出会わないことが多いとおもいますので、そんな時には外に出ていろいろな人と出会って刺激を受けると良いきっかけになる可能性も高いですね。

アルバイトへいってお金を稼ぐ

ニート脱出

ニートのままではいつまで経っても世の中へ出ていくこともできないですし、いろいろな人から認めてもらうことも難しいと思います。

そんな時にはまず自分から働きに行こうといる意欲を持つことが大事といえますね。

ニートからいきなり正社員へなるのはなかなか敷居も高いため、それならばまずはアルバイトやパートなどで働くという経験をしていくことが大事だと思います。

アルバイトならばコンビニの店員や工場、派遣など人手不足な働き先ならばニートでも働きやすい環境になりますので実際に働いてお金をもらうという経験をすることがニートを脱出するチャンスになります。

正社員へ応募をしてみる

ニートというままでいると正直居心地も良いですし、仕事もしていないことから自由な生活が送れるようになりますのでラクなのですが、そのままでは人間としてダメになっていってしまいますので仕事をするようにしましょう。

脱出をするためにはまず自分がやってみたい仕事に履歴書を書いて応募をしてみるという方法で就職を目指してみましょう。

社会人経験がなくそのままニートになっている場合には採用をしてもらうことは難しいかもしれないですが、もしかすると最初はアルバイトや契約社員など働ける可能性があるからです。

面接へ進まない場合もありますが、今の自分の立ち位置をいうものも理解ができますのでそれに見合った就職先も探すことが可能となりますので、まず正社員へ応募から始めてみましょう。

職業訓練を受ける

アルバイトや正社員へ応募をするということはメリットとしてあるのですが、中には自信がなかったり、正直応募をしても就職は難しいとあきらめてしまうこともあるかもしれません。

それならば、まずは職業訓練を受けてみましょう。

仕事に結びつく塾のようなものがハローワークで一年中開講されており、入学費も学費もほぼ無料でいろいろな訓練をすることができそのまま就職をすることができる可能性も高いですので、技術を身に着けたいならばまずはこの方法で実践をしてみましょう。

以上がニートから脱出をするためきっかけとなる方法です。

ニートになりたくてニートになったわけではない人もいると思いますがニートのままではいずれ自分がしんどい思いをすることになります。

期間が経過するほど社会へ出ることが難しくなりますので、自分で勇気を出して何らかのアクションを起こすことが重要ですので、ここの情報を参考にしていただきニートから脱出をしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.