転職の失敗しない人と失敗する人の違い

投稿日:

転職失敗

転職をしたいと思っている方も
多いことでしょう。

日本も過去には終身雇用と言われ
最初に勤めた会社を定年まで勤めあげると
いうような考えが一般的となっていましたが、

最近ではその終身雇用制度も崩壊し、
会社に勤務をしても早い人ならば
1年や3年程度で転職をしている人も多いです。

また、どこの業界も慢性的な
人材不足に悩まされていて、
買い手市場ということからも

安易に転職しやすくなっている
という現状があります。

しかし、そんな買い手市場の世の中でも、
今よりも良い条件の会社に
転職を成功させている人もいれば、

転職に失敗してしまっている人も
いることは事実なので、

転職に失敗をしないためにも
どちらも体験談や事例についても
紹介をしていきたいと思います。



スポンサーリンク


転職の心構え

転職失敗

まずは転職をする場合の
心構えに対して書いていきましょう。

そもそも転職をしたいと考えている人は、
明確な転職理由を説明できますか?

そこで、すぐに明確な理由があり
転職をすることにより
輝く未来がのぞめるならば、
良いと思いますが、

そうでない場合には注意を
しなければなりません。

転職をする際に知っておきたいことは
「逃げの転職」と「攻めの転職」がある
言われています。

攻めの転職

攻めの転職とは、
今の職場はあまり関係なく

今後自分のキャリアを
積み上げていくための転職をする

ということです。

例えばは100万円規模の仕事をしているが、
この会社で扱う商品は
数十万円~100万円程度の商品しか扱えないし、
これ以上のキャリアを積むことは難しい
という状況の場合に

もっと大きな商品やお金を扱うことのできる
そんな希望をかなえられる会社に
転職をしたいという場合には

もっと規模の大きな会社へ
転職をするしか方法がありません。

この場合の転職は
「自分が今よりも成長をするため」に
行う転職活動となっていて、
攻めの転職をして典型的な例となります。

他にも大企業へ就職をしている方
の攻めの転職があります。

大きな企業の場合はある仕事の
1部分しか自分は関わらない場合が多く、
その仕事の全体像をつかむことが
できません。

また、大企業の人はパズルの1ピースのように
限られた仕事しかしていないため、
能力的には中小企業の人よりも
劣るともいわれることもあります。

そんな仕事がイヤになり、
大企業の人は

「もっと自分でなんでもしたい」
「いろいろな経験を積んで起業をするんだ」

というように、

例え肩書や大企業という安定性があっても
仕事が物足りないという理由で
ベンチャーや中小企業へ
あえて転職をする人もいます。

今よりも成長し、
今よりもさらに高いキャリアを積みたい。

という場合にはこんな風に
攻めの転職をする方も多いですね。

逃げの転職

逃げの転職とは、
今の職場環境に不満があったり
イヤなことがあったりすることで

なんとなく仕事を辞めたい
仕事を変わりたい
という
今の仕事から逃げたい転職となります。

先ほど紹介をしたように
攻めの転職ならば次の転職でも

採用担当者に熱い思いを
伝えられると思いますし、
良い転職先にも巡りあえるでしょう。

「今の職場がイヤだ」
「ここの仕事はしんどい」

など逃げの転職となると
次の職場へ行っても結局は同じ理由で
仕事を辞めることになるでしょう。

仕事やイヤなものですし、
苦手なこともきっと出てくることに
なります。

しかし、それが仕事ですし
完璧になんでも楽しく
仕事をしている人などいませんので

このような逃げの転職は
失敗をする可能性が高く
なります。

今の現状から逃げる転職ではなく、
明確なビジョンをもって
転職へ望みましょう。

転職で失敗しない人

転職失敗

転職で失敗をしない人は
攻めの転職の人が多く、
転職に関して明確な理由を持っている人が
多いですので参考にしましょう。

退職は転職先が決まってから

まず、今よりも良い条件や
好待遇な転職に成功をしている人の多くは

今の仕事を続けながら
仕事を探して転職活動を
している人が多い
です。

転職をする際にこの考えはとても大事で、
実際に転職をするとなった場合に
もし退職をしていると気持ちの面でも
焦ってしまいます。

また、採用をされる先からも
足元を見られた条件を出されることにも
なりますので
注意をしなければなりませんね。

今の仕事をしていることで
「もし不採用になっても今の職場がある」
という心の安心感もあって
より転職活動に力を入れることもできますし

転職先の条件面でも
「今の職場は・・・」というように
話をすることができますので
メリットも高くなります。

転職をする場合でも
ぜひ今の職場には在籍したまま
決めるようにしましょう。

退職をする理由が明確

退職をする理由が明確であること
とても重要な要素となってきます。

先ほど紹介しました
「逃げの転職」の場合は

今よりももっと良い職場がある、
なんか今の仕事は嫌だなど

明確な理由がないのに
転職活動をしてしまう方もいますが
失敗をしない人の転職は明確な
理由があります。

 


スポンサーリンク


 

「今の職場ではできない仕事がしたい」
「よりキャリアアップがしたい」
「起業のために絶対に就いておきたい仕事がある」

というように明確な理由を持っている人は
面接でしっかりと話せることから

成功する可能性も高くなりますので、
転職をしたい理由を明確にして
先を見越した転職活動にしましょう。

明確な条件を持っている

転職失敗

転職に失敗をしない人は
もちろん今の仕事を続けながら転職活動を
していくこととなります。

そのため、失敗をしたとしても
今の職場があるという保険があることから

転職をする際の条件はかなり強気
出している可能性もありますね。

例えば今の職場よりも
年収100万円アップで休日も10日増える。

しかも希望の職種に付けてもらえることなど
転職をして採用をしてもらう立場ならば
出せないような条件でも

明確な狙いがあるため
妥協をすることはありません。

そのため、今の職場という保険を持ちながら
転職をする理由と条件を明確にもっているため
失敗をしない転職に成功をすることができます。

最低限のルールと条件も決めている

先ほどの条件とは同じような考えになるのですが、
もちろん強気で転職活動をしていても
うまくいかないことも多いため

最低限の条件と期限を決めて
転職活動をしていますね。

転職に失敗をしない人は
ダラダラと転職活動をしていても
実際にはうまくいかないことも
知っています。

そのため、転職をする際に
譲れないポイントなど
最低限のルールを決めておき、
そのルールの範囲から条件を決めて
転職活動をしていくことになります。

期間を決めて転職活動をすることにより、
失敗をしない転職活動になります。

複数の企業へ同時に応募をする

条件と最低限のルールや
決まりなどは守っていますし
明確な希望条件を持っている方も多いですが

その条件をクリアしている会社へ
応募をしていると思ったら

最低限のルールを
クリアしている会社へも応募をしていて、
どちらでも対応が可能になるように
応募をしています。

転職をするために動いているということは、
今の職場には不満を持っていて
今よりもより良い条件もしくは

今とは違った環境を求めて
転職活動をしていることになりますので
複数社の会社へ応募をしています。

複数へ応募をすることにより、
自分自身の選択肢も広がることに
なりますので、

「転職をする際の条件」と
「最低限のルール」と決めたならば
そのどちらかをクリアしている
会社へ積極的に応募をしてみましょうね。

内定を決める前に条件について確認を行う

ここは転職に失敗をしないために
とても重要なポイントといえる部分になります。

面接での話や、
いろいろな話をしている最中の条件と

いざ就職をする際の条件が違う
いうことはよくある話になります。

そのため、転職に失敗をしない人ほど
今の会社へ退職をいう前に、
転職をする先へ条件の確認を
綿密に行うようにしています。

ブラック企業に多いのですが、
いざ就職をしようと思ったときに
聞いていた条件を全く違うと
いうことがあります。

ブラック企業の手口になりますが、
相手もすでに前の職場を
退職していることになりますし、

ここの職場に就職をせざる負えない状態に
なりますので仕方なく
就職をすることになるでしょう。

足元を見られているため
最低条件での雇用もあり得ますので、

そのようなリスクを避けるためにも
先の条件をクリアしてから退職手続き、
転職の雇用契約などを
行うようにしています。

・業務内容が全く違った
・給与や休日の条件が全く異なる
・残業が少ないと聞いていたが、日常茶飯事

そんな風に失敗をする転職に
ならないためにも転職前の条件確認は重要です。

転職で失敗する人

転職失敗

転職に失敗をしないためには
賢い動きをする必要があります。

間違った動きをすると、
転職活動に失敗をしてしまい結果的には
退職をした会社の方が良かったということに
なりかねませんので注意をしましょう。

今の職場を辞めてから転職活動をする

一番ダメな方法は今の会社を
退職してから転職活動をする
ことです。

中には「仕事をやめてゆっくりとしたい」
なんて甘いことを言っている人もいますが、
これは失敗をする転職の典型的な例となります。

そんな悠長なことを言っているようでは
転職がうまくいかないですね

すでに今の会社を退職しているということは、
転職する際に採用をされなければ
無職ということなので
足元を見られることになります。

そのため、希望をする条件を
クリアすることはできないですし、
最低限のルールを決めていても
それすらクリアできない可能性もあります。

失敗しない転職をするためには、
職場を辞める前に次を決めるように
してくださいね。

1社にしか応募をしない

転職は1社ずつしていると
比較もできないですし、

不採用になるたびに
新しく探すことになりますので結果として
転職がうまくいかない可能性もあります。

そのため、転職をするならば
条件をクリアしている会社に
片っ端から応募をしていきましょう。

辞める理由が不明確

なんとなく今の会社と辞めたい。
最近イヤなことが多い。
転職をしてラクな仕事に就きたい。

こんな風な甘い考えを持っている人も
いると思いますが、
それは大きな間違いになりますね。

こんな理由は逃げの転職になりますので
うまくいかない可能性が高くなります。

入社前に条件の確認をしない

入社前に給与や休みなどの条件を
きちんと確認しなかったため、

転職をしてみると給与はとても安い、
休みがないなど
いろいろな問題になるケースも
考えられますので、

入社前に条件をきちんと
確認することは必須となります。

スポンサーリンク

-転職
-

Copyright© ライフちゃーじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.