転職の面接で自己紹介で好印象を残す方法

投稿日:

転職や就職をする際にまず言われることが
「自己紹介をしてください」です。

あなたのことは
会社側も履歴書しか見ていないため、

実際にどんな人物なのか?
また、印象はどうなのか?

を把握するための大事な質問といえます。

転職面接

面接では序盤にある質問となりますので
ある程度印象を付けておかなければなりませんし、

好印象を持ってもらえると
そのまま面接での印象も良くなります。

ここでは転職の際に行う自己紹介で
相手に印象を残すための方法を
紹介していきましょう。

自己紹介のポイント

自己紹介は初対面で行うことになります。

採用担当者のいろいろな質問を
用意しているのですが、
まずあなたの人物像を把握するために
質問を用意していますね。

ここで採用担当は、
・応募者の第一印象
・話し方
・コミュニケーション能力
・ビジネスマナー

などをみています。

つまり、この短時間であなたへの印象が
ある程度決まるといっても
過言ではありません。

そのため、転職で面接に行く場合には
きちんとした回答を用意していきたいものです。

特に会社としてはコミュニケーションが
しっかりととれているか、

敬語などの最低限のビジネスマナーを
身につけているかをみています。

正直それができていなければ転職をするにしても
論外となります
ので注意をしましょう。

自己紹介の時間は1分が理想といわれていて、
それ以上は長く感じられますし、
あまりにも短いとあなたという人物を
面接官へ印象付けることはできないです。

そのため、転職の面接へ行く場合には
原稿用紙に書いてしっかりと
練習をしていきましょう。

ただし、面接を受ける会社によっては
自己紹介の時間を「2分で」「3分で」など
指定をされる場合もあります。

練習をする場合には短めのものと
長めのもの2種類を用意しておきましょう。

また、転職で大事なことは今までの経験が
「自社で活躍できるものになるか?」
が採用担当がポイントとするところです。

転職をするということは
今勤めている会社を退職して
新しい職場へ来るということですので、
社会人経験があります。

そのため、新卒採用のように採用をして
指導をして仕事を教えていくという形ではなく、
即戦力として求められますね。

自己紹介の際には過去の経歴や実績、
経験をしてきたことも交えるとより
良い自己紹介になります。

転職の面接での自己紹介のポイント

転職面接

ここまでは簡単に転職での自己紹介に
ついて書いてきましたので、

ここでは具体的にどんなことを
話していけばよいのかポイントを
紹介していきます。

・自分の紹介

自己紹介と聞くと趣味や遊び、
特技や出身などを話すことが普通ですが、

採用試験での面接で自己紹介をする場合に
そのような自己紹介をしてはいけません。

転職などの面接は
名前と年齢など簡潔なことでよくて
今までの実績を主に話をすることにより、
印象も残りやすくなります。

・職務経験を簡潔に話す。

先ほども少しご紹介しましたが、
今までの職務経験は
絶対に含んでおきたいポイントといえます。

採用担当はあなた名前などよりも
今まで積んできた経験や実績を重要視しています。

採用担当の初対面のあなたが
どんな経験を積んで
自社への転職を希望しているのかを
自己紹介で必ず伝えましょう。

どんなサービスを提供して、
どんな経験を何年してきたのかを
簡潔に答えるようにし下さい。

・スキルと実績を紹介する

転職面接

転職の場合は即戦力として
自社に来てくれる

採用担当は非常にうれしいです。

その理由は、新卒の場合は育て上げるまでに
3年はかかるとどの業界でも言われています。

そのため、そこまでは利益を出すというよりは
投資をして人を育てるということになりますね。

しかし、転職者の場合は即戦力として
採用をする目的とは別に
育てるコストを抑えるという目的もあります。

自社が求めている仕事により近い経歴を
持っている人と求める傾向にありますね。

そのため、今までの職場で身に着けた
スキルの紹介は非常に重要なポイントです。

「チームマネージャーとして
10人の部下のマネジメントをしてきた」

「年間目標に対して130%の成績を残してきました」

「○○の資格を取得してきたので、○○の仕事ができます」

「○○店の店長をして、20名のシフト管理をしてきた」

こんな風にあなたが今までに残してきた実績、
資格などを取得することによりできる仕事の内容を
伝えるとスマートに自分のことを
アピールすることにもつながります。

ここでポイントとしては具体的な数字を
出すとより伝わりやすいということです。

「顧客を集めて売り上げを伸ばしました」

ではダメな自己紹介となります。

「顧客を1日100人の顧客を集めることを
目標に広告宣伝を行た結果、1日平均150人を達成し、
目標の売り上げよりも150%も高い成績を残しました」

どちらが印象に残りますか?

間違いなく後者の答えになると思いますので、
成績やスキルを伝える場合には数字を入れて
具体的に紹介をするようにしてください。

・アピールポイントをさりげなく入れておく

転職面接

職務経歴、スキルなどを話せば
ある程度あなたという人物を理解してもらえますが、

大手の会社や人気のある会社への転職となると
同じような経歴もしくはもっとすごい経歴を
持っている人がいるかもしれません。

そこで、あなたにしかない強みや
アピール
も入れていきましょう。

例えば

・過去にスポーツをしていて、
根性があるのでどんなことからも逃げずに
向かっていく根気強さがある。

・計画的に仕事を進めていくことができるため、
最悪の事態を想定して手堅く考えることができる。

・仕事のスピードは誰にも負けない。

こんな風にあなたの職務経歴にプラスで
伝えられる強みも一緒にいれておきましょう。

アピールをさりげなく入れていると、
採用担当者からその強みに対して
質問が来るかもしれません。

その際に事例などを交えて伝えると良いです。

・話をするときはゆっくりと丁寧に

自己紹介は面接の最初に聞かれる可能性が高いです。

ここで第一印象がきまってしまいますので、
話し方には注意をしましょう。

人は第一印象と見た目と話し方で
ほぼ判別をすると言われています。

そのため、清潔感のある服装と
ゆっくりと丁寧に話すようにすることで
採用担当からも高評価を得られます。

面接で緊張をしてしまい、
ついつい早口で話をしてしまう方もいますが

早口だと印象も残りませんし
伝えたかったことも伝わっていない可能性もあります。

また、声が小さいと自信がないように取られます。

そのため、緊張をして早口になりやすい方は
「いつもよりもゆっくりと」と言い聞かせて
話をしていきましょう。

声が大きいと自信をもって
話をしているように聞こえますし、

ゆっくりと話をすると
堂々としているように見えます。

自己紹介かはわかりませんが、
転職の面接で最初に聞かれる質問に対しては

「大きな声でゆっくりと」
話をするようにしたいものですね。

では具体的に転職での自己紹介の例を
紹介していきましょう。

転職面接で自己紹介の例文を紹介

転職面接

自己紹介については先ほどのように
ポイントを重視して
紹介をしていくことが重要です。

ここでは事例を紹介していきますので
参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は貴重なお時間をいただき、
誠にありがとうございます。

私はA(名前)と申します。
B大学(大学名)を卒業してC株式会社に新卒入社し、
今年で8年目になります。
営業部門に所属をしており、
主に個人向けの住宅販売をおこなっています。

入社後3年目で目標値に対して
130%の売り上げを達成しました。
その後6年目で目標値に対して140%の
売り上げ結果を残しました。
そのおかげで社内表彰を受賞させていただきました。

6年目以降は営業だけではなく、
8名のチームリーダーを任されることになり
マネジメントを行ってきました。

今まではお客様の言葉に耳を傾けていれば良かったのですが、
部下への指導や話に耳を傾けることも意識をしました。

部下とも密接のコミュニケーションとることを
常に意識した結果チームとしても
営業成績を約20%上げることに成功をしました。

多くの方々とかかわりを持ってきた結果、
人と接する仕事で大事なことは
傾聴の姿勢だと感じます。

お客様との会話の中からニーズを聞き出し、
それに対しての提案営業には自信がありますし、
部下のやる気を引き出すことを得意としています。

その営業経験とマネジメント経験を
御社でも活かし売り上げアップに貢献できるよう、
努力をしたいと思いますので
何卒よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしょうか?
過去の経歴とスキル、実績も
含まれていますし強みも伝えています。

この人の場合は住宅関係の
営業職という設定になりますが、

営業職とマネジメントの
能力があり数値的にみても
営業能力が高いことがわかります。

このような形で自己紹介をすると、
とても印象が良くなるとおもいます。

採用担当はあなたの話し方や内容を聞いて、
実際に御社へ入社とした場合にことを
イメージして採用を決めます。

そのため、転職の面接を受ける会社の情報を
しっかりと調べてマッチをするポイントを
入れ込みましょう。

営業職や事務職などは
特にコミュニケーション能力を
必要とされることが多いため、

自己紹介できちんと話をすることが大事です。

転職の面接が決まったらしっかりと準備をして
臨みましょう。

転職面接の自己紹介のまとめ

転職をするとなった場合に自己紹介はとても大事です。

ここで失敗をするとそのまま面接は
失敗に終わる可能性も
ありますので気を付けましょう。

自己紹介は初対面の人に話をすることを
想定しなければなりませんので
印象をつけられるように意識をして
原稿に書いて覚えていってくださいね。

もう一度転職面接の自己紹介をおさらいすると、

・過去の経歴を話す。
・具体的な数字を入れ込む。
・スキルと実績をいれる。
・ゆっくりと丁寧に話をする。

以上の4つがポイントといえます。

転職の面接は新卒の採用試験とは
違って即戦力としての力を求められますし、

それをしっかりとアピールできなければ
採用への道は遠くなります。

短時間でしっかりとアピールできるように
面接の対策を行ってください。

-転職
-, ,

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.