アウトプットの意味と方法を理解して勉強や仕事に活かそう

投稿日:

アウトプットについてしっていますか?

私もよく言われる言葉なのですが
インプットやアウトカムなど似た言葉も
たくさんありますので詳細について
書いてい期待と思います。

アウトプット

アウトプットを英語で書くと「out put」。
つまり、生産品や出力という意味になります。

しかし、ほかにも使い方があり
アウトプットという言葉は
ビジネスの世界でよく使われます

学んだことを実際に言葉にしたり、
実践したりすることで自分の身に
なるという意味にもなりますね。。

そんなアウトプットを上手に
使えるようになると、
自分自身にとても効果がありますので
うまく利用をしていきましょう。



スポンサーリンク


アウトプットとは?

アウトプット

アウトプットとは、
外に出すことを言います。

とても重要な言葉として
使われることも多いのですが、
直訳をすると「出力」という
意味になってしまいますね。

アウトプットは日本では
ビジネスの世界でよく使われる
言葉となっていて、

「結果につなげること」
「学んだことを次に活かしていくこと」

という意味で取られます。

つまり、何らかのもモノや案を「産出」する、
「生み出す」という意味
で使われることが
多い言葉ですね。

私もサラリーマンとしていると、
仕事の指示が来ることがあります。

それを目で読んでいるだけでは、
アウトプットではないのです。

メールで仕事の指示が来たならば、
それを口に出して文章を読むことにより
アウトプットをして理解をしている
という意味になり

指示の間違いやメールの読み飛ばしが
ないようにするための方法です。

アウトプットについて書きましたが、
逆の言葉でインプットというものがありますので
次はインプットとアウトプットの関係性に
ついて書いていきたいと思います。

アウトプットとインプットの関係

アウトプット

アウトプットは「出力」という
意味になりますが、

インプットは「入力」という
意味になります。

つまり、インプットは自分の中へ
入れるという意味にとれますね。

あくまでもパソコンの用語として
使われていた言葉を
ビジネス界で使うようになった言葉になり
今は世の中に定着をしてきました。

パソコン用語の場合はデータを
インプットし、
作ったデータを紙にアウトプットして

という意味で使われることがありますが、
ビジネスの世界では少し違った
意味になります。

アウトプットをするためには
インプットがなければできません

そのため、仕事の現場でも
「アウトプットしてるか?」と
言われることもありますが、

そもそもインプットとしていない場合には
アウトプットをしようがないのです。

実はインプットをしっかりとすることが
はとても大事なのです。

インプットは、ビジネスでは
「学んだこと」
「仕事を通して得た知識」

という意味で使われる言葉です。

学習をしたり、
仕事をしているうちに勉強を
したことはすべてインプットとなります。

新入社員などは特にインプットが大事です。

何もわからない状態で
仕事の現場に入ることになりますので、
すべて1から先輩などに教えて
いただくことになります。

つまり、インプットをしていく
という形になります。

インプットしたことを
実際に行ってみることが
アウトプットなので、

インプットとアウトプットは
とても近い存在の言葉です。

新入社員を例にして書いていきましょう。

新社員がコピー機の使い方を学んでいます。
これはインプットの状態ですね。

次に先輩にからの指示で
資料を10部コピーしてくるように頼まれます。

そこで実際にコピー機の前に行き
10部のコピーをして
先輩に渡し1つの仕事ができるように
なりました。

これがインプットをして、
アウトプットをした結果になります。

このコピーの場合に例えてみると、
コピー機の使い方を学ぶというのは
インプットで、

コピーを実際に使って資料を作った
というのはアウトプットです。

しかし、インプットがなければ
どうなっていたでしょう。

簡単な仕事かもしれないですが、
コピー機の使い方がわからなければ
無駄な時間がかかりますし、

コピー機の使い方を間違えて10部の
印刷でよかったのに

間違って30部印刷していると
非常にもったいないですし
無駄なコストです。

コピー機のような簡単な
仕事ならばよいのですが、

営業先に挨拶へ行くときに
挨拶の方法や名刺の交換、
座っているときの態度などを
先輩が時間をかけて
インプットをさせておけば

後輩は学んだことを
アウトプットすることにより、
相手の会社の方へも良い印象が残ります。

しかし、営業先での態度や
名刺交換など一切インプットを
しないで行くとミスも起こります。

つまり、インプットなしに
アウトプットはないといことで、
この2つは切っても切り離せない
重要な関係です。

そのため、まずはしっかりと
学んでインプットをたくさんしてから
アウトプットで実践していきましょう。

 


スポンサーリンク


 

アウトプットとアウトカムの違い

アウトプット

アウトプットとインプットの違いに
ついてはお分かりいただけたかとおもいますが、

次によく似た言葉として
アウトプットとアウトカムについて
書いていきます。

アウトプットは何度も書いている通り
学んだことなどを実践していくことですが、
アウトカムは違った言い方になります。

アウトカムはアウトプットをして
獲得をした成果のことになりますので、
アウトプットをしただけではないです。

そのため、インプットをして学び、
アウトプットをして実践し、
それで結果を残すことを
アウトカムと言います。

例えば、会社に営業職として入ってきた
社員は何もわからないため、

まずは会社で先輩と一緒に行動をして
挨拶の仕方から名刺交換など
小さなことから営業の方法まで
細かく教えてもらいます。

いわゆる下積みに期間となりますが、
ここで学んでいくことはすべて
インプットの期間といえます。

そして、いよいよ先輩から離れて
一人で仕事をするようになり
いろいろなことを実践していくことが
アウトプットになります。

最終的に先輩から学んだ
営業の方法を実践して、
契約を取ってきたらアウトカム
となります。

アウトプットの場合は
教えてもらったり、
学んだりすることで得られることも
多いのですが、

アウトカムとなると
アウトプットするだけでは
成果を得ることはできません。

そのため、アウトプットをしてから
工夫をしたり、
やり方を考えたり、
対応の方針を練ってみたりと

施策を自分で考えなければ
結果として出てくることは
難しいです。

苦労をする分アウトカムとして
成功をしたときにはうれしさも、
達成感も非常に大きなものとなりますので
仕事をしていくうえで最も大事なことは
アウトカムといえるでしょう。

アウトプットは勉強に効果あり

勉強をしていくうえで
アウトプットはとても重要な要素

なってきます。

たとえば、数学の公式や解き方に
ついて学んでいるとしましょう。

公式や解き方を理解した所までは
インプットなのですが、

このまま終わってしまうと
脳にこの解き方の知識は定着をせず、
後で同じような問題が出てきたときに
ほとんどの人は解けないと思います。

しかし、公式を学んですぐに
例題や同じような問題と解くことで
アウトプットをして経験を
することになります。

1度アウトプットをしていますので、
脳の片隅に知識がのこっている状態となるため
今度出てきたときに解ける可能性を
高めることができます。

勉強も同じでインプットをしただけでは
何の意味もありません

アウトプットをすることにより、
点数という結果のアウトカムを
手に入れることができるので

勉強で学んだことを
アウトプットすることは
とても重要です。

英語に関しても単語を覚えたり、
文法を知っているだけでは
話すことはできません。

覚えた単語や文法を積極的に使っていくことで
自分の身になり話せるようになるのです。

勉強はついついインプットをしがちなのですが、
声に出して読んでみたり、

練習問題で学んだあとは
応用問題に取り組んでみるなど

実際に学んだことを使ってみると
良いアウトプットになり
あなたの身になります。

そのためインプットをしてからすぐに
アウトプットをするということを
意識して取り組んでいきましょう。

アウトプットの練習方法

アウトプット

ここまでアウトプットについて
書いてきましたが、
アウトプットをしていくということの
重要性は理解をしていただけたと思います。

しかし、アウトプットが苦手、
いまいちやり方がわからないという方も
いらっしゃいますので、
アウトプットの練習方法について
書いていきましょう。

・備忘録のブログを書く

アウトプットの基本は外に
出すということです。

そのため、インプットをしたことを
何らかの形で外に出していくことが
必要になります。

その方法としておすすめなのは
ブログを書くことです。

ブログは無料のものがたくさんあります。
スマホでさらっとかけるような簡易なブログで
なんでも構いません。

あなたはブロガーでも、
コメントがほしいわけでもないので
自分が覚えたことをアウトプットするための
備忘録ブログを開設してみましょう。

メモでもよいのでは?と思うかもしれないですが、
メモの場合は自分しか見ないため
間違って覚えていても、
そのままになってしまいます。

しかし、ブログなど世の中の人の目に
触れるものに書くことで、
インプットしたことをより慎重に丁寧に
アウトプットすることになるため
効果も高くなります。

万が一間違ってブログを書いていると
コメント欄に正しいことを書いてくれる人も
現れるかもしれません。

ブログの良いところは
「誰かに見られるかもしれない」
という意識を持つことです。

メモで書いたことも間違いがないかを
確認する癖がつきますので
アウトプットとしては効果も高いです。

・覚えたらすぐにテストをする

これもアウトプットの練習法としては
最適になっています。

覚えたらすぐにテストなどをして
すぐに確認
をしていきましょう。

例えば、勉強などのテキストがある場合には
一通り要点だけをインプットしていき、
その次にテストをします。

そこで間違えたことをもう
一度インプットして
テストでアウトプットしていくことにより、
記憶したことをうまく使えるようになります。

もちろんテキストを
一度覚えたらならばそれで良いですし、
間違えても覚え直せばよいのです。

アウトプットが苦手な人は、
うまく外へ発信が出来なかったり、
書いたりすることが少ない場合は多いです。

そのため、個人的なブログや
すぐにテストをして確認するなど、
覚えたこと(インプット)をすぐに
外へ出していくように心がけてくださいね。

スポンサーリンク

-仕事
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.